ジャングル・ブック

「ジャングル・ブック」
(2016/THE JUNGLE BOOK)


jungle01.jpg

母&妹と見てキタ。
ほんとは宿敵シアカーンの声をイドリス・エルバがやるのを聞きたかったけろ、日本語吹替で鑑賞。
監督:ジョン・ファヴロー。

@TOHOシネマズ錦糸町

夏休み最終日だったので、もんげー混んでた。


モーグリは、生まれて間もなくジャングルに取り残されてしまう。黒ヒョウのバギーラから母オオカミのラクシャに託された彼は、愛情に包まれながら自然の厳しさと生き抜くための知恵と術を学んでいく。やがて少年となって動物たちと幸せな日々を過ごしていたモーグリは、人間に恨みを抱くトラのシア・カーンと出会う。シア・カーンから人間である自分の存在が、ジャングルやそこに住む動物たちの脅威になると言われ……。


おもしろかったあああああ~!

1967年版アニメーションは、ウォルト・ディズニーの遺作なんだ~
今回は実写版といいながら、人間以外全てCGというからオドロキ!
キャラクター設定やストーリーも’67年版とは異なる出来になっとる。

ジャングル・ブック【日本語吹替版】 [VHS]
ラドヤード・キプリング
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
2000-07-19



水や毛皮や影とかほんとにリアルで、CGなのが信じられない!
「ライフオブパイ」の虎を手掛けたチームが参加。な~~る。
CGで動物の質感や毛の動きをシミュレートするソフトを開発したんだそうな。
それだけじゃなくて、モーグリ役ニール・セディくんの体が傷だらけで汚れてるとこもリアル感!

↓ モーグリが触ったとこの毛流れにオドロキ!
jungle03.jpg


虎のシアカーンのおかげで、自分がいると仲間に迷惑がかかると、群れを出る決意をするモーグリ。

「あなたはいつまでもずっと私の息子よ」

育ての母狼ラクシャの言葉に泣ける・・・

モーグリの守護者・黒豹のバギーラは言う。
「シアカーンからおまえを守れるのは人間の村だけ」

群れから出て人間の村を目指したモーグリだったが・・・。

jungle04.jpeg


さて、ディズニー映画は吹替え陣もゴーカ!
英語版は、オスカー受賞者多数。

黒豹バギーラ ベン・キングズレー/松本幸四郎
大熊バルー  ビル・マーレイ/西田敏行
類人猿の王キングルーイ クリストファー・ウォーケン/石原慎一
育ての母狼ラクシャ ルピタ・ニョンゴ/宮沢りえ
大蛇カー   スカーレット・ヨハンソン/パクロミさん

そして、ジャングルの大虎シアカーン イドリス・エルバ!

jungle02.jpg

その日本語吹替えは、
エンドクレジットでわかった

伊勢谷友介・・・


あああああ 知らなかった~~
もっと心して見ていればよかったあああ~

このショックは、ジョニー・トー(杜琪峰)監督作品 「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」(2009) で林家棟(ラム・カートン)の English Version をテレンスが吹き替えしていたのをエンドクレジットで知ったのと同じ・・・。
デジャヴ感いっぱい・・・

ま、ジャングルブックの方は、予告編などがyoutube で見られました。


しかし、さすが実リキ派ぞろいだよね。
見ている時、これ誰が声をやっているんだろう?と探って聴いていたけれどわからんかったとです。
西田敏行も、釣りバカ浜ちゃん臭を消して、役になりきってたもんね。

とにかく大迫力!

大人もこどもも文句なく楽しめます。

モーグリの兄弟狼グレイがカワイイ☆ 癒されるぅぅ


トランサー 霊幻警察PageTop海月姫

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1168-254a840f

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード