最高殊勲夫人

「最高殊勲夫人」
(1959/大映/The Most Valuable Madam)



最高殊勲夫人 [DVD]最高殊勲夫人 [DVD]
(2006/10/27)
若尾文子、川口浩 他

商品詳細を見る


三原商事の三男・三郎との結婚話を勝手に進められていることを知った野々宮家の三女・杏子は、腹に据えかねて「断然結婚しない」と宣言するが…。


<青空娘> に続く、増村保造×文子サマコンビが贈る、源氏鶏太原作映画化作品。

今、朝の連ドラに出演している文子サマ、二十代の文子サマをこうしてDVDで観るとまた感慨深いものがある。




続きを読む

アイ・アム・ナンバー4

「アイ・アム・ナンバー4」
(2010/I AM NUMBER FOUR)


iam03.jpg


高校生のジョン・スミスは、自身の超人的なパワーを隠すため謎に満ちた孤独な生活を送っていた。だがジョンと同じ境遇にいた3人が殺害され、恐怖の魔の手は4人目となるジョンの元へと近づいてくる。そしてその危機に直面したとき、ジョンは驚くべき自分の運命と向き合うことになる――。


噂の美青年 アレックス・ぺティファーを見に行ってキタ。

@TOHOシネマズ有楽座

数寄屋橋ニュートーキョーの3F、ここTOHOシネマズになってから初めて来た。
あやうく日比谷の方に行くとこだった。
有楽座って昔は今の日比谷シャンテあたりあったに大きな劇場だった。
<ポセイドン・アドベンチャー> とか観たな。




続きを読む

AQFFセレクション ~キム=ジョ・グァンスプログラム

「AQFFセレクション ~キム=ジョ・グァンスプログラム」

kimjo01.jpg


昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で見た短編 <ただの友達?> がとってもおもしろかったので、この監督の他作品も見てみたいと思っていた。

アジアン・クイア映画祭、<AQFFセレクション> は、その キム=ジョ・グァンス のプログラムです。

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】


続きを読む

チョンノの奇跡

「チョンノの奇跡」
(2010/韓国/Miracle on Jongno Street)


jongno01.jpg

ソウルに住む四人のゲイをカメラが追う、韓国初のゲイドキュメンタリ長編作品。

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】

<後悔なんてしない> の役者の体当たり演技や、ゲイのカップルを軽々と描いた <ただの友達?> (昨年の TokyoLGFF短編) を見て、韓国のゲイを取り巻く実情はいかがなものなのか?と常々思っていた。

その答えの一つがこのドキュメンタリにあった。

続きを読む

無声風鈴

「無声風鈴」
(2009/香港+スイス/無声風鈴/SOUNDLESS WIND CHIME)


soundless03.jpg

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】

第59回ベルリン国際映画祭テディ賞の最優秀長編賞にノミネートされ、各国で高い評価を獲得した『無声風鈴』がついに日本初上陸!
急死した恋人の迷える魂と過去を巡る、ある青年の詩的な旅の物語。


この作品が、今年の映画祭一番の目玉と思われ。
話題作なのは確か。

続きを読む

短篇集B ~僕の想いは・・・

「短篇集B ~僕の想いは・・・」

shortB04.jpg
<アニバーサリー>


今年のこの映画祭、とにかく短編集が多かった。
短編集だけで5つ。ショートフィルム流行り?

この作品集は、バラエティに富んだラインナップで、しかもレベルが高かった。
とても満足。

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】


続きを読む

短篇集A ~君がいるから

「短篇集A ~君がいるから」

shortA01.jpg


2年に一度開催される 「アジアン・クイア映画祭」、今年は前回の40席というキャパからぐっと拡大、シネマート六本木での上映です。
当初は5月に開催予定だったもの。震災の影響で延期、7月開催となりました。

1st ラウンドは、7月8日~10日、
2nd ラウンドは今週末、15日~17日なので、興味のある方はぜひどうぞ。

【第3回 アジアン・クイア映画祭(2011)上映作品】




続きを読む

Ricky

「Ricky」
(2009/フランス+イタリア/Ricky)


ricky01.jpg

 「8人の女たち」「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督が、翼の生えた赤ちゃんの誕生に右往左往するある家族の姿を、ファンタジックな設定にリアルな心情描写を重ね合わせて描き出していく感動の家族ドラマ。

昨年末公開され、年末のあわただしさに見逃した作品。
どこかでやらないかとギロギロと狙っていたところ、ギンレイでやってくれた! BRAVO!
<8人の女たち>のようなビッグスターを使った華やかな作品を撮る一方で、こういうじみ~な作品も撮れるところがオゾンの強みだよな。

@飯田橋ギンレイホール

久々に行ったギンレイ、名画座も今や入場方法にルールがあった。
上映のラスト30分前は入場禁止(クライマックスに人の出入りがあると落ち着かないから)
入場者は並んで上映終了を待つ。
出場者が出終わってスタッフの指示により入場する。
たしかに昔は無秩序だったよな。最近はシニアも多いので混乱がなくていいね。


続きを読む

京番茶

京番茶って飲んだことがありますか?

先日、日本橋の京料理屋に行った時のこと。

出されたお茶が、今まで飲んだことのないものだった。

bancha01.jpg



続きを読む

おばさん未満

「おばさん未満」 酒井順子

おばさん未満 (集英社文庫)おばさん未満 (集英社文庫)
(2011/03/18)
酒井 順子

商品詳細を見る


いつまで若者? いつからおばさん?
まだまだ若いつもりでいたけれど、気づけば老化の兆しがあちこちに! 髪、声、腹、服などなど、40代からの女性の変化に鋭くつっこみ、「痛くない」年のとり方を明るく提案するエッセイ集。


日頃、エッセイ本はまず読まない。

名著 <負け犬の遠吠え> :酒井順子の新刊ということでひとつ。

負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)
(2006/10/14)
酒井 順子

商品詳細を見る




続きを読む

PageTop

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード