「鍵」
(1957/大映東京)

鍵 [DVD]鍵 [DVD]
(2007/09/28)
中村鴈治郎(二代目).京マチ子.仲代達矢.叶順子

商品詳細を見る


(「キネマ旬報社」データベースより)
谷崎潤一郎が晩年に発表した同名小説を市川崑監督が映画化。封建的な家庭に育った貞操観念の強い妻と、初老を迎えた大学教授の夫。妻の性欲を満たすことができない夫は、若い男を妻に近づけることで、自らの衰える性欲を掻き立てようとするが…。


<文豪と女優とエロスの風景> その6 on DVD

神保町シアターで上映されておりましたが、以前一度見たのでDVDにてリピート鑑賞。

この作品が <文豪と女優とエロスの風景> の最後になります。

===
使えないと思っていた地元のTSU○AYA、邦画に関しては意外に充実していたと最近わかった。
邦画はちゃんと 「監督別」 になっていてすごく分かりやすいです。
(市川昆・増村保造のINDEXももちろんあるよ)
だったら洋画も 「監督別」 にして欲しいものです。
→ と言ったら、「以前そうやったら、 『探しづらい』 と苦情が出てやめた」と言う。
要するにこの辺は、監督で映画を見る人はいないんですと言いたいらしい。
(チロ、怒りのレンタルDVDシリーズ その3)



続きを読む

砂糖菓子が壊れるとき

「砂糖菓子が壊れるとき」
(1967/大映/When the Cookie Crumbles)


千坂京子は肉体派女優というレッテルのもとにスターの座を得た女だった。その派手な男性遍歴の経験からも、私生活と銀幕から与える京子のイメージは肉体派にふさわしいものと思われていたが・・・。


<文豪と女優とエロスの風景> その5 @神保町シアター


<ひめゆりの塔> の巨匠、今井正が、文子サマを主演に迎えた作品。

続きを読む

愛の渇き

「愛の渇き」
(1967/日活)


aikawaki01.jpg


 三島由紀夫の同名小説を蔵原惟繕が映画化。夫を亡くした杉本悦子は、義理の父である弥吉と関係を持つようになっていた。しかし彼女は、使用人である三郎という若い男のたくましさに惹かれていく。そして三郎もまた、そんな悦子に心を揺さぶられていた。女中の美代が三郎の子供を妊娠していることを知った悦子は激しく嫉妬し、ついには堕胎させてしまう。弥吉は農園を売り、その金で悦子と東京へ行く計画を立てていた。


<文豪と女優とエロスの風景> その4 @神保町シアター



三島由紀夫作品を、蔵原惟繕 × ルリ子 の <憎いあンちくしょう> コンビで映画化!!

憎いあンちくしょう [DVD]憎いあンちくしょう [DVD]
(2003/07/17)
石原裕次郎、浅丘ルリ子 他

商品詳細を見る


続きを読む

モニカ・ベルッチの 恋愛マニュアル

「モニカ・ベルッチの 恋愛マニュアル」
(2007/ITALY/MANUALE D'AMORE 2 (CAPITOLI SUCCESSIVI))


manu01.jpg

毎年ゴールデンウイーク恒例行事、「イタリア映画祭」 のプログラムが発表された。
で、こんな作品をUPしてみた。

アンソニーちんから、ゲイカップルが出て来るよ、と教えてもらっててやっと見た。


今年のイタリア映画祭は、オープンリーゲイのフェルザン・オズベテク監督(<対角に土星>)の新作 <アルデンテな男たち> が上映されま~~す!!

===
このDVDは、前に地元のTSU○AYAで棚にみつからないので検索してもらったら、「うちにはないですね」と言われたものです。
家に帰ってオンライン在庫検索したらちゃんとあったし。
今回のおにーちゃんはちゃんと検索してくれました。
(チロ、怒りのレンタルDVDシリーズ その2)

続きを読む

ラスト・ゲーム

「ラスト・ゲーム」
(1998/He Got Game)


game02.jpg


 スパイク・リーとD・ワシントンが「マルコムX」以来6年ぶりに組んだヒューマンドラマで、バスケットボールを通じて親子が絆を取り戻す姿を描く。
ジーザスは才能あるバスケットボール選手で、高校の卒業を控えて大学へ行くか、NBAに入団するか悩んでいた。そんな彼の前に、父親ジェイクが現われる。ジェイクは、母を死なせた罪で刑務所に入っていたが、一週間の期限で出所してきたのだった。ジーザスは激しく反発するが……。


2011年2月10日 米プロバスケットボールNBAで、セルティックスのレイ・アレンがレジー・ミラーの2560本の記録を抜き、3点シュート成功回数のNBA記録を2562に更新した。

ボストン・セルティックス レイ・アレン様がスパイク・リー作品に出演していた!
記録達成記念に見てみたよ~~

===
これ、地元のTSU○AYAでは、「ヒューマンドラマ」のカテゴリーにあった。
バスケの映画だから 「スポーツドラマ」の棚を探したらとーぜんなく。
確かに見てみたら、「ヒューマンドラマ」と言えなくもないが・・・。
つーかこの不可思議なカテゴリー分けこそ無意味。絶対探せないって。
「シリアスドラマ」の棚、<ベニスに死す>のとなりに、<マイケル・ムーアの華氏911>。 あり?
何を以って「シリアスドラマ」というのか??
これは本社の方針だそうでございますよ。


続きを読む

妻は告白する

「妻は告白する」
(1961/大映)

妻は告白する [DVD]妻は告白する [DVD]
(2004/11/26)
若尾文子川口浩

商品詳細を見る


北穂高山麓を登るパーティのひとりである大学助教授・滝川(小沢栄太郎)が墜落死。そのザイルを切ったのは妻の彩子(若尾文子)。同じくザイルに繋がれていた彼女の愛人・幸田(川口浩)の命を救うためであった。やがて殺意の有無を問う裁判が始まるが、その中で彩子は…。


コワい! すごくコワい!! 

そしてとても哀しい・・・。



続きを読む

青空娘

「青空娘」
(1957/大映/A Cheerful Girl)


青空娘 [DVD]青空娘 [DVD]
(2006/10/27)
若尾文子、菅原謙二 他

商品詳細を見る


増村保造監督と若尾文子が初めてタッグを組んだ青春ドラマ。いつも明るい“青空娘”こと小野有子は、祖母の死により彼女を憎む継母の下に引き取られることになるが、決してくじけず、明るく強く生きていく。

まだ落ち着かない日が続いていますが、他愛ない記事でもブログにUPして、元の日常に戻ろうと思います。

そんな今に ぴったり! と思うこの作品。



続きを読む

映画 眠れる美女(ドイツ版)

「眠れる美女」
(2005/ドイツ/Das Haus Der Schlafenden Schonen/
House of the Sleeping Beauties)


sleeping01.jpg


文豪、川端康成の傑作『眠れる美女』を、俳優として活躍するほか、監督としてもカンヌ映画祭で受賞経験を持つバディム・グロワナ監督が映画化。眠っている若い娘と添い寝することの出来る秘密の家を舞台に、退廃的であるがゆえに官能性のある物語が展開する。日本を舞台に綴られた傑作が、ドイツでどのように映画化されたのか期待は尽きない。


数年前にカワバタの原作を読もうとしたのは、この作品が封切られたからなのだった。
当時前売りも買ったのに見そびれてしまった。
今回DVDにてやっと見ることが出来ました。

さて、ドイツ人監督 ヴァディム・グロウナ は、どう料理しているのかしら?
ちょうど原作を読み終わったところだったので、原作と比較しながら見てみた。


続きを読む

小説 眠れる美女

「眠れる美女」 川端康成

眠れる美女 (新潮文庫)眠れる美女 (新潮文庫)
(1967/11)
川端 康成

商品詳細を見る


(「BOOK」データベースより)
波の音高い海辺の宿は、すでに男ではなくなった老人たちのための逸楽の館であった。真紅のビロードのカーテンをめぐらせた一室に、前後不覚に眠らされた裸形の若い女―その傍らで一夜を過す老人の眠は、みずみずしい娘の肉体を透して、訪れつつある死の相を凝視している。熟れすぎた果実の腐臭に似た芳香を放つデカダンス文学の名作『眠れる美女』のほか二編。


数年前、あるきっかけで購入、数十頁読んだところで放置プレイ・・・。
今回やっと読み終わることが出来て良かったッス。

新潮文庫版のカバーは、平山郁夫。

続きを読む

映画 眠れる美女(日本版)

「眠れる美女」(1968)

川端康成最晩年の小説の映画化。眠ったまま目覚めない少女に魅了される老作家江口(田村)の性と生への執着をねっとりした筆致で描き、異様な世界を構築している。


<文豪と女優とエロスの風景> その3 @神保町シアター


へえ~ 吉村公三郎がこんな作品を撮っていたのか・・・。
薬で眠っている若い娘と一夜を明かせる宿・・・という独特のエロチシズム溢れる物語、巨匠がどう料理するのか?




続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド

で、アカデミー賞受賞記念ということで、意外に健闘したこの作品をUPすることに。
昨年観たまま放置していたことを思い出した・・・(汗)

「美術賞」 「衣装デザイン賞」 2部門受賞


@新宿ピカデリー (昨年7月に観たのよね)

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
(2010/08/04)
ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ 他

商品詳細を見る



続きを読む

第83回アカデミー賞 2011

第83回アカデミー賞授賞式が2月27日にロサンゼルスのコダックシアターにて開かれ、各賞が発表された。
今年は「英国王のスピーチ」が作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞と主要4部門を獲得した。



<文豪と女優とエロスの風景> 祭りの途中ですが、ちょっと休憩。(祭りはまだ続く)

今年のアカデミー賞は、例年になく番狂わせがない順当なものだった。
唯一の番狂わせと言えば、監督賞も <英国王のスピーチ> トム・フーパーが取ったことか。
アカデミーは、新参者には取らせない、というのが通説なのに。
これも <英国王のスピーチ> に勢いがあったということなんだろう。


oscar201101.jpg

べいるん、よかったね~ ハゲの為に髪の毛抜いて、歯並びまで変え、減量した甲斐がありました。
ナタリー・ポートマンの妊婦ドレスもステキだった☆
メリッサ・レオが役の顔と授賞式の顔が別人だったのにびっくら!(さすが女優)
コリン、おめでとう! 



続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード