映画 ゲゲゲの女房

「ゲゲゲの女房」 (2010)
gege04.jpg

「ゲゲゲの鬼太郎」などで日本を代表する漫画家・水木しげるを、妻として支えてきた布枝夫人の自伝を映画化。お見合いをして5日後に結婚した水木しげると布枝夫人が、貧乏時代を経て、人気漫画家となるまでの半生がつづられる。


文子サマ祭りの途中ですが、ちょっこし休憩。(祭りはまだまだ続く・・・)

今年もっとも国民に愛されたTVドラマ <ゲゲゲの女房>、その余勢をかって映画版がいよいよ公開。
11月20日の公開に先駆けて、試写に行ってキタ。

@よみうりホール
(イケメンが出ないせいか、席には若干余裕あり・・・)

実際は映画の方が先行していて、撮影はドラマが始まる前に終っていたらしい。(←クドカンが言ってた)



続きを読む

家庭の事情

「家庭の事情」
(1962/大映)



三沢は退職金を4人の娘に分け与えることにしたが…。
新藤=吉村の名コンビによるホームドラマ。大映東京の女優、男優陣が集った華やかな雰囲気が楽しめる。


≪きらめく女優たち1 みつめていたい! 若尾文子≫ その2 @神保町シアター


<細雪>みたいな姉妹モノ、ダイスキなのよね。
安心して楽しめる 巨匠 吉村公三郎作品ということでこれをチョイス!

神保町シアター、毎度のことながら観客の・・・年齢層が高い・・・。
ほとんどの人がシニア料金で入っていると思われ。
考えようによっては、こういうシニア世代が見たいと思う新作映画が少ないのではないか。
このあたりの邦画は、ただノスタルジアで見るのではなく、優れた作品が多いのは確かだもの。


続きを読む

夜の罠

「夜の罠」
(1967/大映東京)



katei11.jpg


夫(高橋昌也)の殺人容疑を晴らすべく、藍子(若尾)は単身、真犯人を探して危険の渦中に飛び込む。
ミステリマニアとして知られる若尾文子が熱演するサスペンス映画の佳作。
 


≪きらめく女優たち1 みつめていたい! 若尾文子≫ その1 @神保町シアター


しばらくご無沙汰していた神保町シアター、10月は文子サマ祭と聞きいそいそと行ってキタ。

文子サマ祭り第1弾は、ドキドキのサスペンス!
(原作はコーネル・ウールリッチ <黒い天使>)

平日昼間だというのに早々にチケット完売でっす!
評論家 佐高信さんも来てました。



続きを読む

のろいの館 (赤んぼう少女)

「のろいの館」 (赤んぼう少女) 楳図かずお

tamami03.jpg

「赤んぼう少女」として、<週刊少女フレンド> に連載。
単行本化にあたり、「のろいの館」と改題。

またまた物置から発掘。
チロ所蔵の一冊は :
秋田書店 サンデーコミックス、昭和44年初版、47年10刷。
当時の値段は240円、まだ消費税導入されておらず。
表紙右上は、セロテープで補修の痕。

この辺の楳図作品は大体雑誌で読んでいたはず。
そうそう、<少女フレンド> 読んでました、そういえば。
「おろち」は、<週刊少年サンデー> 連載か。
この辺で、少女漫画から少年漫画へとシフトしたんだな、チロの漫画変遷史としては。
(サンデー以降は、マガジン、チャンピオンと少年誌を渡り歩くのだった・・・)



続きを読む

赤んぼ少女

「赤んぼ少女」(2007)

tamami01.jpg


【 楳図かずお的ジャパニーズ・ホラー その2 】

監督:山口雄大


続きを読む

漫画 おろち

漫画 「おろち」 楳図かずお

おろち (Volume 1) (小学館叢書)おろち (Volume 1) (小学館叢書)
(1991/09)
楳図 かずお

商品詳細を見る


不思議な魔力をもち、時を超えて存在する少女・おろち。密かに一定の人物の人生を追い、陰から助けることもあれば冷静に観察し続けることも…。そして、その人物の周辺には必ずや悲劇が待ち受けている。おろちの右手に巻かれた包帯にはどんな秘密が…

映画版 <おろち> を観て、原作が無性に読みたくなった。
物置を探索したら、あった!

1991年発行の作品集。
これ、楳図先生の作品集なのに、なぜイラストレーター 峰岸達が表紙イラストなのか当時から理解不能だった。
そう思わなくて?

続きを読む

映画 おろち

映画 「おろち」 (2008)

おろち [DVD]おろち [DVD]
(2009/03/21)
木村佳乃中越典子

商品詳細を見る


楳図かずおの同名漫画を、『リング』の高橋洋脚本、『予言』の鶴田法男監督で映画化。
人智を超えた不思議な力を持つ美少女・おろちの目を通し、不吉な宿命を背負った美人姉妹が抱く「美」への執着を描く。木村佳乃、中越典子、谷村美月が共演。


【 楳図かずお的ジャパニーズ・ホラー その1 】


最近は、「ジャパニーズ・ホラー」 というジャンルがあるそうで。
日ごろあまり縁がないんだけど、楳図かずお作品の映画化ということで、ちょっくら見てみた。


続きを読む

ライン・オブ・ビューティ~愛と欲望の境界線

「ライン・オブ・ビューティ~愛と欲望の境界線」
(2006/UK/The Line of Beauty)


Line of Beauty [DVD] [Import]Line of Beauty [DVD] [Import]
(2006/10/17)
Dan StevensTim McInnerny

商品詳細を見る


同性愛をモチーフにして2004年、史上初めて英国文学界の権威・ブッカー賞を受賞したアラン・ホリングハーストの小説“The Line of Beauty”を、英国BBCで06年にTVドラマ化した。
サッチャーを首相とする保守党政権下の80年代、英国の上流社会を背景に、ゲイの青年たちが織りなす退廃的なライフスタイルや、彼らが遭遇する抑圧および権力への野望、そしてエイズがもたらす悲劇の物語。



わが家のオンボロDVDがとうとうぶっこわれた。
中には録画した映画 : 未見のもの、残しておきたいものがいろいろ入っていた。
しかし、壊れちゃったらこりゃしゃあないわな、というキモチだった。
ただひとつ、心残りはこの作品。
途中まで見ていたし、日本DVD未発売なので。

新しいのをソッコー買いに行き、家に帰ったら・・・、なんと直ってた。
マジっすか・・・。
でももう下取り扱いにしちゃったから、あとで電気屋さんに持って行かなくちゃいけないの。
その前に見ちゃおう!
BBC製作の三話完結TVドラマミニシリーズです。



続きを読む

誇り高きデザイン 鍋島

「誇り高きデザイン 鍋島」

nabe01.jpg


チロにとって、「鍋島」 と聞いただけではあはあしてしまうのだが(なんでぇ~?)、マダムたもたもが、
「鍋島展のチケットがあるんだけど、いかがかしら」
と誘ってくれました。

@サントリー美術館

その前に、なぜかマダムたもたもは、「ラ・ロシェル」(鉄人坂井シェフの店)のお食事券もお持ちで、季節のコースをごちそうになりました。
先日の大相撲観戦から続く、チロのごっつあん人生。恐縮です。


続きを読む

チロと桂治さんの Xデイ

先日夜 mixi を見ていましたら、mixiコミュで、鈴木桂治さんのサイン会の情報が!!

え、明日っすか!? マジ!? 絶対行きたい!

まだ整理券はあるのかなあ。

翌日10時になるのをじりじりと待って、書店に電話。
予約オッケー! 
満を持して行ってキタ!

@三省堂書店 神保町本店

keiji05.jpg




続きを読む

眺めのいい部屋

「眺めのいい部屋」
(1985/A ROOM WITH A VIEW)


aroom03.jpg


ジェームズ・アイヴォリー監督が、E・M・フォスターの原作を映画化したラブロマンス。
20世紀初頭のイギリス。良家の令嬢・ルーシーは、旅先のフィレンツェで知り合った労働者階級の青年・ジョージに強く惹かれていくのだが…。


[ 午前十時の映画祭 その4 ]


先に朝10で見ていた アンソニーちゃん宅 で、ムダに長い水浴びシーン(無修正)ありと聞き、うーむ、記憶にない・・・気になる・・・やっぱりもう一度見るべ!と行ってキタ。

これ、大好きな作品  なんだも~ん。
(だったら覚えてろっつーの)


続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード