FC2ブログ

存在のない子供たち

「存在のない子供たち」
(2018/レバノン/Capharnaum)


Capharnaum01.jpg


レバノンの貧困に生きる少年の姿を描いた。
お盆に観ました。
カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞&エキュメニカル審査員賞受賞。
監督: ナディーン・ラバキー
劇場公開日 2019年7月20日
@新宿武蔵野館
↑リニューアル後、“改悪”され、出来れば回避したい映画館のひとつ。
前の人の頭でスクリーンが見えないよ~ 何とかしてくれ~


両親を告訴する。
こんな世の中に僕を産んだから。


中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うことなく朝から晩まで両親に働かされていた。ところが11歳の妹が強制結婚させられ、家を飛び出した――

12歳(推定)にして壮絶な人生を生きるゼインくんにただただ圧倒されます。
ゼインくん、こどもなのに目だけ老成してて、見ててやりきれない。

あれ、これドキュメンタリじゃないよねえ??というリアル感。
それもそのはず、出演者はみな映画の中の役とシンクロするような境遇の人々だった。シロートなのにここまでやるとは。

妹役のコが美人ちゃん
Capharnaum05.jpg


貧困だけでなく、児童婚や難民移民、人身売買の問題も描く。
家出したゼインくんは放浪の末、エチオピア難民の女性に拾われ、彼女の息子の世話をする。

とは言え他人の彼女の方が、体を洗ってくれたり、ごはんを食べさせてくれたり、実の親よりずっと温かい。
不法移民という危うい身分ながら、彼女が息子に寄せる愛情を目の当りにして、ゼインくんのせつない気持ち・・・。

そんな中彼女は移民局に検挙される。取り残されたゼインくんはちびっこを連れて彼女を探しに行く。

なんかもう・・・言葉がないです。

そして刑務所に収監された後、支援する団体に助けられ、冒頭の親を訴えるという場面になるわけです。
弁護士役がナディーン・ラバキー監督。

Capharnaum04.jpg


Capharnaum03.jpg


↓ カンヌにて
Capharnaum02.jpg

ゼイン君は現在スウェーデン(だか北欧)で暮らしています。よかったな。

エチオピア女性の赤ちゃんのコは、映画の中では男のコだったけどほんとは女のコちゃんだと監督さんが言ってました。


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドPageTop永遠に僕のもの

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1538-9525cbe8

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード