小説 悪人

「悪 人」 吉田修一

悪人(上) (朝日文庫)悪人(上) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


悪人(下) (朝日文庫)悪人(下) (朝日文庫)
(2009/11/06)
吉田 修一

商品詳細を見る


馬込光代は双子の妹と佐賀市内のアパートに住んでいた。携帯サイトで出会った清水祐一と男女の関係になり、殺人を告白される。彼女は自首しようとする祐一を止め、一緒にいたいと強く願う。光代を駆り立てるものは何か?毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した傑作長編。

読み終わって、涙が止まらんやったとです。
文句なしの力作であるが、チロ的視点から書いてみたい。



続きを読む

映画 悪人

「悪 人」(2010)

akunin01.jpg


朝日新聞夕刊に連載され、毎日出版文化賞と大佛次郎賞を受賞した吉田修一の話題作を映画化した犯罪ドラマ。九州のとある峠で起きた殺人事件をきっかけに、偶然に出会う男女が繰り広げる逃避行と愛を息苦しくなるほどリアルに描く。


ずっと気になっていたまま未読の 吉田修一 <悪人>、映画が完成し、ちょっと観てみたいなと思っていたら試写が当たったとよ。
試写会2日前から駆け込みで読んだとです。→ 後日UP予定

東宝試写 @有楽町朝日ホール

続きを読む

ジェニファーズ・ボディ

「ジェニファーズ・ボディ」
(2009/JENNIFER'S BODY)


jen01.jpg


学園一美しいジェニファー(ミーガン・フォックス)と内気なニーディ(アマンダ・セイフライド)は、幼なじみで同じ学校に通う親友同士。しかし、ある事件をきっかけにジェニファーは急激に美しさを増し、学園中の男をとりこにしていく。一方、町では凄惨(せいさん)な殺人事件が続発しており……。

<ゾンビランド>を見た翌日、ふと、そういえばゾンビじゃないけど、美女が男を食っちゃう映画(比喩でなくそのまんまの意味でな)があったわね、見逃してたけど・・・。
チェックしたら、え、明日まで?
最終日に行ってキタ。

@みゆき座

ここって切符渡して入口入ると、シネコンみたいにスクリーンが二つあるんだけど、1ケのスクリーンが「スカラ座」で、もう1ケが「みゆき座」なんだよね。
なんかヘンなかんじ・・・といつも思う。

続きを読む

ゾンビランド

「ゾンビランド」
(2009/ZOMBIELAND)

zomland03.jpg

ウィルス感染により“ゾンビランド”と化したアメリカで、引きこもりだった青年コロンバスは“生き残るための32のルール”を実践し、何とか生き延びてきた。そんな彼が旅の途中で出会ったのは、ゾンビを憎むマッチョな男タラハシー。ソリが合わないながらも旅を続ける2人は、やがてウィチタとリトルロックという姉妹と出会い“ゾンビがいない”というロサンゼルスの遊園地“パシフィックランド”を目指すのだった。


ゾンビ萌えとしては、行かにゃならんでしょ。

@ヒューマントラスト渋谷

この映画館はじめて行った。新しく出来たとこ。
宮下公園前、メトロプラザの対面です。
スクリーンは3ケ。今回観たスクリーン2、新しいとこにしてはスクリーンが小さい。
前目がおススメ。
この cocoti(ココチ)ビル、3Fにはナチュラル指向のレストラン(モスバーガーがやってたのね)、
6Fには、ビーズキットやスクラップフォトキットのお店があって楽しい。

続きを読む

女人本色

「女人本色」
(2007/香港/WONDER WOMAN)


wwoman03.jpg


“香港返還10周年記念映画”。
中国に返還された香港を背景に、変化する環境の中で奮闘してきた女性の姿を描く。


久しぶりに香港映画 UP!!

えーっと、この作品は2・3年前、私の好きなステキ☆おやじ 林子祥(ジョージ・ラム)の新作ということでお取り寄せしたのだった。
しかし例によって放置プレイ。
と、「2007東京/中国映画週間」 で上映されるというではないか。
やった! 日本語字幕! と前売りまで買ったのに、都合悪く行けなかった・・・(くすん)
そして今年再び上映されることに! やった~! 3年越しです。
(しかし、観ないんだったらDVD買うなよな。反省)

「中国映画の全貌2010」 @新宿 K’s cinema


このDVDのジャケット写真とタイトルって、見るものをミスリードする。
♀×♀の、なにやらエロチックな話なのかと思っちゃったよ。
<女人本色> の「色」つうのがエロチックワードだし。
「本色」ってどういう意味なのかな?
大体このジジ・リョン、いろっぽすぎて別人! カリーナ・ラウ風(トニー・レオン夫人)


続きを読む

ほぼ300

「ほぼ300」
(2008/MEET THE SPARTANS)


ほぼ300(スリーハンドレッド)(特別編) [DVD]ほぼ300(スリーハンドレッド)(特別編) [DVD]
(2010/09/02)
ショーン・マグワイアカーメン・エレクトラ

商品詳細を見る

 『300<スリーハンドレッド>』をはじめ様々なジャンルのヒット作品をパロディ化、
13人のスパルタ戦士たちが約20人のペルシア軍へ戦いを挑むアクション・コメディ。


この作品、アラスカさんに、「チロさん好みだ!!!と思ってました」
と見抜かれてしまったので、早速UPすることに。

映画 <300> のおバカパロデイ映画。
アメリカには伝統的にこういうパロデイ映画の血脈があるよな。


続きを読む

ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

[ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い]
(2009/The Hangover)


hangover03.jpg



結婚する友人ダグの独身さよならパーティーを開くためにラスベガスにやってきた男たち。ところが一晩たって目を覚ますとダグの姿は消えていて、部屋にいるのはニワトリと虎と見知らぬ赤ん坊。重度の二日酔いで何も思い出せない彼らに、一体なにが起きたのか!?


2・3ヶ月前、公開前の新作チェックをしていた時、
カチッ! こりゃおもしろそうだわ、鼻がヒクヒクした。
その後7月は映画祭などがありすっかり忘れていた。
まだやってるのかな? とチェック入れたら、なんとこの作品、日本公開の為に署名運動まで起きた逸品だったんですな。

「ハングオーバー」とは、「二日酔い」のことです。為念。

@渋谷シネセゾン



続きを読む

ゲゲゲ家族の肖像

「ゲゲゲ家族の肖像」 水木しげる

ゲゲゲ家族の肖像 (トクマコミックス)ゲゲゲ家族の肖像 (トクマコミックス)
(2010/08/03)
水木 しげる

商品詳細を見る


映画祭が終わっていろいろ記事がたまっています。
映画祭後の一発目は、「ゲゲゲ信者」 としては是非これをあげたい!


神保町 「コミック高岡」 にて会計に並んでいたら、レジ横に平積み。
このところ 「ゲゲゲ信者」 なもので、つい衝動買い。

漫画家水木しげるを主人公にした漫画(旧作)4作、対談、コラム収録。

gegege.jpg 
amazonで画像が上がってないので、あげときますね




続きを読む

波に流れて

「波に流れて」
(2009/ペルー+コロンビア+フランス+ドイツ/Contracorriente/UNDERTOW)


under04.jpg


ひなびた漁村で、身重の妻と共にわが子の誕生を待つ漁師のミゲル。だがミゲルには、誰にも言えない秘密があった。都会育ちの愛人、画家のサンティアゴの存在だ。密会を繰り返す度に、彼への愛情が深まるミゲル。そんなある日、事件が起った。サンティアゴが波に流されてしまったのだ。ミゲルの新たな苦悩が、その日から始まった。


【第19回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2010)上映作品】


今年のクロージング作品です。
思えばクロージング作品を見たのは初めてかも。


続きを読む

私はアネカ

「私はアネカ」
(2010/アメリカ+カナダ/I'm Just Anneke)


anneke03.jpg


【第19回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2010)上映作品】

アネカはアイスホッケーに夢中な12歳の女の子。でもアネカは、女の子のままでいたいのか、男の子になりたいのか、まだよく分からない。そんなアネカの気持ちがはっきりするまで、アネカの成長を一時的に止めるためのホルモン剤投与をしないかと、お医者さんは言った…。


この作品は、<悔む人たち> の前に上映された11分の短編です。
この2本のカップリングは実に良い選択でありました。



続きを読む

悔やむ人たち

「悔む人たち」
(2010/スウェーデン/Regretters)


regretters01.jpg


MtFトランスセクシュアルの2人が向かい合い、お互いの半生を語り始める。1960年代に青春を謳歌した彼らの口から出てくる言葉は、意外にも後悔の念ばかり。恋愛、カミングアウト、性転換手術…。後悔はしないと決意したはずの行動なのに、なぜ今は悔やんでいるのか。各国の映画祭で高い評価を受けた話題作。


【第19回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2010)上映作品】


重く濃い58分だった。
いくら語っても語りつくせないような。

続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード