FC2ブログ

his

「his」
(2020/his)


his01.jpg

昨年のレインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)で「his」のチラシが置いてあった。そちらはドラマ版(全5話)で、そこから13年後を描いたのがこの映画。(ドラマ版は未見)
監督: 今泉力哉(ドラマ版も)
@新宿武蔵野館
劇場公開日 2020年1月24日

ゲイであることをかくして田舎町で暮らす迅(しゅん)の前に、6歳の娘・空を連れたかつての恋人渚が現れる――

冒頭、大学時代のラブラブな二人。突然渚が別れを切り出す・・・
ってのがあったので、こちとら「はア どのツラ下げて来てんのよ!」
と思っちゃったもんね。渚の傍若無人&チンピラ感にも不信感。

だけど、だんだん彼の内面や本質がわかって来るのね。
と同時に、
迅がなぜ都会を離れてここで暮らしているのか?
なぜあの時渚は別れを告げたのか?
というのもわかって来てぐっと来る。脚本よく出来てる。

his02.jpg


とにかく話がベタじゃない。ナチュラルでリアリティ感じる。
それもそのはず、夫夫弁護士 南和行監修だった。
→ 南和行とパートナー吉田昌史のドキュメンタリ「愛と法」は こちら

なし崩しに三人での生活が始まる。
空もしゅんくんになつき、町の人々にも受け入れられる。
このまま三人でここで生活して行きたいと思い始めた迅。
しかし、ある日渚の妻玲奈が空を連れ帰ってしまう。
渚は妻と離婚調停中。親権をめぐって妻と争っていたのだった――

終盤は空の親権をめぐる裁判劇。
ああ「クレイマー、クレイマー」!
と思ったら、脚本家のアサダアツシが宮沢氷魚に事前に観ておくようにリストアップした映画に入っていた(笑) 
だよね~

ただ、「クレイマー、クレイマー」(1979)と違うのは、男女が逆転していること。
今作は渚が家事育児を担っていて、玲奈が働いていた。
あれから40年だもんね。

クレイマー、クレイマー [Blu-ray]
ダスティン・ホフマン
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2010-04-16



キャスティングも文句なし。
宮沢氷魚 いいね~ きらめきあり。
本人は嫌がるだろうけど、DNAってすごいなあと見ながら何度も思った。
顔は父・宮沢和史そっくりで、母・光岡ディオンのアメリカの血も出ている。

his04.jpg


藤岡季節もリアルな存在感と言えばいいのか、ほんとに渚そのものだった。
よかったよ~ん。

こういうキャスティングは、すでにある程度売れている俳優だと興ざめするし、かといって全く無名だとチープ感出ちゃったり、バランスが難しい。その点主演の二人は過不足なし。ナイッス!

他、しゅんくんに思いを寄せる市役所職員松本穂香や鈴木慶一と犬のゴエモン(カワイイ☆)など脇役陣もよかったな~
玲奈役松本若菜ってきれいだよな→「無伴奏」(2015) の美しい姉だったか。

his03.jpg


アウティング(冷や汗)があったり、玲奈と母の関係とかいろんなモチーフが描かれる。
玲奈も生きづらさを抱えている。
どんな方にもお楽しみいただけます。

渚が登場した時、あのチンピラ感(自由すぎるともいう)に語シスコがよぎった。
終わってみたらやっぱり渚ってシスコ的キャラだったな・・・(ってわかる人にだけわかる話をしてすみません)

CLIMAX クライマックスPageTopアイリッシュマン

Comment

なるほど!

初めは、全部おめーがフラフラしてるせいだよ!という目で渚を見ていましたが、めちゃくちゃなのに何かしっくりくるこの感じ、最後にゴメンナサイするころには憎めなくなっているという・・・確かに語シスコ感ありありです。

宮沢氷魚も松本若菜も私はこの映画で初めて知りましたが、若い俳優のフレッシュネスと、ベテラン戸田恵子や根岸季衣の手練れ感のバランスが非常によかったです。

■ゆっきー

コメントありがとうございます。

> 初めは、全部おめーがフラフラしてるせいだよ!

もう、爆笑です!! 

>めちゃくちゃなのに何かしっくりくるこの感じ、最後にゴメンナサイするころには憎めなくなっているという・・・確かに語シスコ感ありありです。

ご賛同ありがとうございます。
なんだあ~渚ってすごいいいヤツじゃん。しゅんくん、絶対渚をはなしちゃだめ!と思う。
この、当初渚をおとしめる流れ(脚本)にまんまとやられちまいました。

あのまま、しゅんくんと渚があそこで今も暮らしているような、そんなリアリティがありました。

> 若い俳優のフレッシュネスと、ベテラン戸田恵子や根岸季衣の手練れ感のバランスが非常によかったです。

そうなんだよね。ふだんなかなか邦画を観る機会がないのですが、優れた邦画を見るとキャスティングの妙が必ずあるんだよね。
そしてちゃんとした監督が撮った作品だと、安易にJ系を使わないし信頼がおけるなあといつも思う←もっと邦画見ようね

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://agorass424.blog43.fc2.com/tb.php/1605-7603b4fe

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード