FC2ブログ

ソヴァージュ

「ソヴァージュ」
(2018/フランス/Sauvage/WILD)


sauvage05.jpg


「映画/批評月刊~フランス映画の現在をめぐって」 その3

【第28回 レインボー・リール東京 (2019) 上映作品】

「BEST OF 2017-2018」 の一本。
カミーユ・ヴィダル=ナケ監督の処女長編作品.。
カンヌ国際映画祭批評家週間にてプレミア上映.。

22歳の青年レオは、街娼をして僅かな金を稼いでいた。次から次へと行き交う男たちに、彼は愛を求め、身体を差し出す――



冒頭、青年が診察を受けている。
やがてドクターは彼に、服を脱いで診察台に横になるように言う。
さらに下着も脱ぐように言い、鼠径部を押して行く。
するとドクターは青年のペニスを扱き出し・・・。

あああ、あかんがな。ドクター、そりゃ、あかんでえ
と思っていたら、青年は男娼、ドクターは客、“プレイ”だった(客は実は税理関係) 
 どっひゃあ~!

レオたち男娼は、ブーローニュの森のようなところで立ちんぼして客を待つ。

Sauvage04.jpg


中にはひどい客がいて、この辺の描写は観ていてツラい・・・。
それでもとにかく、レオは“自由”だった。

↓こいつらは悪いヤツらです
Sauvage03.jpg


やがて、なにかとレオの面倒を見ていたアニキは、リッチな“パパ”とポルトガルに行ってしまった。
「おまえも優しい誰かをみつけろ。おまえは愛される性質なんだから」
んだんだ と見守る観客をよそにレオは、悪名高いヘンタイのイケおやじ(血と拷問好き)のヴィンテージジャガーに乗ってしまうのだった。やけになったのかしらね。

傷だらけで倒れていたレオは、顔見知りのオヤジ:クロードに助け出される。

Sauvage01.jpg


冒頭の診察室のシーンからの~診察室のシークエンスがある。
中盤、路上で倒れたボロボロのレオは、母親ぐらいの年のドクターの診察を受ける。
結核の疑いと言われた時は、やばいんじゃね?と思ったわよ。

終盤、またも診察室のシークエンス。
別人のように小ぎれいで健康的になったレオは、クロードの友人(と思われる)ドクターの診察を受けている。
クロードの仕事の関係でカナダについて行くことになったレオにドクターは言う。
「心配なんだ、クロードのことが」
また観客を不安にするのね。やだわあ。

そして空港・・・「飛行機にはじめて乗る」と笑うレオ。
立ちんぼしていた森は空港の近くで、かつてはと飛び立つ飛行機を下から見ていた。

このまま幸せになって!とみんな願ってる。
と同時にこのまま終わらないこともわかってる。

ちょっとした隙にレオは空港を逃げ出し、近くの森深くに分け入り、大地に丸まって眠るのだった――

Sauvage02.jpg


タイトルの「ソバージュ」sauvage=wild とはそういうことかと合点がいった。
人は何を求めるのか?何を幸福と思うのか?

主演のフェリック・マリトー、フランスの俳優はここまで肉体をさらけ出し、体を張るのだなと。とっても魅力的でした。
BPM ビート・パー・ミニット 」(2017)にも出演。(どこに出てたか思い出せず)

この作品は動画配信されてた。かなり過激な描写の連続だったけど、今や動画配信はOKなのかしらね。このままそちらの方向に向かうのを願うばかりです。まだ観られるのかも。

ワイルド・ボーイズPageTop20年後の私も美しい

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1483-2139f61d

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード