エンジェルズ イン アメリカ

「エンジェルズ イン アメリカ」
(2003/ANGELS IN AMERICA)


エンジェルス・イン・アメリカエンジェルス・イン・アメリカ
(2007/05/11)
アル・パチーノ

商品詳細を見る


(「Oricon」データベースより)
エイズに翻弄される同性愛者たちと、その周辺の人物たちの苦悩や葛藤を描いたヒューマンドラマ。エミー賞11部門、ゴールデングローブ賞5部門を受賞した作品。


うお~、やっと観終わったぜ~!
観終わるまでに、3年かかった!

2003年全米で放送され話題に!
なんだかすごいドラマらしい。
しばらくして、WOWOWで放送する、というので、張り切って録画したものの、第2話の途中で挫折、放置プレイのまま時が流れ・・・。
今年になって再びWOWOWで一挙放送され、再チャレンジしてみました。
(なんせ、6話だから、6時間近くあるのよね・・・と弁解してみる)

続きを読む

ボーイ・カルチャー

「ボーイ・カルチャー」
(2006/BOY CULTURE)


BOYC (2)


イケメンの売り専ボーイ、X(エックス)。16歳からこの仕事をしてきた彼にとって、愛やセックスは単に職業としての意味しか持ち得なかった。
そんなXに、新たな顧客の老紳士が現れる。
しかし彼は、ただXに心の内面を語らせるだけ。
この老紳士との出会いが、Xの心境に少しずつ変化を与え始め…。



【第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2007)上映作品】


この画像を見ると、なんだかエロエロで過激な話を想像しませんか?
観てみると、ぜっんぜん違う作品でした。



続きを読む

お願い!チェリーボーイズ


「お願い!チェリーボーイズ」
(2006/Another Gay Movie)

anotheRgay.jpg


初体験に備えせっせと練習に励むアンディはピチピチのセブンティーン。
そんな彼が高校の卒業式にゲイ友と「大学入学までに、必ず童貞を捨てよう!」、という固い結束を。
目標に向かって彼らもアソコも大暴走!でも、なかなかうまくは行かず…。



【第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2007)上映作品】

上映前のトークショー、スペシャルゲストに 辛酸なめ子さんが!
私、けっこ楽しみにしておりました、辛酸なめ子さん。
ナマなめ子は、小柄でかわいらしかったっす。
トークのテーマが、映画にちなんで、「童○」(ちょっと伏字にしてみた)、なめ子節 炸裂! 場内大ウケ!


続きを読む

TATTOO  -刺青-

 TATTOO -刺青-
(2007/台湾/Spider Lilies / 刺青)


05_1.jpg

タトゥーサロンを営む竹子の元に客として訪れたジェードは、飾られた彼岸花の絵に魅せられ、同じ絵柄のタトゥーを入れて欲しいと頼む。
実は、竹子はジェードの初恋の人だった。
偶然の再会。
だが、竹子の態度はどこか頑なだった

【第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2007)上映作品】

開場の時間になっても入場出来ず・・・。
しばらくして、機材トラブルで日本語字幕が出ないとアナウンス。


やむを得ず、希望者にはチケットのキャンセル及び次回の上映振替を受け付ける由。 (英語字幕は無問題)
予定から30分ズレ込んで開場。

しかし、日本語字幕が出るかどうかはやってみないとわからないとのこと。
果たして――

続きを読む

ハッテン・サマー

 「ハッテン・サマー」
(2007/A Four Letter Word)


09_9.jpg


ニューヨークでのゲイライフを満喫するルークは、男を求めてハッテンに明け暮れる毎日。
そんな彼がある日出会ったのは、イケメンセレブのスティーブ。
でも、彼には秘密があるみたい…。果たして二人は、恋人同士になれるのか?


【第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2007)上映作品】



上映前に、キャスパー・アンドレアス監督が挨拶。
上映後、Q&Aに答えてくれました。

<ワイルド・サマー> の続編で、街から出て行ったマーカス(監督自身が演じた)以外、前作のメンバーがそっくり出てます。
今回の主人公はルーク。
そのハッテンぶりたるや、すさまじいっす!
次から次と喰いまくり!

続きを読む

ラッキーブルー ボーイズ短編集

ラッキーブルー ボーイズ短編集

1) 『ボクラの場所』 Where We Began/2006/USA/14 min.
2) 『別れの言葉 Parting Words /2006/CANADA/8 min.
3) 『ナイト・トゥゲザー』Night Together/2006/CANADA/8 min.
4) トラウマ』 Scarred/2006/UK/10 min.
5) 『ラッキーブルー』LUCKY BLUE/2007/SWEEDEN/28 min.


【第16回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2007)上映作品】


下北のクイアフィルムフェスティバルでも申し上げましたが、短編集は松花堂弁当のような楽しさがあります。


lucky.jpg
〔ラッキーブルー〕



続きを読む

東京ボイス

「東京ボイス」ヒキタクニオ

東京ボイス東京ボイス
(2006/04/11)
ヒキタ クニオ

商品詳細を見る

今夜は、元美形ソロシンガーの吉本からボイス・トレーニングを受けた生徒たちの「発表会」…。
東京で喘いでいた彼らの歌声が流れ始める。
ますますヴォルテージを高める「ヒキタワールド」。
最新作は―欲望に憑かれて喘ぎ、喉が掠れてしまった東京に巣食う人間たちの「歌声」を集めた連作短編集。
大藪春彦賞・受賞第1作! (「BOOK」データベースより)

リキテンシュタインっぽいカバーイラストがとってもステキ☆
主人公は、元美青年のボイストレーナー、しかも  ゲイ!! と聞き、いそいそと読み始めたら・・・
ガーーーン!!!!

続きを読む

ワイルド・サマー

「ワイルド・サマー」
(2004/USA/SLUTTY SUMMER)


slutty009_20111020092452.jpg


ニューヨークに住むライター志望のマーカスは、同棲中の恋人の浮気が発覚して一転シングルになってしまう。傷心の彼だったが、バイト先のレストランに集うゲイ仲間たちに 「そんな時は気楽なセックスが一番!」 と勧められ、今まで縁の無かったワンナイト・ラヴを試してみることに……。
ボディ・コンシャスな NYゲイたちによる、セックスや恋愛に関するビッチなトーク満載で贈る、真夏にぴったりのゲイ版 『SEX AND THE CITY』!


【第14回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2005)上映作品】

いよいよ今年の 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 も、来週に迫って来ました。
今年の上映作品のひとつ、<ハッテン・サマー>。 この作品には、前作があります。
それが、これ、<ワイルド・サマー>。
今年初めて <ハッテン・サマー> を観る方にも、予習になればといいなと、取り上げてみた。


続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード