追憶と、踊りながら

【追憶と、踊りながら 】
(2014/UK/LILTING)


lilting01.jpg


ベン・ウィショーがゲイの青年を演じる。
だけどちょっと変わったストーリー。

@新宿武蔵野館

↑最近チロルはご無沙汰だったけど、ここ、攻めてるラインナップだよね。
  アジア系やミニシアター系、B級 とバラエティ豊か。


介護ホームで暮らすカンボジア系中国人の女性ジュンは、息子のカイが面会に来てくれる時間だけを楽しみに毎日を過ごしていた。ジュンはカイの友人リチャードを毛嫌いしていたが、リチャードはジュンのことをいつも気にかけている。ある日、リチャードは英語が話せないジュンのために通訳を雇うが……。

lilting02.jpg


ジュンは自分をホームに入れた息子を恨み、自分が息子と一緒に住めないのはリチャードのせいと彼を嫌っていた。
リチャードはカイに、「ママにカミングアウトして三人で住もう」と言っていたが、カイは言い出せずにいた。
やっと決心しカムアウトする為ママを迎えに行こうとしてバス事故にあったのだ。

はあ~せつないです・・・

ジュンは英国に長く暮らしながら英語がしゃべれない。
リチャードは通訳としてヴァンを雇う。
彼女はかんじがよくて、ジュンやリチャードに親身になる。

lilting04.jpg


ジュンと関わる内にカイとの思い出がよみがえり、リチャードは何度も涙ぐむ。
泣いてるベン・ウィショーがたまらんたまらん。

lilting3.jpg


自分を嫌うジュンのことなどほおっておいてもいいのに、リチャード えらいよな。
と思っていたら、話が進むにつれ 「ほんとは来たくなんてない!」とジュンに感情をぶつける。
ジュンもそんな彼を次第に受け入れるようになる。

カイはカミングアウトを躊躇していたけど、ジュンは息子たちの関係をわかっていて、息子を取られたような気持ち、息子がゲイであることを認めたくない気持ちでリチャードを嫌っていたんだよな。

ホームでのジュンのボーイフレンド、アラン。ジュンとアランは共通の言語を持たない。最初は仲良くしていたが、皮肉なことにヴァンを介することで亀裂が入る。価値観も文化も違うことが明確になってしまう。

それでも人は互いに理解し共生して行くことが出来るはず。
イギリスは中国系の移民も多い。ジュンのような人はきっとたくさんいるのよね。
しじみじとした映画でした。

===
ホン・カウ監督はカンボジア出身。ジュンを自身の母と重ね合わせた。オープンリーゲイ。
↓ジュンの時と別人!やっぱ女優さんってゴイス!

lilting07.jpg


ジュンを演じたチェン・ペイペイは、1963年にショウブラザース入り。「武侠映画の女王」と言われた。’70年にアメリカに渡り結婚。

lilting06.jpg

テレンスママ ジェニー・フーとは一歳違い。ショウブラザースの絆か、アメリカで家族ぐるみのつき合いがあるようです。(クララちゃん情報)
チェン・ペイペイの娘とテレンスの貴重なツーショット!(多謝)
テレンス、ハンサム! お嬢(マーシャ) チャーミング~☆

lilting05.jpg



バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) PageTopジェネックス・コップ

Comment

写真がお役に立てて何よりです。

ここシチリア島の(嘘)映画館では最後のジュンの長い台詞にすすり泣く声が随所から聴こえました。

いい感じだったおじいちゃんと言葉が介入した事によって亀裂が入るところ、本当、言葉って何なんだろうって思いました。言葉が解らなくても肝心な事はジュンは解っていたし、最後の長い台詞というか告白も中国語だったけどリチャードには伝わっていたし…。

ジュンが頑なに英語を覚えなかったのもなんかカンボジアから英国に来ざるを得なかった背景を考えるとなんかなんか納得してしまいますよね。けして怠惰だった訳ではなく。


めっちゃドメスティックな環境にクララは生まれ育ったので移民とかミックスカルチャーに憧れにも近い興味を持っているんですが(香港が好きなのもそれです。テレンス一家に憧れるのもそうです。)背景には色々あるよなー、と改めて思いました。

ミックスカルチャーの恋愛ものとかはそこそこあるけど、普通のをふかーくふかーくして100歩くらい先に行った作品でした。

マーシャちゃんと上の写真のペイペイさんがまじでいっしょですね!

あ、テレンスがHKTVがドラマ作らないって発表した後に、weiboで「パパにあいたいな〜!今も自分の体や魂にパパは生きてる!」っていうつぶやきをしててちょっと心配になりました。

■クララちゃん

> いい感じだったおじいちゃんと言葉が介入した事によって亀裂が入るところ、本当、言葉って何なんだろうって思いました。言葉が解らなくても肝心な事はジュンは解っていたし、最後の長い台詞というか告白も中国語だったけどリチャードには伝わっていたし…。

「言葉」にまつわるアランとの関係は寓意的ですよね。
かといって通じなくていいかというと、それはやっぱり困る(笑)

> ジュンが頑なに英語を覚えなかったのもなんかカンボジアから英国に来ざるを得なかった背景を考えるとなんかなんか納得してしまいますよね。けして怠惰だった訳ではなく。

そうか。そうだね。カンボジアからの移民の人というのはまた特別な背景があるね。
監督はそこのとこをきっちり描いておきたかったんだよね。
チロル、いろいろとぼやっと見てました。
クララちゃんにコメントもらって改めて考えさせられました。ありがとう。

> めっちゃドメスティックな環境にクララは生まれ育ったので移民とかミックスカルチャーに憧れにも近い興味を持っているんですが(香港が好きなのもそれです。テレンス一家に憧れるのもそうです。)背景には色々あるよなー、と改めて思いました。

たしかに、ミックスカルチャーって興味深いです。
この作品ってやっぱりヨーロッパ的だよね。アメリカの人種のるつぼ的なのとは違う。

> マーシャちゃんと上の写真のペイペイさんがまじでいっしょですね!

DNAってすごいな~と思いました(笑)
チェン・ペイペイの渡米してからの半生ってのもすごいエネルギー!(「別冊太陽」情報)
結婚してこども産んで、さらにいろんなことやって極めちゃうんだな。平伏。

> あ、テレンスがHKTVがドラマ作らないって発表した後に、weiboで「パパにあいたいな〜!今も自分の体や魂にパパは生きてる!」っていうつぶやきをしててちょっと心配になりました。
え、そうなの?最近お兄ちゃんがインスタにUPした、赤ちゃん(兄)を抱いたパパの写真がテレンスにクリソツ。
パパってやっぱりハンサムだなあと思った。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード