イート・ウィズ・ミー

【イート・ウィズ・ミー】
(2014/USA/Eat With Me)


eatwme02.jpg


【第24回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2015)上映作品】

スパイラルホール初日2作目。
オープニングイベントはこれまで上映会場にドラァグ・クイーンのみなさんが登場するというスタイルだったが、今年は幕間のホワイエにブルボンヌさんが登場!
お客さんは、”フレシネ” を手に、カンペ~!!
時間のロスもなく、このスタイル、いいんじゃないかなあ。

2作目は、ハートフルコメディです。


夫に失望した主婦エマは家を飛び出し、息子エリオットのアパートに転がり込む。
エリオットが経営しているチャイニーズレストランは閑古鳥の鳴くしょぼい店。
経営不振で家のローンは滞納が続く。

店と同様エリオットのラブライフも悲惨。
まじめな恋愛をしたことがなく、いつもその場限りのラブアフェア。
それでも「いつかは本気のラブがしたい!」とは願っているのだが・・・。

いやいやいや、エリオットの店はひどいね。
プロのシェフ、エリオットよりママの作るごはんの方がずっとていねいでうまそう!ってまずいでしょ!?
しかも、「ギョーザっておいしいね。作ってみたい!」
中華のシェフが今ごろ言うか!?
とツッコミドコロ満載。

それは置いといて、
エマは隣人モウリーンと仲良くなる。モウリーンは思い切り自由な人。彼女を通じてエマは違う価値観があることを知る。
エマがヨガを習ったり、ドラッグを体験したりするくだりが笑える~~

eatwme06 (3)


この物語の主役は、エリオットではなくてエマなんだよね。
エマはまじめでちょっと潔癖症。
すでにエリオットはカミングアウトしていたけれど、エマは拒絶はしないが、受け入れることも出来なかった。
エリオットの中途半端なラブライフは、この辺りに原因があるのかも。
母親に受け入れられない=自己を肯定できないから前向きな恋愛が出来ないのでは?

ある朝、エリオットの新しいカレシがお泊りしている場面に遭遇、エマはたまらず家を飛び出してしまう(またかい?!)

eatwme03.jpg


息子がゲイであることが自分の中でうまく消化できない。
混乱するエマの隣りにたまたま座ったのが、ジョージ・タケイ!

自分の悩みをタケイに打ち明ける。
「つらいこともあったけれど、今の自分は幸せ」というタケイに、エマの心はふっ切れる。

eatwme01.jpg


母と息子は絆を取り戻す。
エリオットはエマに習った餃子で店の再生を図る。
店は繁盛、カレシとラブラブ☆ 
エマは忙しく店を手伝い夫との関係も修復。めでたし、めでたし。

主役エマを演じたシャロン・オウミ。夫役のケン・ナラサキとは実生活でも夫婦。
チャイニーズレストランの話だから、てっきりチャイニーズ系かと思ったら、日系俳優たちだったのね~。

チロル的には、エリオットのワンナイトスタンドの相手がこの映画一番のイケメンで良かったな。

eatwme05.jpg

===
ジョージ・タケイは「スタートレック」シリーズ、Mrスールー役が当たり役。
2005年にカミングアウト、2008年9月に20年来のパートナー ブラッド・アルトマンとLAで結婚。
ジョージ・タケイは今年78歳。長生きはするもんだ。

eatwme04.jpg

夜間飛行PageTopスターライトの伝説

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード