FC2ブログ

スリー・ビルボード

「スリー・ビルボード」
(2017/THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI)


three01_20180225215805c34.jpg


やっと見た!
ベネチア国際映画祭脚本賞受賞。
トロント国際映画祭観客賞受賞(←最高賞にあたるらしい)。
先のゴールデングローブでは4部門(作品、脚本、主演女優、助演男優)受賞。
アカデミー賞6部門ノミネート(でも監督賞ノミネートから外されてる!)
監督マーティン・マクドナー
2月1日公開。
@TOHOシネマズ日本橋

ミズーリ州のさびれた道路の3枚の広告看板にメッセージを出したのは、7ヵ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。

「レイプされて死亡」
「なぜ?ウィロビー署長」
「犯人逮捕はまだ?」


犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。
そこから事態は思わぬ方向へと転がっていく――

おもしろかった~!!

脚本がよく出来てるんだよね。
予告や映画紹介では、導入部である看板広告の部分がまず紹介されてるけど、それはほんの序章に過ぎず、そこから先が見ドコロ!


ええええ~~ 
あれよあれよと予想もつかない展開に話が進む。
娘の死という重い要素が発端でありながら、どこかオフビートでダークなユーモアあり。

それぞれのキャラクターが立っている。
署長はよき夫よき父、人望も厚い。
ウッディ・ハレルソンが“いい人”を演じる日が来るとはね。
ところが彼は末期がんで自殺する。

three02_20180225215758140.jpg


彼の信奉者、部下のディクソン巡査は、差別主義者のクソ野郎だ。署長の自殺はミルドレッドのせいと思い込む。
このディクソンつうキャラが物語のキモのひとつ。(そして署長の残した手紙も)

↓サム・ロックウェルはゴールデングローブ受賞
さて、オスカーは??(これって”おいしい”役だよね)
three04_20180225215801e9b.jpg


ディクソンは実家暮らしのダメ男。
彼のママがキョーレツ!→ サンディ・マーティン

three03_20180225215759f92.jpg

ディクソンの何百倍クソビッチばーさん。
永六輔が「男のおばさん」なら、このママは「女のおじさん」
アメリカの田舎町にはこういうクソママがよくいるよな。
大体が仕事もせずカウチで一日中テレビ見てビール飲んでる。


ミルドレッドの協力者 ピーター・ディンクレイジ
彼はミルドレッドがスキ☆
three06.jpg


ケイレブ・ランドリー・ジョーンズくんは広告管理会社の人
(なぜこの人をつい「くん」付けで呼んでしまうんだろう?)
などキャスティングの妙も楽しめる。

three07.jpg

おっと
ミルドレッドの息子にルーカス・ヘッジス(「マンチェスターバイザシー」のカワイ子ちゃん)
three05.jpg


ラスト、今度は二人で暴走するミルドレッドとディクソン。
ハラハラするが、希望の光が感じられ、あと味は良い。

娘を失った母の悲しみの物語なのかと思っていたら裏切られる。

――行き場のない喪失感を抱えた時、人はどうなるのかを探求したかった

マーティン・マクドナー監督の言葉が腑に落ちました。

===
先のゴールデングローブ授賞式、“あの”ジョエル・コーエンがノミニーではなく、単にパートナーとして隣に座ってるってフランシス、なんてカッコいいのぉぉ~~!?
このキョーレツ個性の二人のこどもってどんなんだろ?と思ったら
→ ペドロ・マクドーマンド・コーエン パラグアイからの養子

three08.jpg


フランシス・マクドーマンド(57)はミルドレッド役を「祖母役に変更して欲しい」と監督に言ったが、ジョエル・コーエンに説得されたつうエピソードが彼女らしくて好っきやねん。
(フランシス・マクドーマンドって、ちょっと前までは“フランセス“・マクドーマンドって言ってたよねえ。フランセスの方が好きだな)

もう一発!

――監督と寝たから、役をもらったの

は、”ジョエル・コーエンの妻”、フランシス・マクドーマンドのお決まりジョーク! 
今や、ブラックなジョークになった。

セブン・サイコパスPageTopハッピーボイス・キラー

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1345-7450dde4

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード