FC2ブログ

CLIMAX クライマックス

「CLIMAX クライマックス」
(2018/フランス+ベルギー/Climax)


climax05.jpg


年末に 「ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10」 が発表された。
ほほぉぉ~
晴れて1位に選ばれた作品が1月末まで上映されていると知り、ソッコー行ってきました。ギリ
監督: ギャスパー・ノエ
@渋谷アップリンク
劇場公開日 2019年11月1日

1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。リハーサルを終えてダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。

climax02.jpg


大きなボウルに注がれたサングリアを浴びるように飲みながら、爆音で流れる音楽に身をゆだねるダンサーたち。

climax03.jpg


ギャスパー・ノエは怖くて近づけない監督。
でも、ジョン・ウォーターズ ランキングベストというなら観らんといかんね。

究極のバッドトリップ映画でした。「絶頂」映画ともいう。
悪夢のような一夜を描く。

悪夢のはじまりは、ドイツ出身のダンサー(♀)がホールの真ん中でいきなり立ったままおしっこしたとこからだった。

ぎょええええ~

これはただの酔っ払いとは違うと、ダンサーたちも観客も気づき始める。

サングリアに何者かがLSDを混入。
ダンサーたちは次第にトランス状態へと堕ちていく。
まさに集団ヒステリーに発展。
誰がLSDを混入したのか? 
犯人探しに疑心暗鬼になって行く。

climax04.jpg


サングリアを作ったマネージャーの息子ティトがノリノリの会場につられて、こっそりサングリアを飲んだりとひやひやでし。

導入部のダンスシーンが圧巻で、トランスミュージックのうねりと共に不思議な世界へと向かう。
主演のソフィア・ブテラ(「キングスマン」)以外は演技未経験のプロのダンサーで、アクロバティックな動きに見入っちゃう。

この不思議なダンスは、どうやら ”ヴォーグ”と”クランピング”。
”ヴォーグ”は、「パリ、夜は眠らない。」(1990)「キキ ―夜明けはまだ遠く―」(レインボー・リール東京 (2017)上映作品)に出て来たヤツだよね。

ダンスのシーンは俯瞰で、時にさかさまになったり、手持ちで手ブレしたりとカメラがやたら挑発的!!
→ カメラは ブノワ・デビエ

前述のティトくん、実はスゴイいダンスの達人なのだったw
各地のプレミアで他のキャストと一緒にプロ並みダンスを披露してます。
尚、左のママ(マネージャー)は実はトランスの女優さんだった

climax01.jpg

あおられっぱなしの97分でした。

===
「ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2019年の映画ベスト10」 

1. 「CLIMAX クライマックス」ギャスパー・ノエ監督
2. 「Joan of Arc」ブリュノ・デュモン監督
3. 「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」クエンティン・タランティーノ監督
4. 「ボーダー 二つの世界」アリ・アッバシ監督
5. 「Amazing Grace」アラン・エリオット、シドニー・ポラック監督
6. 「Hail Satan?」ペニー・レイン監督
7. 「Pain & Glory」ペドロ・アルモドバル監督
8. 「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」ファティ・アキン監督
9. 「The Souvenir」ジョアンナ・ホッグ監督
10. 「ジョーカー」トッド・フィリップス監督


スター・ウォーズ 最後のジェダイPageTophis

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1600-6ec556c6

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード