恋の罪

「恋の罪」
(2011)


guiltyor01.jpeg

ちょっとチロルには荷が重いと、ずーーーっと腰が引けてた一作。
「冷たい熱帯魚」 からの~なりゆきで見てミタ。
ノって来た。

実際の事件をベースにした「家賃三部作」の二作目。


ある大雨の日、ラブホテル街の古びたアパートで女性の死体が発見される。刑事の吉田和子は捜査を進めるうちに、大学のエリート助教授美津子や、人気小説家の妻いずみの秘密を知ることになる。


東電OL事件を基にした作品。
この映画は、

水野美紀がヘアヌードに!?

ということでも話題になった。

水野美紀=東電OLって全然結びつかない・・・
と思っていたら、ミキティは刑事さんなのだった(合う!合う!)

guiltyor04.jpg

冒頭、水野美紀がラブホテルの浴室でファックしているシーンから始まる。
ここから、”つかみはok!”
(ミキティのヌードというのは、浴室から出て来てバスローブを手に取る数秒なのだ)

あくまで事件をベースに、全く別のストーリーになっている。
いずみ(神楽坂恵)は、人気作家の夫(津田寛治)と二人暮らし。
支配的で完璧主義の夫の下、奴隷のような毎日。
ある日夫に、昼間外で仕事がしたいと言うと快諾される。
最初はスーパーでソーセージを売っていたが、街でモデルにスカウトされる。

当初はただのモデルと言われていたが、撮影はエスカレートし、やがてAVビデオに。

いずみは抗いながらも、別の自分に目覚めて行く。

その後、渋谷円山町のホテル街でいずみは美津子と知り合う。
美津子なら自分の中のわけのわからぬ”衝動”の正体を知っているのでは?

いずみは美津子にある場所に呼び出される。
そこは大学。美津子の昼の仕事場、美津子は大学の助教授だった。
美津子は、昼は助教授、夜になると円山町で立ちんぼをしていたのだった。

とにかく、前半の作家菊池家の夫婦関係の異常さにア然としている内、園子温ワールドにずっぽりはまって行く。
園子温は、独特の世界観を作り出して行く。

三人の女の物語にしたというのもうまいわね。
和子はやりがいのある仕事、幸福な家庭がありながら、夫の友人との情事にのめり込んでいる。
和子の相手がなんと、アンジャッシュの児嶋!!
なんだろうね、でんでんといいお笑い畑出身の人というのはいい味だすよな。

しかし、なんといっても、美津子役富樫真の大迫力!
昼の顔と夜の顔のギャップも見もの!

美津子の髪の分け目に白髪があるとこがリアルでいいねえ。
大学の先生とか、いるいる、こういうタイプ!ってかんじ。

いずみの奥さま然としたコスチュームといい、各キャラクターが作り込んでる。

guiltyor02.jpg

guiltyor03.jpg

終盤、美津子の母が出て来てから、物語は違う方向へ展開する。
母役大方斐紗子(おおかたひさこ)の凄みのある演技にやられた!感。

神楽坂恵って、セリフ回しとか演技うまいとは思えないんだけど、それがかえって園子温作品に不思議なあじわいを与える。

園子温はキャスティングがうまいね。
デリヘル「魔女っ子クラブ」のスタッフ、小林竜樹(「こっぱみじん」)
なかなか重要な役ドコロだった。
他に、園組 深水元基(カラダ活かしてAV男優役w)

――言葉なんか おぼえるんじゃなかった

美津子が大学で教えていた、田村隆一の詩(「帰途」)が効果的に使われている。

この辺りの園子温は、エッジィだったのねえ。

関連記事:
園子温作品
「冷たい熱帯魚」
「TOKYO TRIBE」
「地獄でなぜ悪い」
「男痕 -THE MAN-」
書籍
「東電OL殺人事件」

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たちPageTop生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った

Comment

観ました

こんにちは。
この作品ようやく観る覚悟ができたので、観てみました。
思ったよりヘビーじゃなくて良かったです。
作中のあの詩は園子温作の物ではなかったのですね。
教えていただきありがとうございます。

■ケフコタカハシさん

わわわ~
観たんですね!! やたっ!

> 思ったよりヘビーじゃなくて良かったです。
よかった、よかった!
作家のツダカン、ヤバい人でしたよね(笑)

> 作中のあの詩は園子温作の物ではなかったのですね。
> 教えていただきありがとうございます。
そうだった、園子温って詩人でもありましたね。
だから詩について詳しいのか。なるほどでした。
コメントありがとうございました。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1136-ac658709

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード