フリーヘルド

「フリーヘルド」
(2007/USA/FREEHELD)



freeheld02.jpg

本年度アカデミー賞受賞! 魂ゆさぶる感動作、緊急上映!
25年間ニュージャージー州で警官として勤務したローレルは、49歳でガンにより余命半年を宣告される。パートナーのステイシーが遺族年金を受け取れるよう地元オーシャン郡に申請を出すが、同性であるがため却下されてしまう。
残された日々をかけがえのない絆を守るために戦いぬく決意をしたローレルの勇気は、人々を動かし、社会を動かした。
そして今、観るものすべての記憶に深く刻まれるだろう…。
アカデミー賞短編ドキュメンタリー映画賞、サンダンス映画祭特別審査員賞受賞作品。


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】



今年の映画祭 No.1 は、文句なしにこの作品。
オープニングから終わりまで 38分 泣き通しでした・・・。


続きを読む

不思議の国の女たち

「不思議の国の女たち」
(2006/FRANCE/A Lez In Wonderland )


LEZ07.jpg
(右:グィネヴィエ・ターナー、左;監督のアナ)


≪ダイナ・ショア ウィークエンド≫ は、1990年から続く世界最大の レズビアン・パーティ・イベントだ。
全米中・世界中から1万人のレズビアンが集まる。
(映画公式サイト より抜粋)
http://www.alezinwonderland.com/

早い話が、パームスプリングで開催された 世界最大のレズビアン・イベント ダイナ・ショア2006 のレポートであります。



【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】



これは、本年度アカデミー賞短編ドキュメンタリ賞受賞作 <FREEHELD> の同時上映作。
<FREEHELD> が短編(38分)ゆえ、これ(28分)と抱き合わせでの上映となった。
結果的にこの2本立ては、スバラシイ カップリングでした。
だって、この2本、あまりに内容が対極なんだもの。

続きを読む

誓いのKISS?

「誓いのKISS?」
(2008/USA/KISS THE BRIDE)


kiss03.jpg


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】

待ってました!
感動の名作 <LATTER DAYS> C.JAY COX 監督の新作。
観たい、観たい! と思っていたら、今年の映画祭で上映!
しかも、監督と主演俳優二人も来日するなんて!
神様、ありがと!
生きてて良かった!

続きを読む

シェイクスピアと僕の夢

「 シェイクスピアと僕の夢 」
(2008/USA/Were the World Mine)


were01.jpg


憧れのイケメンをゲイに!? 超ポップな"真夏の夜の夢"
夢見る男子高校生ティモシーはミュージカルが大好き。
学校の授業でシェイクスピアの 『真夏の夜の夢』 の妖精パックを演じることになったティモシーは、台本に出てくる伝説の媚薬のレシピを偶然見つけてしまう!
まずは薬で学年の人気者ラグビー選手を自分に夢中にさせ、ティモシーの次なる野望は...町全体をゲイ・フレンドリーにすること!
世界各国の映画祭で数々の賞に輝いた、観たらゼッタイ幸せになる、ホットでキュートなハートフル・ミュージカル。


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】


今年のオープニング上映作品。
映画祭でミュージカルって、なかなかなかったわよね。
なのに今年は、<愛のうた、パリ> と、2本も!

続きを読む

ヒストリー・オブ・ゲイシネマ

「ヒストリー・オブ・ゲイシネマ」
(2007/Germany, Netherlands, Finland, Australia/
Schau Mir In Die Augen, Kleiner/HERE'S LOOKING AT YOU, BOY )


history.jpg ガス・ヴァン・サント

映画ファンなら見逃せない!“ゲイ映画” のカミングアウト
1995年に製作された 『セルロイド・クローゼット』 はハリウッド映画において同性愛がオープンに描かれなかった歴史を検証した。
それから13年、 『ヒストリー・オブ・ゲイシネマ』 は約20年前から現在までに同性愛を描いた映画の数々をふりかえる。
『マイ・ビューティフル・ランドレット』 から 『ブロークバック・マウンテン』 まで、より自由で幅広い表現について、ガス・ヴァン・サント、ティルダ・スウィントン、ジョン・ウォーターズ、フランソワ・オゾンといった豪華な顔ぶれが証言する。



【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】



会場を 青山スパイラルホール に移しての 第二ラウンド。
こちらでも 4本観ました。 ぼちぼちと UP予定。

<セルロイド・クローゼット>のファンなので、「その後の<セルロイド・クローゼット>」 というべきこの作品、とっても楽しみにしていました。
今を生きる監督たちのインタビューも楽しみだし。


続きを読む

チュエカタウン

「チュエカタウン」
(2007/SPAIN/CHUECATOWN/BOYSTOWN)


chueca01.jpg


イケメン不動産屋にご用心。ママを狙う殺人鬼かも!
マドリードのゲイのメッカ、チュエカタウンに住む“熊系”カップルのレイとレオ。
そんな彼らがひょんな事から出会った、不動産屋ビクトル。
ジムで鍛えたマッチョな体に高級スーツを着こなすビクトルには、実は恐ろしい秘密が…。
彼の野望はチュエカタウンをおしゃれに再開発すること。その目的のため、この一帯に住む邪魔な老婆たちを、殺し回っているのだ! 
サイコキラー・ビクトルの次なる標的はなんとレイのママ。
熊系カップルはママを救えるのか!? 
楽しくてちょっぴり怖いブラック・コメディ!


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】


スペイン映画らしい、濃ゆ目のコメデイ、楽しかったっす。


続きを読む

愛のうた、パリ

「 愛のうた、パリ 」
(2007/フランス/Les Chansons d'amour/LOVE SONGS)


songs04.jpg



あのカンヌ映画祭コンペ部門に選出された待望のスタイリッシュ・ミュージカルがついに日本上陸! 主人公の青年イスマイルと彼の周囲の人間関係や事件を通し、ゲイ、バイセクシュアル、レズビアン、ストレート…様々な愛のかたちを描き出す。
フランソワ・オゾン監督のミューズとして有名なリュディヴィーヌ・サニエ(『8人の女たち』『スイミング・プール』)の出演も話題に。
美しいパリの街、そして「映画史上、最もロマンティックなゲイ・ラブシーン」と賞賛された三ツ星の恋に胸キュン。


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】



なんだかやたら 高級感&スタイリッシュ な作品であった。

続きを読む

シェルター

「シェルター」
(2007/USA/SHELTER)


shelter02.jpg

青い波の上で夏が始まるサーフ&ラブ・ストーリー!
オレンジ・カウンティ、カリフォルニア。アートカレッジへの進学をあきらめ、姉と5歳の甥との暮らしを支えるためダイナーで働くザック。
彼の平凡な毎日を変えたのは、小説家、ショーンとの出会い。
失恋から立ち直るためLAから故郷に戻ってきたショーンはザックの優しさに惹かれ、すぐに意気投合。
海でサーフィンを楽しみ、ビールを片手に互いの作品について語り合いながらふたりは恋に落ちる。
西海岸の眩しい太陽の下、悩み、迷いながら自分の道を選んでいく青年のフレッシュな夏物語。
2007年フィラデルフィア国際G&L映画祭特別賞受賞作品。



【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】



見終わって、ばるこ・白みるくさんが、開口一番

「かわいい映画だったねえ」

マッス・ムニダ・マッコヨ
(そうです、その通りです)

こういう映画が見たかったんだよ~~~~!!!

という 秀作でした!

ほんとは、<愛のうた、パリ> の方を今日UPする予定だったんだけど、ばるこ・白みるくさんが mixiでこれをUPしてたので、急遽足並みをそろえて UP!! 

続きを読む

スコットと朝食を

「スコットと朝食を」
(2007/CANADA/Breakfast with Scot )


SCOT02.jpg



【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】

今年の一発目はコメデイ☆
すごお~~~く楽しかった!

――思いきり笑えて、ちょっぴり泣けて、きっと誰かに話したくなる


映画祭公式サイトのコピーそのままの秀作でした~

続きを読む

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2008 開幕!

今年も始まった 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

新宿バルト9での第一ラウンド(7/11~13)が終了。

ここで4本観たので、ぼちぼちとUP予定。

この4本もすべて秀作で、今年はレベルが高いです。!

続きを読む

私の秘密の花

「私の秘密の花」
(1995/スペイン/La Flor de mi secreto)


私の秘密の花私の秘密の花
(2004/02/16)
マリサ・パレデス

商品詳細を見る


夫との間に溝ができているベストセラー作家が、愛への固執と孤独の中で自らの行き方を模索し、故郷と母を通して自分本来の幸せを見い出すまでを綴ったメロドラマ。



< アルモドヴァル祭り 第3弾! >



こりゃ、祭りの前2作と全然違う趣でした。
格調高い!



続きを読む

グロリアの憂鬱

「グロリアの憂鬱」
(1984/スペイン/QUE HE HECHO YO PARA MERECER ESTO!!/What Have I Done to Deserve This?)


groria01_convert_20080909233810.jpg



鬼才、P・アルモドバル監督が手掛けた名作ドラマ。家事に追われる主婦・グロリアは、夫との冷めた関係や荒れる息子たちとの生活に鬱屈としたものを感じていた。彼女は行きずりのセックス、ドラッグ、果ては殺人までも経験し、日常生活から外れていく。
(「DVD NAVIGATOR」データベースより)


まあ、<アルモドバル祭り> 一時はどうなるかと思ったけど、今度はいい作品でした。


< アルモドヴァル祭り 第2弾! >

ラファエル・ナダルも優勝したし、このところ続けてアルモドバル映画を見て、スペイン語漬けになっていると、

るるる~ わたしは スペインの風よ~ 

という気分~♪ 
 

続きを読む

祝 ラファエル・ナダル ウィンブルドン優勝!

最長時間記録を更新=ウィンブルドンテニス男子決勝

7月7日8時20分配信 時事通信

 ナダル-フェデラーの男子シングルス決勝は、4時間48分の大熱戦となり、同決勝の大会最長時間記録を更新した。
従来の記録(公式記録に残るものに限る)は、1982年のジミー・コナーズ-ジョン・マッケンロー(ともに米国)戦の4時間16分。
 試合は、雨で午後2時の開始が約30分遅れ、第3セットと最終セット途中の2度中断し、試合終了は午後9時15分すぎだった。 


ええ~、テニスは門外漢なんですが、先日テニスプレイヤーが主人公の小説を読んだもんで、その勢いで決勝を見てみたのだった。
テニスゲームをマジで見たのは、ボルグvsジミー・コナーズ以来だと思う。
あ、あ、いえ、私が生まれる前のことなんだけど・・・ だって、チロ、17歳だもん☆

nadal81837448.jpg


続きを読む

セクシリア

「セクシリア」
(1982/スペイン/Laberinto de Pasiones Sexllia/Labyrinth of Passion)


セクシリアセクシリア
(2001/02/25)
セシリア・ロス

商品詳細を見る


(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ・アルモドバルによるコメディ。
色情狂のミュージシャン・セクシリアは、ゲイのティラン国皇太子に一目惚れしてしまう。


新規開拓しようと、TSUTAYA 上野店 に行ってみた。
ここは広くないけど、マイナー作品も揃ってて、意外に使える!
何と言っても、監督別コーナー! そのインデックスがやるなあ、ってかんじ。
メジャーとは言い難いラインナップもありなんだもの。
トッド・ソロンズ とかさ (→ <エデンより彼方へ>
(この辺のクラスで、インデックス作らないよね。ふつー。
少なくとも、浅草店ではありえません!)
だから、ペド美ねーさんの作品も揃ってるのよね。

ってことで、 「プチ ペドロ・アルモドヴァル 祭り」 をしてみることに。

< アルモドヴァル祭り 第1弾! >


続きを読む

ワンダー ボーイズ

[ワンダー ボーイズ]
(2000/WONDER BOYS)


Wonder BoysWonder Boys
()
Michael DouglasTobey Maguire

商品詳細を見る


かつては "ワンダー・ボーイ" と騒がれた文学教授のグラディだったが、今や50代を迎え7年間執筆中の小説は未完、妻は家を出、さらに不倫相手の学長サラから妊娠を告げられた。
そんな中、大学で開催される作家たちの会議 "ワード・フェスト" に合わせ担当編集者テリーが新作の原稿を求めにやって来る。
だがこの会議はグラディの教え子のジェームズの登場で思わぬことになってしまう……。
マイケル・シェイボンのベストセラーを映画化。


ワンナイト・スタンド>(5/24)で、ロバート・ダウニーJr.がゲイ役を演っていて、そういえば前にもゲイ役やってたのがあったわねと、リピート鑑賞。

いや、これはあらためて傑作ですな。


続きを読む

祝 イスパーニャ優勝! EURO2008 

若いスペイン 44年ぶり欧州制覇
2008年7月1日(火) 7時2分 スポーツニッポン

 【欧州選手権 スペイン1-0ドイツ】 サッカーの欧州選手権決勝が29日、ウイーンで行われ、スペインが前半33分のFWフェルナンド・トーレス(24=リバプール)の決勝点でドイツを1―0で下し、64年大会以来44年ぶり2度目の優勝を飾った。
大会MVPにはMFシャビ(28=バルセロナ)が選出された。
ドイツは大会最多記録を更新する4度目の優勝を逃した。
次回12年大会はポーランドとウクライナで共催される。


終わりましたね、ユーロ。
イタリアなき後は、どこが勝ってもいいや、ってかんじだったんだけど、とりあえず後半から見た。
ま、サッカーの楽しみのひとつ、マンウオッチング、今回のユーロで myツボ がよくわかった!

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード