ハイヒール革命!

「ハイヒール革命!」
(2015/日本/High Heels Revolution!)


hiheel01.jpg

【レインボー・リール東京 第25回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2016)上映作品】

トランスジェンダー真境名ナツキのドキュドラマ。
学生時代の再現ドラマパートでは、ナツキ役を濱田龍臣くんが演じた。

男の子から女の子に生まれ変わった真境名ナツキの過去と現在を追う、型破りなドキュメンタリー&ドラマ
トランスジェンダーの真境名(マジキナ)ナツキ。中学では教師たちから抑圧され続け、「男なのに」と同級生からもバカにされた。温かい家族の愛に支えられながらも、「性同一性障害」という言葉だけでは到底片付かない苦難の道が続く。十代の終わりに決心した大きなリスクを伴う危険な手術。コンプレックスをいかにして自分らしさに変え、どう生まれ変わったのか。



テレビの報道ドキュメンタリなどで、こういったトランスジェンダーを追ったものは誰もが見たことがあるのではないかしら。
日本で、一本の映画となったものは初めて見た。

今のナツキは明るく、美しく、ハッピー!(に見える)
でも十代の時はつらかったよなあ。

「性同一性障害」(=GID/Gender Identity Disorder)の人には、学校ってやっかいなところだよ。
そうじゃない人にも、思春期はいろいろふくざつなのに。

同級生からのいじめはまだ ガキは仕方ねえな、ってもんだけど、教師たちの態度に見ていてむかむかしてきた!

女子として通学したい、女子の制服が着たい、男子トイレは使いたくない、
出席番号を女子に入れて欲しい。

これらは教師たちにはただのわがままに見えたらしい。
寄ってたかってナツキを小突き回して、たちの悪いいじめ以外のなにものでもない。
この時すでに上戸彩が「金八先生」でGIDを演じていたよねえ?(虎井まさ衛さんがモデル)
教師たちはGIDに対する認識が全くなかったのか???

しかし、今さらこういうのを見ると、中学とかってジェンダーで区切られることばっかり。
GIDの人には、学生時代の制服が一番忌まわしい記憶のようで、みな必ず言う。

こうして、同級生のいじめ、教師の無理解に、ナツキは不登校になる。
→ 学校に行かないと勉強が遅れて、たまに登校してもついていけなくなる。
→ 学力が落ちると進学の選択肢が狭められる。

結果的にナツキは定時制高校に行ってハッピーだったけど。

hiheel02.jpg

ママと意気込んで定時制高校に話をしに行くと・・・
対応してくれた先生(藤田朋子が好演)に拍子抜け。
何でもOKですよ~
ええええ
見ているこちらも思わず目頭

そうだ!定時制高校は究極の”多様性”の場所なのだった。

インタビューパートでナツキは中学時代の同級生の男の子や先生と話すシーンがある。
過去と向き合うことで少しわだかまりがなくなった。

教師の無知無理解は、教育委員会とかが本気で取り組めば改善されるんじゃないの?
今はナツキの時代より少しは進んでいるのだろうか?(これも地域の温度差がありそうだな)

インタビューパートに登場するナツキのママ、たくましくて強くて、いつもナツキの味方。
いやあ、自分がママの立場だったらこうは出来ないな。
もっとも当時はママも必死でもがいていたと思う。

ナツキの現在のパートナーも「ナツキは恵まれている」と言う。
同じGIDでも各個人によって置かれている立場が全然違うだろうなあ。
ナツキの家はママとお兄ちゃんはナツキを理解して支えてくれた。
ナツキの家も両親が離婚してママ一人だったのも幸いしたと思う。がんこなパパとかいたらやっかいそう。

LGBTやトランスジェンダーのことをアニメーションを交えて分かりやすく解説しています。
濱田くんがやってくれたおかげで、”安い感”がなく、よかったでした。

ナツキのパートナーはFtM。
リッチなおうちにナツキは優雅にだら~っと暮らしてる。
彼はナツキのママが何でも出来ちゃう人だから、ナツキは甘やかされて何もやろうとしない、と言っていたけど、今度は彼がそうなってるし(笑)


上映終了後、古波津陽監督、濱田くん、そしてナツキ嬢が登壇!
濱田くん、かわいかった!
当日ナツキの彼も客席に来てました。ライトを浴びたナツキを見て、きっと誇らしく思ったのでは?

この作品は9月17日からヒューマントラストシネマ渋谷えロードショー公開されます。


QUEER×ASIA ~APQFFA傑作選~PageTop彼方から

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1156-a95a05a8

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード