メイプルソープとコレクター

「メイプルソープとコレクター」
(2007/アメリカ・スイス/
Black White + Gray A Portrait of Sam Wagstaff + Robert Mapplethorpe)


sam01.jpg


HIVにより42歳で他界した天才フォトグラファーのロバート・メイプルソープと、稀代のアートコレクターのサム・ワグスタッフの人生から、 1970~80年代のニューヨーク・アートシーンとそのビジネスの裏側に迫るドキュメンタリー。
ゲイであることを公言し、性のボーダーを越えた芸術表現で人々を魅了したメイプルソープは、名家出身のアートコレクターのサムと運命的な出会いを果たす。
メイプルソープが唯一愛した女性であるパンクロックの女王パティ・スミスも登場。


こういう作品はすぐ終わっちゃうから早く行かなくちゃと思いながら・・・。
やっと見て来た。

15:50 @渋谷ライズX

ここ渋谷ライズXは、コアな作品ばかり上映するアグレッシヴなコヤ。
他のとこだったらレイトでかけるような作品を日中からやっている。
その為、以前来た時は私を含めて二人、この日は四人。
席数 38.でも人件費はかかるし大丈夫なのか!? と老婆心ながら心配しちゃう。

ここの内部って、昔、麻布十番にあった寺山修司の天井桟敷を思い出させる。
スクリーンも小さくて、アンダーグラウンドな雰囲気(実際アンダーグラウンド=地階にあるんですけどね)、秘密上映を見ているような不思議な空気が感じられて好きなコヤ。
シートはゴージャスだし、個人試写室みたいでなんだかぜいたく。

あら、前の記事から エイズつながりだわね。


続きを読む

カーテンコール

「カーテンコール」
(1996/UK/Indian Summer/Alive and Kicking)


indian summer01


恋人をエイズで亡くし生きる希望を失いかけていたバレエダンサー。次第に動かなくなる体に苛立ちを感じながらも「生きること」を真正面にぶつかっていく彼を、友人たち、新しい恋人が温かく見守る。
残された人生を輝かせるためにダンスに打ち込む主人公の姿は大きな感動を呼び、 96年ロンドン映画祭で観客グランプリを受賞した。
脚本は「ベント 堕ちた饗宴」のマーティン・シャーマン。


以前、アンソニーちんのブログ <ワンナイト・スタンド>の記事で、[ダンサー、エイズ] つながりでこの作品のことを知った。
以来 【my未見のゲイ映画秘密リスト】(って、んなオーゲサなあ)に加えていたのだが、先日TSUTAYA新宿店で発見!

新宿店久しぶりに行ったら、配置が変わったのか秘密リストのいくつかがあった。今まで見逃してました。なんせ、リストはほとんど廃版のVHSだもんで新宿店の品ぞろえは奇跡です。
今後ぼちぼちと見て行きたいと思います。



続きを読む

ミルク その2

「ミルク」 その2

アカデミー賞授賞式、脚本家 ダスティン・ランス・ブラックのとなりに、常に寄り添う一人の男性。
とても親しげに見える。

パートナー? ってかんじでもないんだよね。 プロデューサーか? と気になっていた。


milk25.jpg




続きを読む

ミルク その1

「ミルク」
(2008/MILK)


milk24.jpg

同性愛者であることを公表した上で、米国史上初めて公職に就いた政治家ハービー・ミルクの半生を描いた伝記ドラマ。
1970年代のサンフランシスコ。生来の人柄でゲイやヒッピーたちに慕われる同性愛者のミルクは、マイノリティに対する権利と機会の平等を求め、世間の差別や偏見と戦いながら市制執行委員会の選挙に立候補する。
第81回アカデミー賞では、主演男優賞(ショーン・ペン)、オリジナル脚本賞を受賞。監督は「エレファント」のガス・バン・サント。


この日を待っていた。
どんな展開かわかっているのに、いや、わかっているからこそ、
やっぱりがっつり泣けた・・・。

10:40 @新宿バルト9


続きを読む

フロスト×ニクソン

「 フロスト×ニクソン」
(2008/Frost/Nixon)


nixon01.jpg


1974年、ウォーターゲート事件によって政界から引退したニクソン元大統領、全米進出をもくろむテレビ司会者フロストは、沈黙を守るニクソンとインタビュー番組で対決し、ジャーナリストとして名を上げようとする。
アメリカでテレビ番組史上最高の視聴者数をはじき出したデビッド・フロストによるニクソン元大統領へのインタビュー。
この伝説的番組を元に、名匠ロン・ハワード監督が言葉と信念をぶつけ戦い合う2人の強烈なキャラクターを鮮烈に描く、新感覚のエンターテイメントを誕生させた。


この日ほんとは別の作品を見ようと思っていた。
行く前にちょっくら情報チェックをしていたら、<フロスト×ニクソン>、評論家の評価がめちゃくちゃ高いではないか!?
よその国の政治史の一コマ映画でしょ、と後ろ向きに考えていたチロであったが、なにせ、権威にヨワい。
突如見に行くことに――

品田雄吉先生はニクソンを演じたフランク・ランジェラを評し、
「アカデミー賞では受賞を逃したが、この映画を見て彼こそオスカー像を
手にすべきだったと感じる人も多いのでは」

むむ・・・それはこの目で確認しなくてわ!

13:45 @TOHOシネマズ シャンテシネ

続きを読む

再婚一直線!

「再婚一直線!」 安彦 麻理絵

再婚一直線! (Feelコミックス)再婚一直線! (Feelコミックス)
(2005/12/05)
安彦 麻理絵

商品詳細を見る


バツイチ・マリエ、目指すは再婚!!  料理や美容、果ては踊りまで花嫁修業は続く…。
西原理恵子、魚喃キリコなど豪華ゲストが登場する実録爆笑エッセイ!



このエッセイ漫画に、<オトコノコのアソコ> の大久保ニューがゲスト出演していると聞き、読んでみた。
尚、<オトコノコのアソコ>の 推薦・友情コメントを書いたのが、この人 安彦麻理絵。

続きを読む

四角い恋愛関係

「四角い恋愛関係 」
(2005/Imagine Me & You)


四角い恋愛関係 [DVD]四角い恋愛関係 [DVD]
(2007/09/07)
パイパー・ペラーボ

商品詳細を見る


4人の男女が繰り広げるラブコメディ。
レイチェルとヘックは幸せいっぱいのカップル。ところが挙式日に現れたある男女との出会いにより、夫婦になったばかりのふたりの恋は思わぬ方向へ展開する。
(「キネマ旬報社」データベースより)



クイア映画というのは聞いていたが、あんまり深く考えずに見始めた。
冒頭、結婚式のシーンから始まる。
花嫁の到着を待つ花婿とその親友――どっち? それともこの二人?

ノン、ノン そっちではない ”あっち” だった――


続きを読む

おとな地獄

「おとな地獄」 児嶋 都


おとな


やっぱり はまる ヴァージニア・インフェルノ☆児嶋都



続きを読む

こども地獄

「こども地獄」 児嶋 都 (1998)

こども



<おとめ地獄> 内 、国文学者 高橋明彦 の解説にあった

<若奥様悶絶地獄!! 笹江さん>

が読みたくて探してました。

やっと ゲット!!


続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード