FC2ブログ

大親父と、小親父と、その他の話

「大親父と、小親父と、その他の話」
(2015/ベトナム/フランス/ドイツ/オランダ /Big Father, Small Father and Other Stories・Cha Và Con Và)


father03.jpg

東京国際映画祭2017 その1

「国際交流基金アジアセンター presents CROSSCUT ASIA」
↑東京国際映画祭はいろんな部門があるのね。

東京国際映画祭2017に行って来ました。
今年は4本見ました。
1本目は、ベトナム映画です。
監督:ファン・ダン・ジ―

この映画祭、チケットを取るのが大変で、ぼやっとしているチロルの分も取ってくれたアンソニーさん、多謝。

21世紀初頭のホーチミン市。写真を学ぶために田舎から出てきたヴーは、ルームメイトのタン、娼婦のヴァンと奇妙な三角関係に陥っていく…。
(↑ しかし、このあらすじからこの映画がクイアな要素ありと判断したアンソニーさん、ソンケー!!!)

今回この部門(「CROSSCUT ASIA」)は、その国を代表する監督に次世代の監督を推薦してもらうという企画であります。
この作品は、トラン・アンユン監督ご推薦~~!

↓ トラン・アンユン監督といえば

青いパパイヤの香り HDニューマスター版 [DVD]
トラン・ヌー・イェン・ケー
Happinet(SB)(D)
2016-04-02



ヴーの住んでいるところは川岸に建てられた掘っ立て小屋みたいなとこ。
今あらすじを見て、「え、タンってルームメイトだったんだ・・・」と知りました(恥)
「ルームメイト」って、そんなきれいなもんじゃないよね。悪いけど。
まあ、一緒に住んでますってとこよ。
田舎から出て来たって言ったって、ここは十分田舎だべ。
アジアの原風景のような、なつかしさを覚える。

父親はヴーを溺愛していて、高価なカメラを買ってくれたり、食料を持って来てくれたりする。
ヴーにはなにかと身の回りを世話してくれる幼なじみがいる。
親父や友達が、「二人は結婚するんだろう?」と言うと、
ヴーは照れているのか何なのか、あいまいな表情をする。

むむむ なんだかあやしい匂い・・・。

↓ ヴ―役イェンくんがなんともいえない色気・・・
father02.jpg


やがてヴーとタンは関係を持っていることがわかる。
それを知った親父は、自分が世話している女に、ヴーを酔わせてものにしろと命じる。
夜の沼を、女と酔ったヴーを乗せた船がゆっくり進んでいく・・・。

この作品、映像美が素晴らしい。
ヴーの仲間たちが街のチンピラと衝突し、路地裏を疾走するシーンとか、ヴーの実家のあたりの光景とか、引きつけられるシーン多々あり。
予想ガ~イにかなりレベルが高かった。
この部門で推薦された監督は新進の若手が多い中、ファン・ダン・ジ―監督はすでに十分実績のある人だそうです。な~~る。

↓タンはベトナムの別〇哲也風
father01.jpg


===
上映終了後、ファン・ダンジ―監督と主演のドー・ティ・ハイ・イェンくんが登壇。Q&Aに答えた。(進行は石坂健治プログラミングディレクター)

ドー・ティ・ハイ・イェンくんは、
――最初は自分も、ヴーは女性が好きなのか、男性が好きなのかよくわからなかった(笑)
でもしばらくしてからそれははっきりしました。


会場からの質問:
――Q:この作品はベトナム国内ではどういう反響があるのか?ベトナムでは同性愛に対してはどうか?
――A(監督):私の作品はベトナム国内では上映される機会がない。政府から助成金も得られない。今作もフランスの資本で製作された。
同性愛に関しては、ベトナムでは寛大だと思います。


映画の中で、出産制限の為、政府がパイプカットを奨励するというモチーフが出て来る。実際1990年代にあった事だと思うけど、そういうとこが政府批判と受け取られると思われ。
パイプカットをすると報奨金が出る。
目先の金にくらんだ若者が安易に手術を受ける。

今作をトラン・アンユン監督は、
「曖昧な生き方を描いた比類なき傑作」という。
「未来のヴィジョンのないベトナムの若者はぼんやりとした感覚しか持てず、後戻りの利かない重大な人生の選択をしてしまう」
なるほど~ まさしくそういうことを表現した映画でした。

↓監督とイェンくん
左はたまたま会場に来ていたベトナムの有名な女優さん。
日本でファン・ダン・ジ―監督の作品を見られてラッキーだったと言ってた。
father04.jpg

↓イェンくんはシャイなかんじがキュート☆
father05.jpg

ところで、タイトルの「大親父と、小親父」って誰の事だったんだろう??
質問すればよかった。

詩人の恋PageTopエル・クラン

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1314-b5f216ac

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード