パルプ・フィクション

「パルプ・フィクション」
(1994/Pulp Fiction)


Pulp Fiction: Music From The Motion PicturePulp Fiction: Music From The Motion Picture
(1994/09/27)
Various Artists

商品詳細を見る


アメリカの低級犯罪小説であるパルプマガジン的なストーリーをコンセプトに殺し屋たちの話を3つの物語が交錯するように語られるコメディあり、ヴァイオレンスありのドラマ。
第67回 アカデミー脚本賞(クエンティン・タランティーノ、ロジャー・エイバリー) 及び
第46回 カンヌ国際映画祭パルム・ドール  受賞


先日見た <フェティッシュ> の主役 アンジェラ・ジョーンズが似たような役で <パルプ> に出ていると知った。
最近読んだ某作家のショートストーリのタイトルが <HONEY BUNNY AND PUMPKIN> だった。(→ ハニーバニーとパンプキンは映画の冒頭に出るチンピラカップルの名前

もう一度観たいなあと思っていたら、先日TVで放映されたのだった。

いやあ、これは スゴい!! あらためて感じ入った。  傑作!!

→ カテゴリ 「Q・タランティーノ」 も作っちゃったし。





続きを読む

A SINGLE MAN

[ A SINGLE MAN ]
(2009/USA)


single34.jpg

single11.jpg


大学教授が16年付き添ったゲイのパートナーに急死され、自殺の準備をする経路が描かれた作品。
世界的ファッションデザイナー、トム・フォードの初監督作。



先の記事
 に書いた デザイナー トム・フォードが監督した <A SINGLE MAN> 、主演のコリン・ファースがベネチアで主演男優賞を受賞した。
見たい見たい見たい見たいと思っていたら、東京国際映画祭で上映されるとアンソニーちんが教えてくれた。
チケットまで一緒に取ってくれて、ありがとう、アンソニーちん。

18:20 東京国際映画祭 @TOHOシネマズ六本木

前日の上映には、トム・フォードが舞台あいさつに来たのだった。
この日は同時刻、新宿伊勢丹のイベントに出席。
(メンズ館にトム・フォードショップが出来たから?)
見たかったよ~ん。


続きを読む

私の中のあなた

「私の中のあなた」
(2009/MY SISTER'S KEEPER)


My Sister's Keeper [DVD] [Import]My Sister's Keeper [DVD] [Import]
(2009/11/17)
Cameron DiazAbigail Breslin

商品詳細を見る


11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によってこの世に生まれた。母サラは愛する家族のためなら当然と信じ、アナはこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきた。そんなある日、「もうケイトのために手術を受けるのは嫌。私の体は、自分で守りたい」と、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。しかし、その決断にはある隠された理由があった…。


9月に試写を観たまま放置プレイ・・・。
もう公開されていたのね。(10月9日公開)やばい、やばい。

いい作品だった。今思い出しても泣けてくる・・・。

東京ニュース通信社試写 @中野サンプラザホール


続きを読む

ホノカアボーイ

「ホノカアボーイ」 (2008)

hono02.jpg


恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は、ひょんなことからハワイ島にあるホノカアの映画館で映写技師として働くことに。ホノカアは、レオが半年前に“伝説の虹”を探し求め、恋人と道に迷った末にたどり着いた町だった。不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやって来たこの町で、レオは風変わりだが心優しい人たちと出会う。
人気作家・吉田玲雄の同名原作を映画化したハートウォーミング・ストーリー。



ハワイ島 ホノカアという街にやって来た青年の物語。

ギンレイ 岡田クン 祭り 第二弾!! 



続きを読む

映画 重力ピエロ

「重力ピエロ」 (2009)

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る



この映画が見たくて、その前に原作(小説「重力ピエロ」)をと読んだところ、思いのほか時間がかかった。(相変わらずの遅読)
読み終わった~!と上映館を調べたら、なんとその日がロードショウ最終日であった。ああ
以来二番館にかかるのを待っていた。

1600 @飯田橋ギンレイホール

なんとひそかなmyブーム 岡田将生(おかだまさき)クン 2本立てでっす 
いいぞ、ギンレイ!

監督:森淳一

続きを読む

小説 重力ピエロ

「重力ピエロ」 井坂 幸太郎

重力ピエロ重力ピエロ
(2003/04)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


(「BOOK」データベースより)
連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか? キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。とある兄弟の物語。



現代の日本の作家を読む機会ってなかなかない。

伊坂幸太郎を初めて読んだ。
今どきの作家というのは、こんなにスタイリッシュで軽やかなのかあ。

第5回本屋大賞及び第21回山本周五郎賞受賞(「ゴールデンスランバー」(07))
「このミステリーがすごい!2009年版」 第1位受賞作家
しかもこの作品、70万部を越える大ベストセラーだそうな。

へぇ~知らなかった。すごいのねえ。

続きを読む

シーズン終了・・・

2連敗のあと本拠地フェンウエイパークに帰って来たレッドソックス。
今日未明の第3戦、7-6 でロサンゼルス・エンジェルスに3連敗。
ボストンのシーズンが終了した。


打つべき人が打てず、抑えるべき人が打たれていては勝てるわけがない・・・完敗。
最後は守護神 パぺルボンでやられるという・・・完敗。
ダイスケーも熊も出場機会なくプレイオフは終わった。
アナハイムはいいチームだ。がんばってくれ。

ボストンの2009年よ、アデュ~
また来年。


redosox22.jpg
彼のシーズンは終わった。
試合後ダグアウトの ヴィクター・マルチネス 哀愁・・・ 



無口な情熱 -SIKIL-

「無口な情熱 -SIKIL-」
(2007/Philippines/SIKIL)


sikil03.jpg


マニラ南方の小さな町で育った幼なじみのアドンとエンゾ。二人はいつも一緒に遊び、助け合い、お互いのことを一番良く理解している親友同士だった。やがてアドンにはメライという名の恋人ができ、マニラへ駆け落ちすることを決意する。それから5年。マニラで運命の再会を果たしたアドンとエンゾ。それは二人の青年が絡み合う、エロティックショーの相手役としての再会だった…。

【第2回 アジアン・クイア映画祭(2009)上映作品】

フィリピン映画です。
フィリピン映画というのは、まず観る機会がないわね。
こういう作品を観られるというのは、この映画祭ならでは。
ありがたいこってす。

いやあ~ ちょっと珍味でした。

アジアンクイア映画祭のサイトで、なにを観ようかなあとプログラムページを見ていて、肌色率がダントツに高いのがこの作品だった。
そのページご参照。 (ちょっと問題多い画像なのでサイトで見てネ☆)

続きを読む

メジャーリーグのセクシー・タイムって?

アジアンクイア映画祭リポートの途中ですが、またまたちょっと休憩。
(またかい!?)

いよいよ今日からメジャーリーグは ディヴィジョンシリーズが始まった。
このシリーズの勝者が、ワールドシリーズで戦う権利を得られる。

今年のヤンキースは憎たらしいほど強い。
投打がかみ合い死角なし。
わがレッドソックスは、ワイルドカードで生き残った。
シリーズが始まれば、そんなこと関係ないもんね~。
GO! SOX GO!


誰も興味がないだろうと、自己マンで記事を上げていたメジャーリーグネタ。
ところが、予想ガ~イにみなさんの反響が (え、気のせい?)

それに気をよくして、又やります。

mlb07.jpg
かっちょいいユニフォームだよな~~


続きを読む

蓬(よもぎ)の花

「蓬(よもぎ)の花」
(2008/Taiwan/艾草/Artemisia)



alte06.jpg


58歳になるアイツァオは、夫を亡くして以来、女手一つで子供たちを育ててきた。しかし、いい歳になっても結婚に興味のない息子、留学先のフランスから帰国してきたシングルマザーの娘、お金にがめつい母親との関係に心休まらず…。


【第2回 アジアン・クイア映画祭(2009)上映作品】

アジアン・クイア映画祭に戻って、2日目のプログラム。

この日は、ゆっきーとherちゃんと3人で見た。

この作品のことを知ったのは、mixiの 「同志片」 コミュです。
このところの mixiコミュって、貴重な情報源だなあ。

これが今年の映画祭一番の目玉作品じゃないかと思われます。
予想以上の入り、補助椅子・座布団・立ち見も出る大盛況でした。



続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード