インランド・エンパイア

「インランド・エンパイア」
(2006/Inland Empire)


インランド・エンパイア [DVD]
ローラ・ダーン
角川映画
2010-08-27



デヴィッド・リンチの怪作「インランド・エンパイア」をリピート鑑賞する機会があった。
これはとにかく、わけわかんない という記憶しかない。
ブログを見たら記事はUPされてない。
年末の「私的ランキング」には、番外編に、「怪作」くくりで 「死霊の盆踊り」 と共に挙げていた。自分。
備忘禄メモを繰ってみると、2007年8月1日恵比寿ガーデンシネマで見たとある。
メモには、「完敗っす」と書いてあった。


冒頭、ホテルの部屋で顔にボカシの入った男女が情事を始めるところ。
ウサギ人間の♀はアイロンがけをしている。

inland03.jpg

謎の言語をしゃべる人々。
ウサギ人間の映画をテレビで見ながら涙を流している女。
ハリウッドにいたのに、ドアを開けるとそこは雪の降るポーランド。
突然部屋で娼婦たちが「ロコモーション」を踊り出す。

inland02.jpg


めくるめくリンチワールド
底なしのラビリンス
この迷路から抜け出るには映画が終わるしかない!
エンドロールが出た時、ほっとしました。


さて、
今回見てもやはりラビリンス感は変わらず。
でも今やいろんな解説をネットで見ることが出来る。

うーーん、なるほど~~
解説のおかげで少しは頭の中が整理できるかも。


新作「暗い明日の空の上で」の主役に抜擢されたニッキー。
しかし、この映画はリメイクで、オリジナルのポーランド映画「47」は、
主役二人が謎の死を遂げたいわくつきのものだった。

出演が決まる前、近くに引っ越して来たというマダム(リンチファンでの通称「ばばあ」)が挨拶にやって来る。
→グレイス・ザブリスキ(リンチ組「ツインピークス」ではローラ・パーマーのママだった)

inland06.jpg


ばばあは予言めいたことを口にする。 →リンチは予言が好き
――その役はあなたに決まる。結婚と殺人の映画ね。
――いいえ、そんな話聞いてないわ。


後にばばあの言ったことが現実になることがわかる。

撮影が始まるとニッキーの嫉妬深い夫(富豪)は、相手役デヴォンに釘を刺す。
――妻には手を出すな

デヴォン役はジャスティン・セロー
inland05.jpg


映画は既婚者の二人が不倫する話だった。
ここからいよいよ混乱が始まる。リンチワールドのラビリンスへ。

ニッキーとデヴォンは次第に関係を深めて行く→じぇっ、ヤバいんじゃないのおおおおおお→それは映画の一場面だった→な~んだ
というのが何回か続く。
すると見ている側は、これは現実世界なのか、映画の場面なのかわからなくなっていく。

inland01.jpg


ことほどさように、この映画はいくつかのエピソードから成り立っている。
①現実世界のニッキー②映画の中のスー(役)③テレビを見て泣いている女=”ロストガール”④ウサギ人間⑤「47」が撮影されたポーランドサイド⑥娼婦の部屋などなど。
それらが交錯して描かれ、あるものは意味があり、あるものは意味がない。

「ウサギ人間」のパートは、リンチが自身のwebサイトで公開したフィルム「Rabbits」(2002)の部分使用。
ウサギの中身は、ナオミ・ワッツ、ローラ・ハリング、スコット・コフィという「マルホランド・ドライブ」(2001)の出演者たち。

新作映画の監督は、ジェレ様☆ラブ!
inland08.jpg


終盤、裕木奈江が登場。
となりでローラ・ダーンが死にかかっているのに、○○から××まで行くにはどこからバスに乗るのがいいかとか、娼婦やってた友だちのニコが、あそこに穴があいちゃって。彼女は猿を飼っててねとか、ヨタ話を延々とする。
リンチは彼女のしゃべる日本人英語が気に入ったんだと思うのよ。

エンディングの娼婦の館に、ナスターシャ・キンスキーやローラ・ハリングの顔が見える。ニコと猿もいるよ!
ダイアン・ラッド、ウィリアム・H・メイシー、メアリー・ステインバージェンらのゲストもゴージャス。

最初に観た時は、腹が立つほどわけわかんない映画だったけど、見直す内にわかって来ることがあった。
「混乱」こそ「リンチワールド」なのだと。

===
ジェレミー・アイアンズのインタビュー:
――演っている間から自分が何をやっているのかさっぱりわからなかったよ。
撮影が終わって作品を観てもやっぱりわからなかった。
「ローラ(=ローラ・ダーン)、君ならわかるだろうね?」って聞いたら、
「私だってわからないわよ」だって。


inland07.jpg


===
ジャスティン・セローは、ジェニファー・アニストンと結婚してたのね~
inland09.png


マルホランド・ドライブPageTopミーン・ガールズ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1090-74675161

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード