カラヴァッジョ 天才画家の光と影

「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」
(2006/イタリア=フランス=スペイン=ドイツ/CARAVAGGIO)


cara03.jpg


16世紀イタリアバロック絵画の最大の巨匠・カラヴァッジョ。彼が存在しなければレンブラントもベラスケスも誕生しなかった。激しい愛を貫き、闘いながらキャンバスと向き合った39年の短い生涯を追いながら「聖マタイの召命」や「果物かごをもつ少年」ら数々の名画誕生の秘密に迫る。
才能がありながら悲運な道をたどった画家の愛と栄光、挫折を描く。


【2008年 イタリア映画祭 上映作品】

今年はカラヴァッジョ没後400年、メモリアルイヤーということで、ボルゲーゼ美術館展の展示開催など注目を集めております。
その生涯を描く映画、しかも撮影監督は、”あの” ヴィットリオ・ストラーロ というではないか。
これは押さえとかねーといかんでしょう。

この作品、2008年イタリア映画祭でプレミア上映された、というのが後でわかった。
→ それで字幕翻訳が 岡本太郎さん(映画祭デイレクター)だったのね。

この時、「2008年冬ロードショウ予定」 のはずがずれ込みました。

→ たみきさん情報によると、没後400年にあわせて今年公開することになったそうです。
なるほど、そりゃ正しいプロモーションですな。

15:50 @銀座テアトルシネマ

銀座テアトルシネマでのイタリア映画は、相変わらず高い年齢層の方々で盛況(シニア率8割超とみた)。
この回も早々に満席でした。もともとキャパが小さいせいもあるけど(150席)。


Calling of Saint Matthew

続きを読む

東京の休日

「東京の休日」
(1958/東宝)



決定盤 李香蘭(山口淑子)大全集決定盤 李香蘭(山口淑子)大全集
(2009/10/21)
李香蘭山口淑子

商品詳細を見る

(<東京の休日>の画像がないので、李香蘭のCD画像をあげときます)

ニューヨークで活躍している一流デザイナー・メリー川口がおしのび帰国。ところが、彼女の名声を利用して一旗あげようと企む人々が…。
原節子の呼びかけで実現したという、山口淑子引退記念映画。二十年にわたる映画生活に終止符を打った。



あああ 邦画って一度見始めるとはまっちゃうのよねえ。

山口淑子にはずっとずっと魅かれている。
その引退記念映画と知り見てみた。

東宝がオールスター映画を作るとこうなるか、という作品。
引退記念というのもありましょうが、ひたすら豪華だった。

14:15 @神保町シアター

【 オールスター映画 夢の祭典 第二弾 】

続きを読む

婚 期

「婚 期」(1961)

婚期 [DVD]婚期 [DVD]
(2007/04/27)
若尾文子野添ひとみ

商品詳細を見る


巨匠・吉村公三郎が、嫁と小姑の確執を描いたファミリーコメディ。
結婚した兄が継いだ実家に住む次女、三女、弟の3人は兄嫁の存在が気に入らない。ある日、兄嫁の元に「あなたの夫には愛人がいて、隠し子までいます」という手紙が届き…。



その昔パリやニューヨークには、ジャンルを特化した常設館があると聞き、なんてステキなんだろうとうらやましかった。
ふと気づいたら、東京に邦画の旧作ばかり上映する映画館が出来ていた。

神保町シアターは、特集上映のテーマにそって週替わりで違ったプログラムを見せる。
今回のテーマは、「オールスター映画 夢の祭典」
ラインナップは こちら です。

昔はオールスター映画というのがたしかに存在してました。
映画に ”スター” がいなくなった現在には、叶わぬ ”夢” となりました。

16:30 @神保町シアター

【 オールスター映画 夢の祭典 第一弾 】

続きを読む

午前十時の映画祭 

「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」

▼世紀の傑作外国映画を、全国の大スクリーンで。▼

午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本
全国のTOHOシネマズ 25劇場にて、1950年~70年を中心に、歴史に残る外国の傑作娯楽映画50本を、1年間にわたり連続上映する特別企画を実施中です。


Roman Holiday [DVD] [Import]Roman Holiday [DVD] [Import]
(2003/04/07)
Gregory PeckAudrey Hepburn

商品詳細を見る


TOHOシネマズで 「午前十時の映画祭」 が始まった。
名作が50本、しかも ニュープリント で上映されます。
すばらしい企画ですねえ~

かつて見たお気に入りの作品を大スクリーンでもう一度、
見逃した作品を、ぜひこの機会に!


どれどれ、50本ってどんなラインナップなわけ?

こんなかんじ~~

続きを読む

まほろ駅前多田便利軒 1 (コミック)

「まほろ駅前多田便利軒 1」
山田ユギ (原作 三浦しをん)


まほろ駅前多田便利軒 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)まほろ駅前多田便利軒 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2009/12/18)
山田 ユギ三浦 しをん

商品詳細を見る


山田ユギ + 三浦しをん 理想のコラボが描き出す哀愁とユーモアの物語。
ときに切なく、笑いある・・・陰を抱える二人の物語。
直木賞受賞作を漫画化!!


あれ、amazon 画像がないの? じゃ、自分で撮るか

mahoro01.jpg


脚本を書く時に、「あて書き」 というのがある。
最初から、特定の俳優を想定して脚本を書くことを意味する。
まさか三浦しをんが山田ユギが描くキャラを頭に置いて書いた訳はないのに。

それが頭をよぎったくらい、山田ユギの作画がぴったりはまっていた。


続きを読む

まほろ駅前多田便利軒 (小説)

「まほろ駅前多田便利軒 」三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)
(2009/01/09)
三浦 しをん

商品詳細を見る


(「BOOK」データベースより)
まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。


三浦しをんの名を初めて知ったのは、天才マムガ家 語シスコの信奉者、正当な評価者としてだった。
10年くらい前だろうか。
その三浦しをんが、直木賞作家になるとは!?
直木賞作品、こんなにおもしろくていいんですかあ~ いいんですよ




続きを読む

2番目のキス

「2番目のキス」
(2005/FEVER PITCH)


2番目のキス (特別編) [DVD]2番目のキス (特別編) [DVD]
(2008/03/19)
ドリュー・バリモア

商品詳細を見る


数学教師のベン(ジミー・ファロン)は、リンジー(ドリュー・バリモア)の会社に生徒を連れて社会見学に行ったとき彼女に一目惚れする。ビジネスエリートの彼女と一介の教師の彼はまるで住む世界が違ったがつき合い始める。すべてはうまく行くように思えたのだが、ベンがボストン・レッドソックスの熱狂的なファンだったことから問題が生じて……。


<朝日新聞>夕刊に、「大リーグ大好き!」というコラムが連載されている。
書いているのは向井万起男、慶応大医学部準教授、宇宙飛行士 向井千秋サンの夫。
毎週楽しみにしていまっせ。
先日のコラムで、ドリュー・バリモア主演のラブコメ <2番目のキス>が、ドリューとレッドソックスファンの男とのラブロマンスと知り、あわてて見た☆


続きを読む

ファイアーライン

「ファイアーライン」
(1997/香港/十萬火急/Lifeline)


ファイヤーライン [DVD]ファイヤーライン [DVD]
(2008/09/10)
ラウ・チンワンジョーダン・チャン

商品詳細を見る


ジョニー・トー監督の幻の傑作映画!
人命を助けるために命を張って危険に挑む消防士たちの物語を描いた人間ドラマ。
ラウ・チンワン、ジョーダン・チャン、カルメン・リーほか出演。



久しぶりに香港映画でも見てみっか、と見てみた。

お気に入り ジョニー・トー作品だし。

といっても1997年製作、ずいぶん前の作品なのね。近作だと思ったら。
未公開だったのが、最近DVD化したもよう。


続きを読む

内藤ルネ 展

「内藤ルネ展 “ロマンティック”よ、永遠に 」

rune01.jpg


内藤ルネ展に行って来た。


見ている間中 

「カワイイ 
  「カワイイ 」 

の連発でした。

@大丸ミュージアム・東京


続きを読む

木村伊兵衛とブレッソン 展

[木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし]展

henri04.jpg


東洋と西洋の両巨匠が同時代を生き、交流があったなんて知らなかった。

このポスターにもなっている、木村がブレッソンを、ブレッソンが木村を撮ったポートレート写真がとってもいい。


@東京都写真美術館 (2月7日まで)



続きを読む

アバター

「アバター」
(2009/AVATAR)


avatar011.jpg


「CGのクリーチャー物なんて興味ないしねえ・・・」
なあんてスルーしてたら、アカデミー賞の前哨戦ともいえるゴールデングローブ賞の作品・監督賞を受賞。
こりゃ、オスカーも来るべ!

うむうむ・・・。

そこへ1月25日、
<アバター> 全世界興行収入 <タイタニック> を抜き、歴代1位に!
のニュースが!
翌日ソッコー行きました。

@TOHOシネマズ日劇

仕事を終えてから駆け付けるとタイトな時間なので、初めてオンラインチケット購入してみた。
なんだ、すっごく簡単!
有楽町マリオンに着いたら、案の定チケット売り場は長蛇の列。
便利な機能は使わなきゃ損だわね。

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード