FC2ブログ

ウインド・リバー

「ウインド・リバー」
(2017/WIND RIVER)


wind03.jpg


この作品、評価高く見たいと思ってました。そろそろ公開終了しちゃうと思っていたら、風邪をこじらせた。
復活したところでギリ間に合った!セーフ!
7月27日公開 9月半ばに観ました。
@角川シネマ有楽町
カンヌ国際映画祭「ある視点部門」監督賞受賞。
監督:テイラー・シェリダン


アメリカ中西部ワイオミング州、ネイティブ・アメリカンの居留地ウィンドリバーで女性の遺体が発見された。FBIの新人捜査官バナーが現地に派遣される。第一発見者のベテランハンター コリーに協力を求め捜査するのだが・・・。



とてもよかったです。
ふつうこういう話は、「犯人は誰なのか?」ということが焦点になるものだけど、この作品が描きたかったのは別のところにある。

彼女は18歳のネイティヴ・アメリカンだった。
なぜ彼女は真夜中裸足で雪原を逃げなければならなかったのか。

監督のテイラー・シェリダンは「ボーダーライン」(2015)「最後の追跡」(2017)の脚本家。
今作を含め「辺境三部作」。今回初の監督作品。

テイラー・シェリダンは身近で起きた出来事を調べていたところ、ネイティブ・アメリカンの女性失踪者の統計が全くないことに驚いたという。
ネイティブ・アメリカンは極寒の地に追いやられ、居留地は治外法権で、殺人事件の場合のみFBIがやって来る。なので女性が“失踪したくらい”では誰も動いてくれない。
劇中、バナーが「この広い地域をたった6人の警官!?」と驚くシーンがある。
その後オバマが36名に増員したそうだけど、今はどうなっているのか?
地域の失業率は80%とも言われている。
ここには絶望しかない。
シェリダンが描きたかったこと、たしかに伝わりましたよ~

wind01.jpg

FBI バナー(中) エリザベス・オルセン。 存在がなんだかうざい
(右) ジェレミー・レナ―って職人気質だな
居留地の警察署長(左) グレアム・グリーン ネイティヴアメリカン役の常連
彼は ”オナイダ インディアン”。 部族っていっぱいあると知ったよ~

ジョン・バーンサル 絶対ワルいヤツだと思ったら予想ガ~イにいい役だった
↓ 田亀先生の画みたいなのよね~ 
wind04.jpg



冒頭の被害者ネイティヴインディアンのナタリー役ケイシー・アスビル きれいだった。

wind05.jpg

===
観ながら「フローズン・リバー」(2010)という作品を思い出した。
ニューヨーク州とカナダの国境にある川を舞台に、ネイティブ・アメリカンの居留地を描いた。
これも地味な作品ながら秀作だった。

フローズン・リバー [DVD]
メリッサ・レオ
角川映画
2010-12-10



エバー・アフターPageTop君の名前で僕を呼んで

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1422-46f1859d

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード