美女と野獣(2014)

「美女と野獣」
(2014/フランス+ドイツ/La Belle et la Bête)


bandb2014-01.jpg


2014年フランス版「美女と野獣」を見てみました。
先日地上波でも放送されました。

監督:クリストフ・ガンズ


ヴァンサン・カッセルとレア・セドゥってあり・・・?

ヴァンサン・カッセルがダメツボのチロルとしては、最初から期待値ゼロ。
つーか、野獣ノーメイクで行けるよねえ?
最後、魔法が解けて王子に戻った時のありがたみや喜びゼロだよねえ?

でまた、野獣メイクがぜっんぜんかわいくもセクスィ~でもないんだわ。
bb2014-04.jpeg



レア・セドゥをベルに起用したのは、現代的なプリンセス像を狙ってのことかしら?
にしてもレアがプリンセスって無理があるわよね。
プリンセスのキラキラ感に欠けたけど、何着もお召し替えするドレスはきれいだったです

bandb2014-02.jpg


ヴァンサン・カッセルとレア・セドゥじゃあ、ロマンチックな気分にもなれないしぃ。

なんだよ~ チロル、さっきからディスってばっかじゃねえかよぉ。

この映画にもいいとこがあるわよ。
ヴァンサン以外のメンズのキャストはわりとイケメンぞろい!
野獣の過去編に出て来る男たちも、ぼんくらな兄たちもよく見ると悪くない。
特に三男のボクはカワイイ☆
→ ルーカ・メリアーヴァ

bb2014-06.jpg


あと、ワル役がなんと、エドゥアルド・ノリエガ !!
最近ノリエガはもっぱら悪役で見ることが多いッス。イイネ!

bb2014-05.jpg


それから、ビーグルちゃんがわらわら出て来てとってもラブリー☆
ビーグル好きの方におススメでっす。

こちらは、ヴィルヌーヴ夫人の原作(1740年)を元にしているため、兄3人と姉たちの出番が多かったです。

本作の巨人の描写は「大魔神怒る」にオマージュを捧げたそうです。へぇ~へぇ~

美女と野獣(2012)PageTop美女と野獣(1946)

Comment

美女?と野獣

こんにちは

公開時にエドゥアルド・ノリエガが出てるってんで観に行ってたのでした!!

>特に三男のボクはカワイイ☆
→ ルーカ・メリアーヴァ
同意!!

TBよろしくおねがいします。

■アンソニーさん


>美女?と野獣
まっタコイカにも!
コスチュームプレイすると、レア、華がなさすぎるよね。
そんで、いっつも不機嫌そうにしてるのが気になった。


> 公開時にエドゥアルド・ノリエガが出てるってんで観に行ってたのでした!!
おお、劇場で観ていたんですね。さすが!

> >特に三男のボクはカワイイ☆
> → ルーカ・メリアーヴァ
> 同意!!
このボーイは、そんなにぼんくらでも悪いコでもなかったネ!

> TBよろしくおねがいします。
よろすく~~

大きい物苦手なんです〜

こんにちは。
私はコレ確か娘と一緒にレンタルで観たはず。
見終わって「野獣は野獣のままで良かったのに」と娘と意見が一致したので大爆笑したような覚えがありますわ。

けどそんな美女と野獣の恋物語も、いきなり登場の巨人の足にすべて踏みつぶされて、その後の記憶がほとんどないんです。
自分がゴジラのような巨大な物にどれほど弱いか思い知らされたという点で、とっても記憶に残る作品でした。

■ケフコタカハシ さん

こんにちはァ。

> 見終わって「野獣は野獣のままで良かったのに」と娘と意見が一致したので大爆笑したような覚えがありますわ。
わかります、わかります~~(笑)
熊スキー、ひげスキー、オヤジスキー(←これはチロルだけ?)
には、野獣ってけっこ萌えポイント高いですよね
え、ヴァンサン・カッセルだからいらないってだけの話?

>大きい物苦手なんです〜
そういうダメツボってあるんですね。
「進撃の巨人」なんか絶対ダメなのね~(見てないけど)

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1269-56a9e174

美女と野獣

【La belle et la bete】 【2014年】  フランス ドイツ 「ジェヴォーダンの獣」「サイレントヒル」のクリストフ・ガンズ監督が、これまでにも何度も映像化されてきたフランスの古典的物語を、主演にレア・セドゥとヴァンサン・カッセルを迎え、最新の映像技術を...

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード