ロング・グッドバイ

【ロング・グッドバイ】
(1973/THE LONG GOODBYE)


ロング・グッドバイ [DVD]
エリオット・グールド
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-04-17



2014年NHKで放送されたテレビドラマ版「ロンググッドバイ」を今頃見た。
たいそうおもしろかったので、ロバート・アルトマンの映画版を見てミタ。

ロング・グッドバイ DVD-BOX
浅野忠信
ポニーキャニオン
2014-09-17


 レイモンド・チャンドラー原作『長いお別れ』の異色映画化。探偵フィリップ・マーロウがメキシコへと送った友人が自殺した。彼には妻殺しの容疑がかけられていた。一方、別件で行方不明の作家を探し出したマーロウは、彼が死んだ友人夫妻の知り合いだという事を知る。やがて、友人が持ち逃げした金を返せとギャングが現れる……。

原作ははるか昔に読んだ記憶あり。
内容はとんと忘れとるでえ。やべ~



どうやらテレビ版は原作に忠実に作ってあったもよう。
そして、アルトマン版は大幅に脚色されているのね。
まんず舞台を’70年代のLAにしてることで、ノスタルジックなハードボイルド感ゼロ。

冒頭、のんだくれて寝ていたフィリップ・マーロウは夜中の3時に腹をすかせた猫に起こされる。
ごはんを出してやるが、女王様はお気に召さない。

longg02.jpg


しもべのマーロウは、カレー社製キャットフード(女王様のお気に入り)を求めて深夜のスーパーマーケットに車を走らせる。
という導入部はグ~!

longg05.jpg



戻って来ると部屋には友人のテリー・レノックスがいて、メキシコまで送って欲しいと言う。

原作では、テリー・レノックスと知り合って、ギムレットを飲みながら話す内、二人に”友情めいた”ものが芽生えるつうとこがミソなのだが、ここでは旧知の間柄になっている。
そして、テリーはすぐメキシコに行ってしまうので、観客はテリー・レノックスの人となりがわからぬまま話が進む(おまけに、そのテリー・レノックスがかんじわるっ!!)。
腑に落ちないまま見ていると、終盤になって、ああ、この話の展開の為に、テリー・レノックスの設定がああなっていたわけね、とわかる。
→ 映画版は、結末が全く違うものになってる。

サム・エリオットのフィリップ・マーロウはとっても魅力的。
セリフもいちいちジョークが利いてて笑える~~
チロル、サム・エリオットのことけっこー好き☆

↓ ヴィクターの店でギムレット つう設定はスルー
ギムレットっつうキャラじゃないけんね
longg04.jpg


ファム・ファタールなアイリーン(作家の妻)も思い切り’70年代。
これじゃあミステリアスなかんじはしないネ 
→ ニーナ・ヴァン・パラント  コペンハーゲン生まれ

longg03.jpg


のんだくれ作家ロジャー・ウエイド: スタンリー・ヘイドン

longg01.jpg

マーロウを脅すチンピラのボス:マーク・ライデル
本業は監督。「黄昏」や「ローズ」を撮った。

その手下で、アーノルド・シュワルツネッガーがチョイ役出演。
↓なぜかみんなが服を脱ぎ始めるこのシーンも笑っちゃうんだよね。
longg06.jpg


池波正太郎先生は、このアルトマン版「ロンググッドバイ」が気に入ってたそうな。


氷点PageTopミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード