FC2ブログ

モーテル・アカシア

「モーテル・アカシア」
(2019/フィリピン+スロベニア+マレーシア+シンガポール+台湾+タイ/Motel Acacia)


acacia01.jpg

2019年第32回東京国際映画祭「アジアの未来」部門出品作品。

2本目は多国籍ホラー大作です。

TOP画像、若い男のコがおじさんにコマされている図ではありませんよ~ 
パパだから~ いや、ホント パパさんじゃなくて、ほら、生物学的な

監督:ブラッドリー・リュウ(「墓場にて唄う」)


JCはフィリピンから雪深いヨーロッパにやって来た。
そこでモーテルをやっている父が息子に引き継ぎたいと呼び寄せたのだ。
そこは西側に入国したい移民たちの拠点となっていて、移民を受け入れたくない町議会の命令で、このモーテルで彼らは密かに殺されていたのだ。
イノセントなJCは、そのことにショックを受ける。
自分には出来ないと逃げ出そうとするが、雪道で事故を起こし父親は死亡する。
モーテルに帰ったJCはそこに“モンスター”がいることに気づく。

ブラッドリー・リュウ監督はマレーシア出身・フィリピン在住、その他多国籍スタッフ・キャスト参加のホラー大作。
けっこーお金かかってんど~

次第にモンスターの正体が明らかになるんだけど、実はこの日毎年恒例の「山梨ヌーボーまつり」@日比谷公園の帰りだったので、前半意識をなくしてました。
アカシアの木を木こりが切ってしまい、その木の精霊が正体らしい。
え、そんなシーンあったの?って話よ。
フィリピンに古くから伝わる”おばけ”のような存在が元のなっている。

モンスターはアナログっぽく、ふた昔前のクリーチャーみたい(ギーガー風な)。

Q&Aには監督、JC、プロデューサーが登壇。
CGを使わなかったことに関して質問が出ました。
監督はかつてのジョン・カーペンター映画のようなのを作りたかったと言ってました。
そして目の前にあるものしか信用しない,、CGは使いたくないという方針。

JC役JC・サントスくんがとってもキュートで、がんばって~!と応援したくなっちゃう。
サントスくんは、ロケ地のスロベニアが寒くて撮影が死にそうだったと言ってました(笑)

えーっと、ヒューマントラストシネマ渋谷かシネカリあたりで上映されそうな映画だな~と思いました。

団地の女学生PageTop私たちの居場所

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1571-f0e0b9f1

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード