カルテルランド

「カルテルランド」
(2015/CARTEL LAND)


carter01.jpg

メキシコ麻薬戦争の最深部に迫ったドキュメンタリ。
キャスリン・ビグロー(「ハートロッカー」)製作総指揮!
こりゃ、見らんといかんね。
本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリーノミネート作品。
監督は、マシュー・ハイネマン。

@イメージフォーラム

なんだかこのところ、ドキュメンタリばかり見てるな、チロル。


メキシコ中西部ミチョアカン州では麻薬カルテル“テンプル騎士団”の抗争が激化し、市民を巻き添えにした犯罪や殺し合いが続いていた。堕落した政府や警察が頼りにならず、内科医ドクター・ホセ・ミレレスは市民たちと自警団を組織する。彼の勇気ある行動に同調した人々が各地で武装蜂起し、ギャングたちを追い込んでいくが……。

carter03.jpg


「家族の命は自分で守る!」

麻薬カルテルが全てを支配する国。
一人の町医者が立ち上がり、銃を片手に無謀な戦いを開始した――

メキシコ・ミチョアカン州、麻薬カルテル「テンプル騎士団」による抗争や犯罪に一般市民も巻き込んだ殺戮が繰り返されていた。
そんな状況に、ドクター・ホセ・ミレレスは自警団を結成。

「殺されるか、銃を取るか」


と人々に呼びかけ、ヒーローとなって行く。


carter02.jpg

ドキュメンタリ 「皆殺しのバラッド」 のシナロア・カルテルと違って、「テンプル騎士団」は、もっと土着的な、たちの悪い地回りのヤクザのような印象。
アボカド農家に上納金を納めろとかセコいこと言う割に、やることは荒っぽく、従わない者の首をはね、女たちをレイプする。

ホセ・ミレレスの活動は成果を上げ、自警団はカルテルを撃退して行く。
しかし、自警団の結成は違法行為。ミレレスたちは国や警察も敵に回すことに。

そんな折、ミレレスの乗った飛行機が墜落。
一命を取りとめるも、暗殺の疑いが(とーぜんだろ)

ミレレス不在の間も自警団の活動は広がって行くのだが組織が肥大化、コントロールを失い暴走を始める。
行く先々で強奪や暴行が多発。どっちがカルテルでどっちが自警団か!?という状態になっちゃう。

人々は激怒、大反発!
こうして組織は崩壊して行く。

まさかこんな結末とわ! じめつ
最初はうまく行っていたのに、こういうのってむずかしいわね。

並行して、「アリゾナ国境自警団」という別のチームも描かれる。
アリゾナ州アルターバレー。メキシコ国境沿いで活動している。

メキシコサイドとアメリカサイド、二つの世界を描くというのは、「皆殺しのバラッド」と同様。
彼らはメキシコからの不法移民&麻薬の流入を「侵略」とみなし、日夜パトロールしてる。
リーダーのティム・”ネイラー”・フォーリーは元米国陸軍。
行動はかなり過激でヤバい。

彼らがパトロールする地帯には、赤茶けた国境のフェンスが延々と続いている。
ドナルド・トランプの、「メキシコとの国境にデカい壁を作るべき!(メキシコの金で)」
というのを思い出した。

戦いをカメラに収めるマシュー・ハイネマン。
いつ流れ弾に当たってもおかしくない危険な撮影にヒヤヒヤ。

麻薬戦争は、メキシコだけの問題じゃないんだよね。
アメリカはメキシコから麻薬を買い~の、武器を供給して大儲け。
需要と供給がある限り、全く終りが見えないのだった。ムリ!

東電OL殺人事件PageTop最後の1本 ~ペニス博物館の珍コレクション~

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1145-4f925f24

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード