SAINT LAURENT サンローラン

「SAINT LAURENT サンローラン」
(2014/フランス+ベルギー/Saint Laurent)


sly08.jpg


え、ついこの間「イヴ・サンローラン」(2014)が公開されたのに、また別の「サンローラン」があるわけ?
晩年のサンローランを、ヘルムート・バーガーが演るとわ?
監督は、ベルトラン・ボネロ。

@シャンテシネ



サンローランが人生で最も輝き、最も堕落した10年を描く。
「僕たちは20世紀後半の二大アーティストだ」
アンディ・ウォーホールに称えられたサンローラン。
しかし、新しいデザインを生み出すプレッシャーに苦しみ、酒やクスリ、危険な愛人ジャックに溺れ、ついに一枚のデザイン画も描けなくなってしまう。

伝記物は作られた作品の数だけストーリーがある。
誰の視点で描かれるのか?
そして、誰が作るのか?

先に公開された「イヴ・サンローラン」の方は、イヴの半生をてらいなく綴ったものだったけど、こちらはその中の10年にフォーカスしている。
その10年の光と影を描く。
だけど、光はあまりなくて、影、影、影・・・の部分ばかり。
このサンローランは、酒飲んでるか、クスリやってるか、男漁りしてるか、性質の悪い愛人といちゃこらこいてるか。

公私にわたる長年のパートナー、ピエール・ベルジェは、ここでは脇役、影になってる。
美しいアンティークの石像で、イヴはベルジェを殺そうとしたというエピソードはショックだったわよ。
晩年は別々に暮らしていたというのも知らなかったなあ。
二人の部屋に残された膨大なアートコレクションが空しく見えました。

sly07.jpg


ベルジェ役ジェレミー・レニエが冴えないこと極まりない。
がっかり・・・。

sly03.jpg

ほんとのベルジェだってもっとかっこいいよ。
ここではベルジェは悪役扱いだからな。
素のジェレミーはこんなにキレイ☆
(真ん中が監督さん)
sly09.jpg


「イヴ・サンローラン」もドキュメンタリ「サンローラン」もベルジェの全面協力の下に作られたベルジェサイドからの視点であるなら、これは全く別の視点からのもの。
その意味で興味深いドラマだった。

「イヴ・サンローラン」のピエール・ニネは、ナイーヴで完璧なイヴを演じたが、今作のギャスパー・ウリエルもなかなかいいではないか!?
サンローランというキャラが立っているので、役者はキャラを作りやすいんじゃないかしら。

sly06.jpg


さて、ヘルムート・バーガーであります。
2007年ベルリン国際映画祭テデイ賞特別賞を受賞した時は、かなりヤバい状態だったけれど、今回はさすがにぱっちりコンディションを整えててほっとしたわよ。
一時代を築き、今は人生のたそがれにいるという点で、晩年のイヴをみごとに体現していた。
ヘルムートは手がきれい、繊細な指をしているのよね。1944年生まれ 71歳。
イヴは晩年もクスリとおともだちだったのね~

sly02.jpg


イヴのミューズ、ルルとベティ・カトルゥー
このキャスティングはイイネ! レア・セドゥよく出てるな
sly01.jpg


この他、さり気なく顔を出すゲストがゴージャス!
スモーキング=マニッシュなスーツを着て新鮮な感動を覚えるマダムに、ヴァレリア・ブルーノ・テデスキ。
晩年のイヴの”若いオトモダチ”が、エルンスト・ウンハウアー(オゾン作品「危険なプロット」)

そして、そして、イヴのママが ドミニク・サンダだった!!
全くわからんかったとです。家に帰ってから知った次第・・・。

sly04.jpg


前述したようにこの映画は、ある10年を描いている。
その背景などは一切無視して描いているのでとってもわかりづらい。
”基本編”の「イヴ・サンローラン」を見ていた人はまだいいけれど、これだけ見た人はわからないことだらけだったのでわ?

イヴとジャックの会話に
「カールはどうしてるの?」
というセリフがあるけれど、「カール?誰?」と思う観客が少なからずいたはず。
いえ、カールが誰かわからなくても別にいいんですけどね。

sly05.jpg

愛人ジャック・ドゥ・バスケは、ルイ・ガレル。
蛇のようなかんじがホンモノに似てるよな。
→ ホンモノのジャックとカールの画像は 「イヴ・サンローラン」 の記事の方にあります。

151分。ちと長かった。

関連記事:
「イヴ・サンローラン」 
ドキュメンタリ 「イヴ・サンローラン」
 

熱海殺人事件PageTop007 スペクター

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1094-116ecd94

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード