四大天王

「四大天王」
(2006/HKG/THE HEAVENLY KINGS)


king99.jpg




呉彦祖プロデュースの男性バンド「Alive」がデビュー後に仲間割れをしながらも成功を掴み取るまでの日々。
単なるアイドルものに終わらず、香港音楽業界の恥部も描いている。
ユニークなタイトルバックのアニメーションは必見!
(中国映画祭2007 公式サイトより)


呉彦祖(ダニエル・ウー) 2007香港電影金像賞 新人監督賞受賞作品

ゲー!!
こりゃ、ブッ飛んだ作品!
とにかく 爆笑 の連続!

中国映画祭にダニエルが舞台挨拶に来ると知り、あわててチケット買いに走りました。

中国映画祭2007 @草月ホール

続きを読む

ゾンビーノ

「ゾンビーノ」
(2006/CANADA/FIDO)



ゾンビーノ デラックス版 [DVD]ゾンビーノ デラックス版 [DVD]
(2008/04/23)
クサン・レイビリー・コノリー

商品詳細を見る




ゾンビVS人間の戦いは終わり、ゾムコン社が発明した画期的な首輪のおかげで今や一家に一体ゾンビを飼うことが当たり前になった小さな町ウィラード。
そこで暮らすティミーは学校でも家でも一人ぼっち。そんな彼の唯一の友だちが、ゾンビのファイドだった。
だが、ある日、首輪の故障で正気を失ったファイドが近所のおばあさんを食べてしまい…。

基本的には心温まるストーリーではあるが、端々にはアメリカ社会に対する強烈な皮肉も込められている。一筋縄ではいかない、新たなゾンビ映画の名作が誕生した。



なんだかやたらとセンスのいい映画だったな。
しかし、限りなく ブラック! とにかく シュール!
おもしろかった。

13:40 @六本木シネマート

続きを読む

ロングタイム・コンパニオン

「ロングタイム・コンパニオン」
(1990/LONGTIME COMPANION)


LONG12.jpg



莫大な遺産を相続したディヴィッド、TVドラマの脚本家・ショーン、スポーツ・インストラクターのウィリーらは、友人のジョンとビーチハウスを借り切って夏を過ごすゲイ仲間だった。
1981年7月、彼らは同性愛者たちが原因不明のガンによって死亡した新聞記事を読みショックを受ける。
その翌年、ジョンがエイズを発病し、翌1983年に死亡する。
そして、次々と仲間が発病してはこの世を去って行き、遺された仲間はエイズを撲滅する活動を始めるのだった。
9人のゲイたちの9年間を描く。


いい映画だなあ。泣けますた。

これ、前に観たんですけど、最近、寛子ちゃんちで UPされて、
ああ、又、観たいなあ、と、リピート鑑賞。

続きを読む

「死霊の盆踊り」に見る、B級SF映画のセオリーについての考察

前回に引き続いて、「死霊の盆踊り」ネタ まだ引っ張ってます。

先日「死霊の盆踊り」を観ていて、いろんな場面でデジャヴ感のようなものを感じた・・・
と思ったら、「ロッキー・ホラー・ショウ」のシーンによく似ているんだわ。


orgy02.jpg



続きを読む

死霊の盆踊り

「死霊の盆踊り」
(1965/Orgy of the Dead)



死霊の盆踊り デラックス版死霊の盆踊り デラックス版
(2005/07/22)
ウィリアム・ベイツ

商品詳細を見る



ホラー小説家・ボブは婚約者のシャーリーと共に、小説のアイデアを求めて雨の墓地に向かうが、交通事故に遭ってしまう。そんな彼らの前に暗黒の女王が現れ、死者たちが次々と踊り始める。
エド・ウッドが脚本を手掛けたくだらなさ全開のホラーコメディ。


先日、某所で、コミック 「はつこいの死霊」 と聞くと、つい 「死霊の盆踊り」 を思い出しちゃうのよね、と、自分で口に出して以来、どーも 気になって、気になって、観てみた。

続きを読む

恋のめまい 愛の傷

「恋のめまい 愛の傷」
(2001/烈愛傷痕)


恋のめまい愛の傷~烈愛傷痕~[2枚組 DVD-BOX]恋のめまい愛の傷~烈愛傷痕~[2枚組 DVD-BOX]
(2005/04/08)
ジェリー・イェン

商品詳細を見る

兄貴のお嫁さんは、昔の彼女?
かつての狂おしい愛の日々を、僕は忘れることが出来ません。


F4のジェリー・イェン主演で贈る切ない恋のトライアングル…

阿川亮は赴任先の日本で入籍した妻を連れて台湾に戻る。空港に出迎えた弟の琳が義姉と紹介されたのは、3年前に18歳だった自分の元を去った年上の恋人、倉橋更紗だった。更紗が去ってから、本気で人を愛せないでいる琳は戸惑うばかりで…。
一条ゆかりの原作コミックをアジアのスーパースター共演で映像化した台湾ドラマ。


banimiさんのおススメで見てみました。
たまらんです。
ジェリー・イエン ファンは必見ですね。
いやあ、久しぶりにメロドラマをがっつり見た。
これ、TVシリーズだったのね。
そんで、なんと、原作は 一条ゆかりのコミックでした。

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード