エイゼンシュテイン・イン・グアナファト

「エイゼンシュテイン・イン・グアナファト」
(2014/オランダ・メキシコ・フィンランド・ベルギー/Eisenstein in Guanajuato)


eis01.jpg

[ ラテンビート映画祭 2015] その1  @新宿バルト9

今年もラテンビート映画祭に行ってキタ。
今回の目玉は、ピーター・グリナウェイの新作!



『戦艦ポチョムキン』でモンタージュ理論を確立したロシアの映画監督セルゲイ・M・エイゼンシュテインは、ドキュメンタリー映画『メキシコ万歳』の撮影のため、メキシコのグアナファトを訪れる。彼は映画の撮影をよそに、ガイドのパルミーノとの愛とSEXに溺れていく…。


なんだかスゴい映画だった・・・。
”あの”エイゼンシュテインがメキシコで過ごした10日間をグリナウェイが撮る。
映画ファンならそそられる内容よね。
でもでも、見てみたら、「びっくりポン!」よ!

冒頭で簡単な人物紹介がある。
画面はスプリットスクリーンで三分割され、真ん中に俳優、左右に実際のエイゼンシュテインの顔が映し出される。

へえ~エイゼンシュテインってこんな顔だったんだあ。
「戦艦ポチョムキン」の乳母車階段落ちシーンは知っていても、エイゼンシュテインの顔ってあんまり知らないよね。
(以降もこのスプリットスクリーンは多用される)

eis03.jpg


戦艦ポチョムキン CCP-184 [DVD]
アレクサンドル・アントノーフ
株式会社コスミック出版
2012-03-28




エイゼンシュテインが滞在するのは格式あるゴージャスなホテル。
熱い湯が出るシャワー初体験のエイゼンシュテインはいたく感激する。

未知なる土地メキシコ、何もかも新鮮な感動を覚えるエイゼンシュテインだったが、彼がもっとも魅了されたのは、ハンサムで魅力的なガイド、パロミノだった。

eis02.jpg


パロミノは妻子ある身だったが、”性の伝道師パロミノ”(?)には関係ないことだった。

エイゼンシュテインはパロミノに、
「いろんなことを教えて欲しい」
と言い・・・

二人はめくるめく一夜を過ごす。

eis07.jpg


ええええ マジそんな展開になる話だったのぉぉぉ?!

大体前半のシャワーシーンから、不必要と思われる局部のクローズアップの連続で、後から考えたら、「後半はこんなもんじゃないよ」つう布石だった。

”魔性の男”パロミノを演じた ルイス・アルベルティははまり役!
とってもチャーミング~~!

下半身の露出度及びそれに付随する行為描写は、「湖の見知らぬ男」 に次ぐレベルかも。
なので、これ、日本公開されるのかなあ?
されるとしたら、どんだけ修正が入るんか?
修正しても「R-18」だろうなあ
とかいらぬ心配に気が行ってしまった。

ああ、日本に生まれた悲劇・・・。

この物語は全くのフィクションなんだろうか?
何らかの史実に基くものかしら?
いろいろ気になる不思議な作品だったッス。

eis04.jpg


↓グリナウェイ先生
eis05_2015102122362915f.jpg


グラン・ノーチェ!最高の大晦日PageTopスクリーム3

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード