甘き人生/スイート・ドリームス(仮題)

「甘き人生/スイート・ドリームス(仮題)」
(2016/Fai bei sogni)


iff201702.jpg

【2017年 イタリア映画祭 上映作品】

イタリア映画祭2本目。
2016年カンヌ国際映画祭「監督週間」オープニング作品。
原作はイタリア人ジャーナリスト、マッシモ・グラメッリーニによる自伝小説。
監督:マルコ・ベロッキオ Marco Bellocchio
7月にユーロスペース他で公開。

* 「スイート・ドリームス」(仮題)はこの映画祭のタイトル。
 「甘き人生」は日本公開のタイトルであります。

続きを読む

はじまりの街

「はじまりの街」
(2016/La vita possibile)


lavita01.jpg

【2017年 イタリア映画祭 上映作品】

GWといえばイタリア映画祭の季節。
昨年は諸事情で行けませんでした。
今年は2本見ました。
上映終了後監督のQ&Aあり。
『幸せのバランス』 『われらの子供たち』 に続いて、再び家族をテーマとしたイヴァーノ・デ・マッテオの最新作。
10月岩波ホールにて公開予定。

続きを読む

南部のささやかな商売

「南部のささやかな商売」
(2013/ITALY/Una piccola impresa meridionale)


piccola02.jpg


【2014年 イタリア映画祭 上映作品】

昨年のイタリア映画祭、2本観た内これが残りのひとつ。
監獄&主演 ロッコ・パパレオ。


続きを読む

ローマに消えた男/自由に乾杯

「ローマに消えた男/自由に乾杯」
(2013/ITALY/VIVA LA LIBERIA)


viva04.jpg


【2014年 イタリア映画祭 上映作品】

昨年のイタリア映画祭は2本見たのですが、何かと忙しく記事をUPしそびれてしまったの。
この作品、11月14日からロードショウ公開されてる。
なので、ようやくUP!!
監督は、ロベルト・アンド。
尚、映画祭でのタイトルは「自由に乾杯」、日本公開のタイトルは「ローマに消えた男」。


続きを読む

人間の値打ち

【人間の値打ち】
(2014/Il capitale umano)

capitale01.jpg


【2015年 イタリア映画祭 上映作品】

【カプチーノはお熱いうちに】 は、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞11部門ノミネートとあった。が、受賞は逃がしているようで。ということはこの年どの作品が取ったのか?
それがこれだった!
最優秀作品賞をはじめ、7部門を制し、米アカデミー賞外国語映画賞のイタリア代表にも選ばれた。


続きを読む

PageTopNext>>

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード