トゥルー・カラーズ ~愛について考えた一年間~

【トゥルー・カラーズ ~愛について考えた一年間~】
(2014/USA/The Year We Thought About Love)


theyear01.png


【第24回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2015)上映作品】

【夜間飛行】 から続けて見た。
韓国とアメリカ、同じ高校生なのに、こんなに違うものなのか!?
監督は、エレン・ブロドスキー。

15歳から22歳までのLGBTの若者が所属するボストンの劇団「トゥルー・カラーズ」。
彼らは日常で経験した出来事を劇にして演じ、自らの過去やセクシュアリティと向き合っている。この年の劇のテーマは「愛」。親との関係、教会のホモフォビア、初恋の相手の死、ボストンマラソン爆弾テロ事件――さまざまな葛藤を乗り越えながら、16人の劇団員はそれぞれの「愛」を模索する。若さのきらめきが詰まった青春ドキュメンタリー。


LGBTの若者たちの劇団(というよりワークショップ?)。
自分の体験したエピソードを出し合い、芝居に仕上げて行く。

レズビアンのコ、ゲイのコ、バイ、トランスジェンダー=LGBT まるっとここにはみんないる。
ここではオープンでいられる。同じ仲間がいる。指導の先生もゲイ。
彼らの公演はどこかの高校でやっていたんだけど、芝居の後、出演者と会場の学生たちでディスカッションがある。
会場からLGBTに関する素朴な疑問が出ておもしろかった。
何より、彼らが「シロウト集団」であることが大きいと思う。
身近な存在であり、お互いの距離が近く、LGBTへの理解が深まったのでは?

最後に若者たちのその後が映る。
MtFのトランスのコ、映画の初めではどっから見ても男の子だったのに、ホルモン治療を始め、髪もロングヘアに。
すっかり女のコになっててびっくら!!
LGBTに理解のある大学(っていうのがあるのね)に進んで毎日楽しい、と言ってた。

信仰心あついのにゲイである為教会から拒絶されていた男のコは、劇団での経験で芝居に目覚め「こどもミュージアム」みたいなとこに就職、パフォーマンスの仕事をしていた。

アメリカではホモフォビアによるヘイトクライムもある一方、こんなに進んだ試みもあるんだね。
劇団の外では、つらいことや悩むことがあるだろうけど、このドキュメンタリにはポジティヴな空気が溢れていた。
【夜間飛行】のヘビーさに打ちのめされた後、これを見てほんとーに救われました。

クセニアPageTop夜間飛行

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード