FC2ブログ

ナイトクローラー

「ナイトクローラー」
(2014/Nightcrawler)


nite1.jpg

ベルベット・バズソー 血塗られたギャラリー」(2018)の前にダン・ギルロイ&ジェイク・ギレンホールのコンビで製作されたもの。
脚本家ギルロイ(「ボーンレガシー」)初監督作。
2015年8月22日公開。

人脈も学歴もないルイスはたまたま事故現場に出くわす。
そこで衝動的な映像を撮ってはマスコミに売る「ナイトクローラー」と呼ばれるパパラッチの存在を知る。ルイスもビデオカメラを手に入れ事件現場に駆け付ける。その後彼の過激な映像はテレビ局に買い取られるが――



ナイトクローラーは警察無線を傍受して、警察よりも早く現場に駆け付ける。常に何かの事件や事故が起きてるってとこがさすがLA。
ニュース番組のディレクター ニーナ(レネ・ルッソ)は視聴率の為、ルイスにもっと過激な映像を持って来いと要求する。

nite03.jpg


やがてルイスは一線を越える。
警察と犯人のカーチェイスを撮る為、ギリギリまで接近、それが大事故となる。ある時警察より早く現場に着いたルイスは刺激的アングルの為に遺体を動かす。通報があった現場の住居に侵入し、家の中を勝手に撮影したり。

そりゃヤバいだろと思うけど、モラルを守っていたらスクープ映像は撮れない。
エスカレートして行くのは止められない。それは見る側が求めているから。

nite02.jpg

「ベルベット~」との共通項も見える。
金や名声の為に一線を越えてしまった人間を描いた。
レネ・ルッソはどちらも“あちら側“の人間を演じた。
“こちら側”=ノーマルでフラットな感覚を持った人間も配してあり、それが「ベルベット」ではアシスタントのナタリア・ダイアーであり、今作ではルイスの助手リズ・アーメド。しかし二人は幸不幸分かれる。

悪魔に魅入られたようなジェイク・ギレンホールは役づくりの為ずいぶんウエイトを落としたようで、目ばかりギラギラしてブキミ。まさに(一線を越えた)モンスターを体現していた。

ケネス・アンガー「ハリウッドバビロン」にはこういったカゲキな現場写真がたくさんある。
昔は警察内部の人が流したのかな?と思っていた。
いつの時代もナイトクローラーはいたってことね。







親友はゲイで妻の元カレPageTop僕のワンダフルジャーニー

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1540-34c00f39

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード