ソーシャル・ネットワーク

「ソーシャル・ネットワーク」
(2010/THE SOCIAL NETWORK)


social02.jpg


世界最大のSNS、フェイスブック誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。ハーバード大学在学中にフェイスブックを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていくさまを映し出す。



マーク・ザッカ―バーグという人にもさほど興味ないし、青臭い若者ばかり出るし、完全スルーしていたら、先日発表されたゴールデングローブ賞で、主要四部門を受賞したではないか!?
→ 作品・監督・脚本・作曲賞
とーぜん、オスカー最有力と思われ、急遽見にいってキタ。

@新宿ピカデリー

久しぶりの新宿ピカデリー、シアター1というのは初めて。
デカい! こんなにデカいキャパのとこも久しぶりだ。→ 580席
(常日頃マイナー映画ばかり見ているもんで)



続きを読む

ワイルド・サイド

「ワイルド・サイド」
(2004/フランス+ベルギー+UK/WILD SIDE)


wild04.jpg


ロシアからの不法移民ミハイル(E・ミキティヌ)、性転換した街娼ステファニー(S・ミシュリニ)、マグレブ人のジャメル(Y・ベルマディ)――社会的弱者の三人が、固い絆を築いてゆく。
ベルリン国際映画祭で、最も優秀なゲイ映画に贈られるテディ賞を受賞。


【現代フランス映画の肖像/ユニフランス寄贈フィルム・コレクションより】 
 その2 @京橋フィルムセンター 


この特集上映のプログラム、ざっくりとチェックしたはずが、<愉快なフェリクス> 以外にもうひとつゲイ映画があったのだった。(アンソニーちんが教えてくれました)
しかもベルリン国際映画祭テディ賞受賞作だし(←権威に弱い人

海外版DVDでこの作品を既に観ていたアンソニーちんから 「暗いよ~」 と言われていたので、覚悟して見ることができました。(実際はそれほど暗くないですよ!)


続きを読む

愉快なフェリックス

[愉快なフェリックス]
(1999/FRANCE/Drole de Felix)


felix02_20110116205638.jpg



同性愛者のフェリックス(S・ブアジラ)は、まだ見ぬ父親を探し求めて、ヒッチハイクの旅に出る。様々な出逢いが待ち受けるユーモアあふれるロードムービー。
ベルリン国際映画祭審査員賞を受賞。


【現代フランス映画の肖像/ユニフランス寄贈フィルム・コレクションより】 
 その1 @京橋フィルムセンター
 

フランス映画の海外普及を促進する機関 「ユニフランス」 から、「フランス映画祭」で上映された日本で未配給の作品がフィルムセンターに寄贈された。、その中から1992~2005年製作の54作品が上映される企画。

先の記事 でお知らせした通り、2003年東京国際レズビアン&ゲイ映画祭上映作品をリピート鑑賞。
アンソニーちんを誘って行ってキタ。

【第12回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2003)上映作品】


続きを読む

しあわせの雨傘

「しあわせの雨傘」
(2010/FRANCE/POTICHE)


potiche01.jpg


ブルジョワ主婦のスザンヌは、雨傘工場を経営する亭主関白な夫ロベールと優雅で退屈な毎日をおくっていた。ある日、心臓発作で倒れたロベールに代わり、スザンヌが工場の運営を任されてしまう。彼女は主婦ならではの感性で、傾きかけていた工場を見事に立て直すが……。

今年の劇場映画一発目は、フランソワ・オゾン新作のこれ!

@ TOHOシネマズシャンテ

正月をはさんで12月・1月にオゾン作品が公開された。
12月公開の <Ricky> あっちゅーまに公開終了しちまって見逃した!
暮れの忙しい時期に公開するのはやめて欲しいなあ。
(するなら年明けまでやっててよ)

続きを読む

新春浅草歌舞伎2011

「新春浅草歌舞伎2011」


今年も、恒例 <新春浅草歌舞伎> です。

第二部 15:00 @浅草公会堂

今年はお馴染みのメンバーが減り四人に。
春猿などが客演しています。


kabuki07.jpg



続きを読む

約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語

「約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語 」
(2009/ニュージーランド+仏/THE VINTER'S LUCK)


budo02.jpg


19世紀のフランス。農夫のソブランは、村娘のセレストと恋に落ち結婚する。野心家の彼は、銘醸地ブルゴーニュで至高のワインを造るべく葡萄の育成に精魂を傾ける日々。ある晩、白い羽根を持つザスと出逢い、彼の苗木を譲り受け、ワイン造りの奥義を伝授され……。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


2011年一発目の記事は、昨年末に観た作品です。あしからず。



@渋谷 Bunkamura ル・シネマ

↑ しかしいつも言うけど、ル・シネマは観客の年齢層が高いね。


続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード