ヒッチコック/トリュフォー

「ヒッチコック/トリュフォー」
(2015/フランス+アメリカ/ Hitchcock/Truffaut)


hitch01_201701052302054b0.jpg


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。


今年の一発目はこの作品。
正月休みにミタ。ドキュメンタリです。
監督: ケント・ジョーンズ

@シネマカリテ
ここって、けして傾斜がちゃんとついてるわけじゃないんだけど、座席が入れ子になっているので、前の人の頭が気にならない。ナイッス!


「映画の教科書」といわれる「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」を題材にしたドキュメンタリーです。
基本的にはトリュフォーによるヒッチコックのインタビューの音声、またそこで語られるヒッチコク作品が挿入されるのでわかりやすい。

そしてこの作品のもう一つのキモが、今のフィルムメーカーたち10人のインタビュー!!
このメンツがゴイス~!!!!

マーチン・スコセッシ (「ウルフ・オブ・ウォールストリート」
hitch05_20170105230203e37.jpg


デヴィッド・フィンチャー (「ゴーンガール」
hitch033.jpg


ウェス・アンダーソン (「グランド・ブダペスト・ホテル」
hitch02_20170105230206f16.jpg


日本からは、黒沢清 (「クリーピー 偽りの隣人」)
hitch04_20170105230207c79.jpg


リチャード・リンクレイター (「6才のボクが、大人になるまで。」)
オリヴィエ・アサイヤス(チロル的にはマギー・チャンねーさんの元ダンナ!)
ピーター・ボグダノビッチ、ポール・シュレイダーなどなど

彼らが熱く熱く、ヒッチコク愛を語る。
この手法というのは、最近見るやり口ではある。
[ホドロフスキーのDUNE] では、ニコラス・ウィンディング・レフンがホドロフスキーについて熱く語った。
「ヒッチコック」 でも述べたけれど、最近の若い人たち(コアな映画ファン以外の)が、ホドロフスキーやヒッチコクの作品をどれだけ知っているのだろうか?
そんな時、今を時めく映画監督たちを持ってくるのはうまいやり方ではある。

しかししかし、これを見て初めて、ヒッチコクがいかに映画の実践的技術やスキル=映画術を持っていたかというのを知った。
そして、この作品を見た人は、ヒッチコクの作品をまた見直してみたくなるに違いない。

尚、「定本 映画術 ヒッチコック/トリュフォー」の翻訳を手がけた映画評論家・山田宏一氏が日本語字幕を担当した。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー
フランソワ トリュフォー
晶文社
1990-12-01



関連記事:
「ヒッチコック」
「サイコ」(1960)
「サイコ」(1998)
「アルフレッド・ヒッチコック~天才監督の横顔」
「フレンジー」

10年越しの約束PageTop私的 映画今年の10本 2016

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1215-4648159c

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード