FC2ブログ

ピリオド -羽ばたく女性たち-

「ピリオド -羽ばたく女性たち-」
(2018/USA/Period. End of Sentence.)


period01.jpg


2019年アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞。
”生理の映画” 25分の作品です。
@Netflix
監督 : ライカ・ゼタブチ


インドの田舎の村で、機械を導入して安価な生理ナプキンを製造することで生理への悪いイメージを払拭し、女性たちの経済的自立を促そうと立ち上がる人々を描いたNetflix製短編ドキュメンタリー。

アカデミー賞前に観たのですが、ごめんなさい、まさか”生理の映画”が受賞するとは思いませんでした。

インドでは、まだまだ生理用ナプキンが普及していない。
せっかく学校に通っていても、生理が始まった少女たちは、”布”を取り替える煩わしさや恥ずかしさで学校に行けない→中退してしまう、という子も少なくない。
生理用ナプキンは女性の教育と密接に関係する。

映画の「パッドマン」のモデルになったアルナーチャラム・ムルガナンダムが登場!
「インドでの生理用ナプキン普及率は10%以下。100%にしたい」

period04.jpg


パッドマン 5億人の女性を救った男 [DVD]
アクシャイ・クマール
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2019-04-24



ある村にナプキン製造機が導入された。
作り手は村の女性たち。
自分たちで作って売り込みに行く。
村の「よろずや」店主は男ばかり。
そこにこの製品を売り込みに行くのは、たしかになかなか勇気がいるな。

村の女性の中にスネバがいた。
スネバは、「女性には自由がない」という。
結婚した後、特に自由がない。
彼女は警察隊に入りたいと思っている。
「結婚から身を守るため」

スネバは美人で聡明。
おそらく村では浮いた存在だと思うわ。
period02.jpg


スネバはナプキンの営業に励む。
この売上げを警察隊に入るための学資にあてたいと思っている。
インドでは、警察はエリートで狭き門なのだ。

各家庭も回ってみる。
「妊娠中だから必要ない」と門前払いの家あり。
使ってみたいという家も多くあり、手ごたえを感じるのだった。

やがて売り上げがみんなに分配される。
村には女性の仕事なんてない。
はじめて自分で稼いだ金を手にする女性たち。
うれしいだろうなあ。

観ているこちらもうれしくなっちゃう、希望が見えるドキュメンタリーの一作。
アカデミー賞受賞も彼女たちの活動の勇気となるでありましょう。

Rayka Zehtabchi 監督(黒いドレス) LA を拠点に活動するイラン系アメリカ人
隣りはプロデューサー メリッサ・バートン
アカデミー賞授賞式のステージは彼女たちのエネルギーとパワーで溢れてました。
period03.jpg

関連記事 :
パッドマン 5億人の女性を救った男

ブラック・クランズマンPageTopブラックパンサー

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1471-a9d22429

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード