牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
(1991/台湾/A BRIGHTER SUMMER DAY)


summer04.jpg

1995年BBCが選出した「21世紀に残したい映画100本」に選ばれた。
日本では公開から25年間DVD化されず、今年マーティン・スコセッシが設立したフィルムファウンデーション「ワールドシネマプロジェクト」とクライテリオン社との共同で4Kレストア・デジタルリマスター版が製作された。
今年は楊徳昌(エドワード・ヤン)の没後10年にあたる(1947-2007)

@角川シネマ有楽町
特別興行により、鑑賞料金は2200円。

3時間56分休憩なし。途中でトイレに行きたくなったらどうしよう・・・と心配しちった。


この作品、ずーーっと見たいと思ってた。
DVDはなく、色あせたパッケージのVHSが新宿と渋谷のTSUTAYAにあった。
日本では版権を持ってた会社が倒産して権利関係が複雑になってたらしい。
美しいフィルムで観られてハッピーハッピー♪

1960年代初頭の台北。夜間学校に通う小四(シャオスー)は不良グループに属する王茂(ワンマオ)らといつもつるんでいた。
小四はある日小明(シャオミン)と知り合い淡い恋心を抱く。
そこから小四は不良たちの対立に巻き込まれていく――


”淡い恋心”
――甘酸っぱい青春もの?と思っていると全然違う。
タイトルの「少年殺人事件」って、一体誰が誰を殺すのかしら?
何もわからないままスクリーンに見入った。

summer03_20170414222855033.jpg


相変わらずカメラが素晴らしい。
オープニングの並木道のシーンから、ほおっと声が出そうになる。
夜空に映る月が美しいショット、小四の家族が住む古い民家の情景:スターカレンダーや大きなラジオ・・・一つ一つが懐かしくもいとおしい。
そんなのどかな光景の奥にあるものとは?

summer06.jpg


小四の両親は上海から台湾に渡って来た=外省人なのだ。
父は公務員、母は教師。勤勉な二人なのだが、外省人ゆえ厄介なことになって行く。
台湾で生まれ、台湾人として生きている小四にも暗い影を落とす。

summer01_201704142228515af.jpg


導入部で小四は、学校の隣にある映画の撮影所に忍び込み、逃げるとき懐中電灯をパクる。
それを寝床(押入れの下段w)に持ち込み、光を照らしては小明のことを日記に記したりする。
この光は彼の希望や未来を照らす。
しかし終盤、彼は懐中電灯を置いて行く。
”光”を手放した時悲劇が起きる。
ことほどさように、こういった暗喩的表現が随所にあり、うーむとなる。
また、スクリーンには映っていないのに、楊徳昌(エドワード・ヤン)は、見えていないところで何が起きているか私たちにわからせるのだ。

張震(チャン・チェン)が素晴らしい。
どこに向かえばいいのか?覚束ない足取りで歩く小四とこれが映画デビウの初々しい張震が重なる。
この少年がやがて、王家衛(ウォン・カーウァイ)や李安(アン・リー)、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)などマエストロの作品に出るとは誰が予見したろうか?
14歳の張震はハンサムで、ちょっとダニエルの子ども時代を見ているような。

summer05.jpg



張震もカワイイけど、一家のお父さんが超二枚目でステキ☆おやじ!
myタイプ!

summer07.jpg

そしたら張震の実のパパだった!→ 張国柱(チャン・クォチュー)
台湾の名優だそうな。知らんかったとです。
小四の兄も実の兄とわ!→ 張翰(チャン・ハン)


中華圏の大小クイア映画に数多く顔を出している柯宇綸(クー・ユールン)の顔も見える。
真ん中、ドでかい張震から左(向かって)二人目

summer02_20170414222854fa5.jpg

クライム・ヒートPageTopキング・オブ・エスケープ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1254-6fea9228

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード