FC2ブログ

Of Love & Law

「Of Love & Law」
( 2017/日本+イギリス/Of Love & Law )


lovelaw02.jpg


東京国際映画祭2017 その4
「日本映画スプラッシュ」
↑日本のインディペンデント映画が揃った部門
今年のこの部門の作品賞は今作が受賞した。

大阪在住の弁護士“夫夫”を追った異色ドキュメンタリ。

監督:戸田ひかる


カズくんとフミくんは大阪の下町で一緒に法律事務所を営む弁護士“夫夫”。
出会って15年。仕事も生活も常に二人三脚のふたりは、数年前に結婚式を挙げたが、法律上は他人同士。
そんな彼らのもとには日本全国から生きづらさを抱えた人々がやってくる。


これは傑作!!おもしろかった!
単に ♂×♂ 弁護士カップルを追うドキュメンタリと思っていたら、また違う切り口!
タイトル通り、二人のLOVEの部分と、二人が弁護士として関わるLAWの部分にフォーカスしたのがとてもユニーク。

カズくん(南和行弁護士)は本業の弁護士活動以外にLGBTに関する講演など積極的に活動している。冒頭の講演シーン。

――今ここに上がる前、一件のメールが入った。僕が相談を受けていたゲイの学生のお母さんからで、息子は亡くなり、遺品整理をしていたら先生のお名前がみつかり連絡していますという内容だった。

涙ながらに話すカズくん。LGBT、特にゲイの若者の自殺率が高い。まだ間に合う。僕が出来ることは何でもやると動く。

一方フミくん(吉田昌史弁護士)は、少年や家族問題を多く扱う。
児童施設が閉鎖になり、行き場を亡くした少年を一時的に家に預かった。フミくんは料理上手。少年に弁当を作り、一緒に料理をする。後片付けはカズくんがやる。
“弁護士夫夫”の多忙な日常。

そして二人を通して、今日本が抱える問題を追う。
「ろくでなし子裁判」
カズくんが合同弁護団に参加。ニュースを見ていただけでは理解できなかったろくでなし子の人となりやその主張が見えて来る。
ろくでなし子のお父さんが、彼女を理解していて支えていたのが印象深い。

↓ ろくでなし子さん(中央) 南弁護士(右)
lovelaw03.jpg


「無戸籍のこども」
日本に無戸籍の人は1万人。明治時代の古い法律のせいで苦しむ人が大勢いる。戸籍を得るまでには何十年もかかる。
しかし、どう考えても実情に沿わないこの法律、どうして改正されないのか、ほんとおかしい。
「君が代不起立の教師」
そして「同性婚」もそう。
「枠組みから外れた個人の権利は守られなくて当然」という空気。日本の社会の生きづらさ。
観客は前から“知っているつもり”のこれらの問題についてあらためて考えさせられる。

忙しい合間に二人は「里親になるための講座」を受講。最後に二人が里親としての資格認定されたことがわかる。男×男カップル初の認定だとか。

印象に残ったくだりがある。
つき合っていた時、家族愛に恵まれなかったフミくんは言った。
「俺には帰る場所がどこにもないんや」
それを聞いたカズくんは「俺がフミくんの“帰る場所”になる」と決めた。
ええ話や~

↓カズくんのお兄さん宅に集まった家族
後列青いシャツが一時預かりの少年
lovelaw01.jpg


二人が預かっていた少年は高校を卒業し今は自活している。新しく出来たカノ女に言う。

――俺が知っている中で、フミくんたちが一番理想のふ~ふ

上映終了後、戸田ひかる監督らスタッフ、南和行&吉田昌史、本編にも登場したカズくんの母ヤエさんも登壇。
会場からヤエさんに質問も出たw
「プライベートをさらすということに抵抗がなかったわけではないけれど、この映画で人々の理解が深まるのなら意義がある」とフミくん。
彼らの存在がひとつのロールモデルになっているはず。
映画祭の間に、来年の劇場公開が決定!
みんなに観てほしいです。

lovelaw04.jpg


===
先日朝日新聞にこんな記事があった。
「性別変更、元に戻せない」「思い込みで決断 後悔する人も」
「性同一性障害だと考えて戸籍上の性別を変えたものの、適合できずに元に戻したくなったというケースが何件かある。現行法では元に戻せない。そもそもそうした例を想定されていない」
今年6月家裁に変更の取り消しを求める手続きを申し立てた人の代理人が、大阪弁護士会の南和行弁護士だった。
「取り消しを予定していなかった法の不備を司法が救済すべきだ」
例外の道も必要。そうだよね。
→ この問題を扱ったドキュメンタリ作品「悔む人たち」があります(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2010)上映作品)

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件PageTopこんなはずじゃなかった!/恋するシェフの最強レシピ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1315-19bf7472

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード