FC2ブログ

カメラを止めるな!

「カメラを止めるな!」
(2018)


camera04.jpg

5月、K’sシネマで「 台湾巨匠傑作選 2018 」を観ている時、毎回この予告編が流れていた。
その時はまさかこんなに大ヒットするとは夢にも思わなかったッス。
あまりの混雑ぶりに8月3日からの拡大公開を待って観ました。それでも満席でした。ゴイス~ 
監督上田慎一郎
@TOHOシネマズ日本橋

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。


camera01.jpg


この作品は口コミで広まっていったわけだけど、ヒットの要因がいろいろ言われているわよね。
「おもしろいんだけどネタバレになるので、どこがどうおもしろいか語れない」
→ 「とにかく見て!」
→ 言われた方はもやっとする
→ 「こりゃ自分の目で見らんといかんばい」
ということで劇場に足を運んだ人が多かったのでは。

大きな要因はもちろん大胆な構成の脚本にあるけれど、チロル的には無名の俳優ばかり使ったってところが好き。
無名ゆえにとってもリアルで底知れぬパワーを感じるのよ。

オープニングからの37分ワンカットってのが緊張感あふれる。
そこからの第2部は、全く違うターン。

いやあ、笑った笑った!
近年映画でこんなに笑ったのってあったっけ?
上田監督のインタビューを聞くと、「お笑いか映画か」と進路に悩んだことがあったとのこと。
そっかあ、人を笑わせるのが根っから好きなのね。大いに納得よ。
笑いすぎて涙が出たけど、その一方でほろっとさせるところもありぃの。
そこがこの作品のミソであります。

この映画見ながら、朝ドラの涼ちゃんのこと考えちゃった。
プロデューサーの理不尽な要求に応えながら、使えないスタッフや俳優をなだめ、来る仕事は拒まず。
涼ちゃんよ、映画監督になるためにどんな努力をしたんだ?と言いたいチロルなのであった。
なんだかそれなりに涼ちゃんは成功しているようで・・・。

最初の2館では、未だにスタッフ&キャストの舞台あいさつがあるようです。
これから見る方なら是非そちらに。

カメラは止めな~い!!
camera03.jpg

ナイスガイズ!PageTopゴーストバスターズ

Comment

観た人にしか分からない面白さです!
泣きながら笑ったわ!

■けんちゃん

おおお 観に行ったのね~~

> 観た人にしか分からない面白さです!
> 泣きながら笑ったわ!

ほんまほんま!
まるっと同意!

前半でなんだか違和感感じたところが、
後半で次々と回収して行くとこが快感!
ほんと笑いすぎて涙がとまらなかったよぉ

観たら誰かに言いたくなる映画であります。
「とにかく観に行ってみて!」と

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1410-7c6bf911

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード