FC2ブログ

永遠に僕のもの

「永遠に僕のもの」
(2018/アルゼンチン+スペイン/El Angel/THE ANGEL)


angel02_201909032151208fb.jpg


「人生スイッチ」(2014) 「エル・クラン」(2015)に続く、ペドロ・アルモドバルが製作に名を連ねるアルゼンチン映画。
17歳から数年の間に12人を殺害した“美少年”カルロス・ロブレド・プッチの物語。実話です。
監督 ルイス・オルテガ
劇場公開日 2019年8月16日
@ヒューマントラストシネマ有楽町



1971年ブエノスアイレス。盗みを繰り返す17歳のカルリートスは、転校先の学校でラモンと出会う。意気投合した二人は様々な犯罪に手を染めて行く――

冒頭大きな邸宅に忍び込むカルリートス。
室内を物色した後、逃げるでもなく優雅にレコードをかけ踊り始める。
そのダンスのキレもよく、ただ者じゃない感。つかみはOK!

ラモンの家は泥棒一家で、ラモンのおやじはカルリートスにとって盗みは天職と見抜く。
カルリートスが最初にラモンの家に行った時、
おやじのサルマタから“タマ”がのぞいている→タマのクローズアップ→タマを凝視するカルリートス
さすがラテンの映画は違う(笑)
こういうオフビートなショットがちょいちょいあり、楽しい!

カルリートスの盗みの手口はひたすら大胆。
やがて何のためらいもなく人を殺して行く。
こういう他者に共感する情緒的感情を持たないという点で、やっぱり彼はいわゆる「サイコパス」なのかなと思う。

今作が映画デビューのロレンソ・フェロくん。
彼を美しく見せる前半の盛り盛りショット、ミケランジェロの彫像とかカラバッジョの描く美少年風。
ブロンズの巻き毛も映画マジック。素のインタビュー画像とか見るとふつーの少年だった(笑)

angel03_20190903215124dfe.jpg



そんな彼でもラモンに特別な感情を持っているのはたしか。
それが同性愛的なものであるのは明らかだけど、あえて二人の関係をそっちに持っていかなかったとこがミソ。

angel01_20190903215121e14.jpg


リッチな美術収集家(ゲイ)は金を払って若い男のコのナニをナニするのが趣味。
ラモンはすっかり気に入られてナニをナニさせてやるのだった。
それを盗み見るカルリートス。
などとクイアなモチーフもあり。

ラモン役チノ・ダリンは高校生に見えねえだろ!つう29歳。
ブエノスアイレスの殺人」(2014)でもクイアな役を演じた。
↑これのチノ・ダリンは超イケてた。
たしかNetflixに着ているから観られる方はぜひ!!

盗みも楽しいけれど、それはラモンと二人でやれるから。
ところがラモンはスターを目指してショービズの道へ。
自分の元を離れて行くラモンにカルリートスは・・・。

それが邦題「永遠に僕のもの」になっているのだわね(オリジナルタイトルは「EL ANGEL」)

アルモドバル組セシリア・ロスがカルリートスのママ役で出演。
彼女、アルゼンチン出身だったのね。知らなかったでし。

音楽が超かっちょぶーでした~! センスいいよ~

↓リアル カルリートス
彼は今年でムショに45年収監中。アルゼンチンでもっとも長い記録。現在67歳。
angel04_20190903215125a73.jpg

angel07.jpg



監督さんがマジクールなんすけど~

後ろのペド美 相変わらず顔デカい
angel05_201909032151271db.jpg

angel06.jpg

存在のない子供たちPageTop英国スキャンダル〜セックスと陰謀のソープ事件

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1544-fa8b9d86

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード