FC2ブログ

男が痴漢になる理由

「男が痴漢になる理由」 斉藤章佳

男が痴漢になる理由
斉藤章佳
イースト・プレス
2017-08-18



新聞の書評欄に取り上げられており読んでみました。
著者は、アルコールや薬物、ギャンブルなど各種依存症の治療を行なっているクリニックの関係者(精神保健福祉士/社会福祉士)。
最近、痴漢を疑われて(実際犯人かどうかは不明)電車から線路に逃げ、死亡に至る不幸な事件が起きています。


著者いわく、本書はおそらく日本で初となる「痴漢」について専門的に書かれた本。この本を読むまで、“痴漢”について何も知らなかったなと思った。
12年の臨床データから明らかにされる衝撃的な実態の連続。

四大卒、会社員、妻子あり・・・

痴漢はどういう人間か?
つまりごく平凡な男性。
(この本では特に多い加害者=男性、被害者=女性について言及しています)
たしかにちょっとおかしな人がそばにいたら、女性は警戒するはず。

多くの痴漢は性欲解消として女性に触るわけではない。
痴漢行為の間、彼らはぼっ起していないという。
よく言われる「痴漢するくらいたまっているなら風俗にでも行け」というのは全くお門違い。
著者は、「ストレスの対処法(=コーピング)」の問題と言っています。
ストレスへの対処が下手だから生きづらい。
会社で嫌なことがあった、人間関係で嫌な思いをした→だから自分より弱い立場の人をターゲットに支配欲・征服欲を満たす。

痴漢はスリルとリスク(逮捕)が伴う“娯楽”であり、ドーパミンの出方も半端ない。やめるはおろか、行為はエスカレートしていく。
多くの痴漢はみな「捕まっていなければずっと続けていた」「捕まってホッとした」「安心した」と言う。
痴漢は「依存症」なのです。自分でやめられるものではないと著者は言います。

痴漢は勤勉で努力家。事前のリサーチを怠らず、駅のホームの位置関係やターゲットの研究に多くの時間を費やす。
“努力家”というくだりにぷっと吹きました。(ちなみに派手な服装の女性はターゲットにしません)

人は何をきっかけに痴漢行為に目覚めるのか?
多くは他人の痴漢行為を目撃し、「やってもいいんだ」「意外と簡単なんだ」「女の人は何も言わないんだ」というところから始まる。こから「認知のゆがみ」が始まる。

「女性も喜んでいると思った」

これはレイプの現場でよく聞かれる言葉。

また、「スイッチが入り、無意識のうちに痴漢していた」
「スイッチ」というのも多くの痴漢が使う言葉。
何者かがスイッチを入れたせいと言わんばかりの都合の良い言い訳。

この本を読んでいて一番怖いと思ったのは、この都合のよさ。
クリニックに通い治療を続けて行くと多くの者は反省を始めるが、
「家族に心配をかけた」「家族と過ごす時間を増やそうと思った」自分と家族のことばかり。
どの受講者からも「被害者」という言葉は出て来ない。
彼らにとって被害者は見えない存在、記憶から抜け落ちているのだ。
なぜか?被害者の存在を考えると痴漢を続けられなくなるから(治療中にも拘らず!!)

なんて都合の良いこと!

被害者の方は忘れたくても忘れられないのに。
読んでいてむかむかしてくるけれど、著者は被害者の代わりに、何度も!大いに!憤ります。
だからなんだか救われる気分で、すっかりのめり込んで読んでしまった。

「反省も贖罪もない加害者たち」と著者は斬る。
逮捕された痴漢は反省ではなく、「たまたま運が悪かった」「次は失敗しない」と思うだけ。

何度服役してもやめられない。
性犯罪の中でダントツの再犯率(80%以上)!
むしろ逮捕された時の恐怖がさらなる強い刺激となり達成感が増幅されるというから言葉がない。

治療プログラムについてもページを割いている。
治療期間は最低3年が基本。治療は簡単な道のりではありません。
その一つに「薬物療法」もあり(えっ、薬が痴漢に効くの!?)

また悪影響を及ぼすアダルトコンテンツの規制も訴えています。
多くの痴漢はジャンル「痴漢」のAVを見ている。
これは更なる認知のゆがみを増幅させる。
「こういうやり方もあるんだ」「痴漢を喜ぶ女がいっぱいいる」

インターネットの弊害も大きく、プログラム受講者にはフィルタリングを勧めている。
また、加害者家族のケアにも取り組んでいる
→妻・母は自分を責めるが、父親は当事者意識がなく的外れなことを言う。
「おまえの育て方が悪い」と妻をなじる。
加害者自身もとんちんかんな父親に「もう面会に来ないで欲しい」と言うくだりに吹いた。

痴漢大国日本、こんなに多くの被害者を日々出しているのに、国の動きはなぜこんなに鈍いのだろうか?!
著者は、そこに「男尊女卑」という日本特有の根深いものがあるという。

服役中のプログラムも多くの者が抜け落ちているし、受けられる施設は限られている。
本書によると、一人の痴漢が裁判等司法手続きにかかる費用は1千万円。刑務所に入ると年間300万円かかるという。
初犯の段階での治療・予防に取り組むべき。

チロルはこのことを中学とか高校で教えるべきだと思う。
あなたたち全員が痴漢予備軍ですよ、と。
「夏休みの課題図書」にして、読書感想文を出させたら?

===
インタビューで、
斉藤さんは、被害者がもっと楽に被害を訴えられる仕組みづくりが必要と言う。
車内のボタンで通報できるなど可視化できるだけで随分変わるはず。
そして社会に根強く残る男尊女卑な価値観を変えて行かなければならないとも。

また、大阪大学大学院牟田和恵教授は、被害を軽く見る社会環境を指摘。
周囲の人、特に男性が被害にあっている女性を助け、痴漢を許さない姿勢を示すことは大きな効果がある。
企業や学校は痴漢被害にあった場合に遅刻や欠勤・欠席扱いせずサポートする姿勢をと語る。
目撃者として摘発に協力した場合もこれに準ずる。
牟田先生は「冤罪」は古い情報に基づいた「都市伝説」に近いと言ってます。
今は手についた繊維片やDNA鑑定などの捜査が進んでいるそうです。
===
牟田先生の意見に頷きました。
日本は(特に都会で)他人と関わるということが希薄だと思う。
他の国では被害にあっている人を見たらもっと積極的に関わるのでは?
冤罪を怖れる男たちにとっても、被害女性一人の訴えだけでなく、第三者の人たちがもっと証言してくれれば救われるのでは?

冤罪に関しては、あなたの周りで冤罪被害にあった人を知っていますか?と言いたい。
ではあなたの周りで痴漢被害にあった人はどうですか? 
姉や妹は?妻は?娘は?

招かれざる客PageTopローサは密告された

Comment

私も新聞の書評で気になってました。書評文に、加害者が「一生懸命仕事したご褒美に痴漢する」みたいな意識でやってる、というような記述があって、何それ!!!って頭にきた記憶があります。

 >「夏休みの課題図書」にして

学校での道徳の教科化より早急に大事なのはこっちです。是非そうしてほしいです。あとリボ払いに手を出すな、っていうのもお願いします。

■アラスカさん

アラスカさん、

> 私も新聞の書評で気になってました。書評文に、加害者が「一生懸命仕事したご褒美に痴漢する」みたいな意識でやってる、というような記述があって、何それ!!!って頭にきた記憶があります。

そうなんです!もう開いた口がふさがらないというか、唖然としたまま読んでました!
記事に上げなかったエピソードがまだまだいっぱいあります。
痴漢はノルマを決めていて(〇日間で8人とか)、よいターゲットがみつからずそれを達成できないと、いつもの路線を引き返してまた物色、往復したりする。当然会社は遅刻。仕事中もノルマのことで頭がいっぱい。なんかもう人として終わってるな感。

> 学校での道徳の教科化より早急に大事なのはこっちです。是非そうしてほしいです。あとリボ払いに手を出すな、っていうのもお願いします。

あはは!ほんとですよね。
この本を読んでいると、ばからしくて笑っちゃうとこがいっぱいあるんですよ。授業でやったらクラスで爆笑ってことになるかも。
でもこの時笑っていた自分が将来・・・って悪夢のようなことにならないことを祈ります。

あと、「奨学金」は借金、ローンというのも加えて欲しい。でもこれらのことを誰がどう教えるか、というのも問題。先生に勉強してもらって教えるのも教師の負担が重くなるし、悩ましいところです。当事者、体験者の声が説得力があると思うけど。

依存症は何であれ怖い

こんにちは。
どっかのお役人のセクハラ問題も、男尊女卑以外の何物でもありませんよね。
痴漢は自分より弱い立場の者をターゲットにする、それはつまり弱い人間を見抜く力があるってことでしょうか。
強いか弱いかの上下関係でしか物事を捉えられない人は、色々と問題があると私は感じてます。

■ケフコタカハシさん

こんにちはァ

> どっかのお役人のセクハラ問題も、男尊女卑以外の何物でもありませんよね。
> 強いか弱いかの上下関係でしか物事を捉えられない人は、色々と問題があると私は感じてます。
セクハラって結局パワハラですよね。上下関係があるから起こる。
お役人も痴漢と一緒なのに自分がえらい人間だと思ってる。ズレてますよ。

> 痴漢は自分より弱い立場の者をターゲットにする、それはつまり弱い人間を見抜く力があるってことでしょうか。
痴漢はターゲットに対しても研究しているんですよ。
女の子ならだれでもいいってわけじゃないんですよね。
前述した「派手なコ」=そんな恰好してると痴漢に会うわよっていうようなコは狙わない。
そういう子は自己主張してる子だから、反撃にあっちゃうリスクあり。
地味でおとなし目、被害にあっても声をあげられないような子を選ぶといいます。

>依存症は何であれ怖い
ほんとにそう思います。
某メンバーもいばらの道。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1372-52d70bd1

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード