フロム・ダスク・ティル・ドーン

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」
(1996/From Dusk Till Dawn)





1996年の映画作品が、同じロバート・ロドリゲス監督でTVシリーズになった。
先月からFOXテレビで放送開始。
その前にオリジナルをリピしてミタ!
脚本&出演 タランティーノ!ってことで、記事のカテゴリーは、「Q・タランティーノ」に入れとく。


凶悪な銀行強盗ゲッコー兄弟は、トレーラーハウスで旅をする牧師一家を人質にメキシコへと逃亡する。厳しい検問をくぐり抜け国境を越えた一行は、ゲッコー兄弟の仲間カルロスとの待ち合わせ場所、砂漠にそびえる巨大な酒場ティティ・ツイスターに向かう。だが、バイカーやトラック運転手がたむろすその場所には恐るべき秘密が隠されていた……。


ひやあ~~20年前かあ。
さすがにみんなめちゃ若い!
セスとリッチーのゲッコー兄弟をジョジクルとタラが演じる。
弟リッチーの方はビョーキレベルの変態。
タラが自分で書いただけあって、キャラが立ってるネ!

dusk02.jpg


銀行強盗の後メキシコに逃れる為、フラー一家を人質に車ごと乗っ取る。
なんとかメキシコに入った一行だが、組織のボス、カルロスが指定して来た店はわけありで、吸血鬼の巣窟だった。
それで営業は、”フロムダスク・ティルドーン=日没から夜明けまで”なのだった。
ゲッコー兄弟とフラー一家は、吸血鬼と闘う羽目に――

店の名前は「ティティ・ツイスター」 ネーミングセンスがタランティーノチック!
店内のおゲレツさは、ロドリゲス臭w

dusk06.jpg


今見ると、吸血鬼たちのCGはけっこちゃちい。
タラ&ロドリゲスなので、予定調和などなく、主要なキャラがバンバン死んでいく。


バーのマスター ダニー・トレホ。
この時は イケメンではないか!? 目を疑った(笑)

dusk04.jpg


サルマ・ハエック 若くてやせてるw
dusk01.jpg



ロドリゲス組 チーチ・マリンが三役で出てる→ 国境警備員、チェット・プッシー、カルロス
同じくロドリゲス組 トム・サヴィーニも! 役名が、セックスマシーンww

フラー一家、父親のキャラにひねりがある(そこんとこすっかり忘れてた)
→ ハーヴェイ・カイテル

牧師なんだが、妻を事故で亡くして以来神を信じることが出来なくなった。
牧師を辞めて今回の旅に出たわけだがとんだことに。
後半、吸血鬼との戦いの中で、牧師として戦えば、ただの水は聖水となり、2本の棒は十字架となる。

セスたちは、どうするんだ?と遠巻きに見ている。
しかし、ことは信仰に関すること。目の前の危機の為に安易に選択出来るものでもない。

イージーなエンターテインメント作品にこんなシリアスなことよくぶっ込んで来るな。さすがタラだよ。

とはいえ、その後の展開は、やっぱり タラちゃん&ロドリゲス! なのだった。

===
TVシリーズの方は、ゲッコー兄弟がムだにイケメンすぎ!ってことで話題になってる。
この兄弟は、グレイ兄弟を意識しているのかな?なんか似てる。
1話を観た限りでは、にーちゃんの方 D・J・コトローナ がかなりイイネ!
弟の方(ゼイン・ホルツ)は、チロル的にハズレ感。
映画版のタラはただの変態だったけど、TV版の弟はこの世ではないものが見えたり知能も高そう。、

dusk05.jpg

ってことで、次はグレイ兄弟の 「レジェンド 狂気の美学」 をUPしま~す!

レジェンド 狂気の美学PageTopシン・ゴジラ

Comment

これ人生で見た数少ないホラー映画です。(タラちゃんがB級の面白い吸血鬼映画だぜ!って自信満々で宣伝したから)酒場の蛇ダンスシーンがお気に入りです。オープニングから結構早い時間で手のひらに穴あけちゃうタラちゃんにもびっくり。TVシリーズって、そんなに延ばせるような内容だったかなあ。兄弟の逃避行ものにしちゃったの?。

■アラスカさん

えっ、アラスカさんって、ホラー映画見ない人なんだっけ?w

>TVシリーズって、そんなに延ばせるような内容だったかなあ。兄弟の逃避行ものにしちゃったの?。
そうなんだよねえ。あれをどうやってふくらませるわけ?とおらも思った。 

骨子はほんとに映画通りで、サイドストーリーやキャラクターが増えてる。
銀行強盗の後彼らが入った雑貨屋みたいなとこに駆け付けた保安官(正しくはレンジャー)、
年長者(ドン・ジョンソン)が殺され、若い相棒が生き残り、復讐の為彼らを追う。
その若い相棒のサイドストーリーがけっこーあるかな。
あと、ゲッコー兄の妻も出て来る。ぽいん

>酒場の蛇ダンスシーンがお気に入りです。
この物語のキーポイントは、どうやら「蛇神」のようですよ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1166-16c38c79

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード