デート・ウィズ・ドリュー

「デート・ウィズ・ドリュー」
(2004/MY DATE WITH DREW)




My Date With Drew [DVD] [Import]My Date With Drew [DVD] [Import]
(2006/01/03)
Brian HerzlingerDrew Barrymore

商品詳細を見る



お金も仕事も恋人もないブライアンは、ゲーム番組で賞金1100ドルを獲得。
最後のゲームの答えが“ドリュー・バリモア”だったことから勝手に運命を感じた彼は、憧れのドリュー・バリモアとデートし、その様子をドキュメントフィルムに収めようと決意する。
資金1100ドル、期間30日の中で、彼は夢を実現できるのだろうか……。
(シネマトゥデイ)


職なし、貯金なし、彼女なし、メタボ体型のブライアンが、ドリュー・バリモアとのデートの実現に悪戦苦闘する話。


続きを読む

欲望の法則

「欲望の法則」
(1987/Spain/La Ley del deseo/Law of Desire )


lawof07.jpg


恋人との関係に行き詰まりを感じ始めた映画監督・パブロ。
ある日偶然出会った美青年・アントニオと一夜限りの関係を持ったことから、彼の人生は奇妙な方向へと転がり出していく。
スペイン映画界の鬼才、ペドロ・アルモドバル監督が描く愛憎劇。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


<my 未見の 『ゲイ映画』 秘密リスト> の上位に挙がっていたこの作品。(なんだそれ?!)
が、この年代のアルモドバル作品って、なかなかレンタルで ないのよねえ。
今回 TSUTAYA 六本木店で借りました。 VHSっす。
(このテが充実してるのは、場所柄(?)新宿店ですが)

なんだか ゴイス な作品だった・・・。

続きを読む

どこに行くの?

「どこに行くの?」(2007)


どこに行くの? [DVD]どこに行くの? [DVD]
(2008/06/20)
柏原収史 あんず、朱源実 他

商品詳細を見る


恥ずかしながら、松井良彦監督を知らなかった。

彼に関する情報を見ると、なんだかすごい。(→ 後述)
これは見ておかないといかんだろ。

@渋谷ユーロスペース レイトショー

続きを読む

ラスト、コーション 色・戒

「ラスト、コーション 色・戒」 張愛玲 (アイリーン・チャン)


ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1) (集英社文庫 チ 5-1)ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1) (集英社文庫 チ 5-1)
(2007/12/14)
アイリーン・チャン

商品詳細を見る



1942年、日本占領下の上海。
抗日運動に身を投じる美しき女スパイ・王佳芝は日本軍傀儡政権のスパイのボス・易に近づき、暗殺の機会をうかがっていた。
危険な逢瀬を重ねるうちに二人は、死と隣り合わせの日常から逃れるように、暴力的なまでに激しく互いを求め合う。時代の大きなうねりの中で、スリリングな愛と二人の運命は……。
2007年ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞映画原作。


文庫 44ページの短編小説。
短い。
これをあの長尺映画の脚本にするって、すごい  妄想力  いえ  創造力 ね。
→ 脚色 : ワン・フィリン ジェイムズ・シェイマス (この人は、<BBマウンテン>のプロデューサーだったのね)


以下、映画との比較をまじえた感想です。

尚、「色・戒」 は、「いろ・いましめ」 と読ませるのです。 

続きを読む

映画 「ラスト、コーション」

「ラスト、コーション」
(2007/アメリカ・中国/色、戒/LUST, CAUTION)



lust02.jpg




1942年、日本占領下の上海。
抗日運動に身を投じる美しき女スパイ、ワン(タン・ウェイ)は、敵対する特務機関のリーダー、イー(トニー・レオン)暗殺の命を受ける。
やがてその魅力でイーを誘惑することに成功したワンは、彼と危険な逢瀬を重ねることに。
死と隣り合わせの日常から逃れるように、暴力的なまでに激しく互いを求め合う二人。
しかし、運命の時は刻々と迫っていた――。
『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が贈る、スリリングな禁断のラブストーリー。
第64回ヴェネチア国際映画祭にて金獅子賞受賞。


公開前、<週刊新潮> にこんな記事が載っていた。
中国ではこの映画を見て、アクロバティックな体位を真似したカップルが、次々と接骨院に来ているという。
又、中国向けは当局により大幅にカットされた為、 「ラスト、コーション」 を見に大陸から香港に人々が押し寄せている云々。

劇場公開版は、プレス試写よりさらにボカシが増えている、という話も聞いており、一体どんなもんなのか、否応なく期待は高まるのだった。

16:30 @Bunkamura ル・シネマ

(男の人が多かったです。 しかも年齢層高し)

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード