FC2ブログ

シェイクスピアと僕の夢

「 シェイクスピアと僕の夢 」
(2008/USA/Were the World Mine)


were01.jpg


憧れのイケメンをゲイに!? 超ポップな"真夏の夜の夢"
夢見る男子高校生ティモシーはミュージカルが大好き。
学校の授業でシェイクスピアの 『真夏の夜の夢』 の妖精パックを演じることになったティモシーは、台本に出てくる伝説の媚薬のレシピを偶然見つけてしまう!
まずは薬で学年の人気者ラグビー選手を自分に夢中にさせ、ティモシーの次なる野望は...町全体をゲイ・フレンドリーにすること!
世界各国の映画祭で数々の賞に輝いた、観たらゼッタイ幸せになる、ホットでキュートなハートフル・ミュージカル。


【第17回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2008)上映作品】


今年のオープニング上映作品。
映画祭でミュージカルって、なかなかなかったわよね。
なのに今年は、<愛のうた、パリ> と、2本も!

ティモシーは小さな田舎町の高校生、ゲイであることで学校ではいじめられっこ。
母子家庭の家に帰ると、母はティモシーがゲイの為に、近所から白い目で見られるとグチを言う。

そんなある日、学校の授業でシェイクスピアの<真夏の夜の夢>を上演することに。
妖精パックを演じることになったティモシーは、偶然台本に伝説の媚薬(the famous purple pansy love portion) のレシピをみつける。


この媚薬、目にふりかけ、再び目を開けた時に最初に見た人を好きになってしまうというもの。
ティモシーは早速憧れのジョナサンに使ってみる・・・

憧れの人、遠い存在だった人が、一瞬にして自分にメロンメロン 
誰でも一度は夢見る媚薬だわね。
うふふ、ワクワクウキウキしてしまった☆

しかしこの後、ティモシーは、まさに妖精パックさながら、いたずら心で街中を ♂×♂ ♀×♀ のカップルにしてしまう。

ラグビー部のホモフォビアのいじめっこ二人がいきなりラブラブ  になっちゃうところなんか 爆笑!

were05.jpg
この右のいじめっこがかわいくて myタイプ☆(え、聞いてねえって?)


街中ラブラブモードで、ハッピーなんだけど、観ながら、
「あれあれ、ハッピーなのはいいけど、子孫繁栄のないこの街はこれじゃあ滅びちゃうわねえ」
などど、老婆心ながらツッコミ!!

さて、ミュージカル部分ですが、先の <愛のうた、パリ> と違って、ちゃんとミュージカルっぽいです。
ティモシーくんは、歌がうまい!
楽曲もみな名曲揃い!
その楽曲もポップロックなので、馴染みよく楽しい。

体育館でドッジボールをしていたボーイズたちがいきなり踊り出すところはギョッとしたけど、ダンスシーンもほどよく、ミュージカルの 「イヤ汁」 は出ていません。

ラグビー部のイモにーちゃんたちがダンスシーンで脱ぐと、
あら、ダンサーだったのねえ 
キレイなマッスルがついてるわあ、うしし。

この作品、やたらとスポーツしてるシーン(バスケ・ラグビー・ドッジボール)があるんだけど、その辺の動きもきれいで様になっていたのは、みなダンサーたちだったからなのね、納得!

were04.jpg


さて、ティモシー自身、これは まさに <真夏の夜の”夢”> であり、
永遠に続くものではない、とわかっている。
魔法が解けたらどうなるのか――

映画祭公式サイトにある監督のメッセージを見ると :

――小さな農場の町でゲイとして育った私の現実逃避は、映画とパフォーマンス でした。
大人になり、小さな映画館でマネージャー兼映写技師の職を得た私は映画に取り付かれ、映画学校へ進むことにしました。
映画の力はとても強くそして多様です。
私はいつも写真や映画の持つ、人の気持ちを動かし、一体化し、そして挑発する力に魅了されてきました。(中略)
一番大切なことはこの映画に関わったすべての人たちが誇りを持てるような面白くエンターテイメント性の高い作品をつくることです。


ティモシーは監督自身であり、この作品はかつての自分と同じような若きゲイたちへの応援歌なのかも知れない。


初日、新宿バルト9の上映には、トーマス・ガスタフソン監督が来て、Q&Aあり。
初日に行った アンソニーちゃん情報によると、監督は主役二人のキャスティングは、ゲイであることにこだわった、ということです。

ラグビー部の人気者 ジョナサン(Nathaniel David Becker) がかわいかった。 
ゲイなのかあ☆

were07.jpg
ジョナスァンくん☆ これはテイモシーの妄想です


ティモシーの親友 フランキー役 ゼルダ・ウィリアムス は、ロビン・ウィリアムスの娘。
歌もうまいし、顔もパパに似てなくてかわいい☆

were06.jpg 似てないよねえ、パパに


映画祭公式サイト(英語版)の
「<Shakespeare> から <Shakesqueer> へ」
 つう デイヴ・スペクター級のダジャレにウケますた!
うまい! 座布団一枚!

ばるちゃん、あの英文学の先生=高見沢ね(笑)
人間離れしたかんじがぴったり! 

ゆきのこさんの言う、 「なまぬるいハッピーエンド」 って、言い得て妙(笑)

誓いのKISS?PageTopヒストリー・オブ・ゲイシネマ

Comment

Shakesqueer

おお、デイブ♪ さすがだ!
こういう、通受けするダジャレをたまに言うから
あんたのことを尊敬する輩がいるんだよ。

たみきさんも言ってたけど、サントラがどうしてないんだろう。DVDは欲しくないけど(w サントラなら欲しい!ってファンが必ずいると思う。若干二名かもしれないけどさ。

若干2名のうちのひとり(笑)

サントラあれば絶対買うのになー。
でも、私はDVD入手してもいいかな-なんて。
ダンサーの中で一人だけ、お腹のあたりが「たぷっ」としてるのがいて、
そのコの腹を見る度に、ビミョーに笑えたのでした。 

チロさんタイプのいじめっ子の一人クンは、Parker Croftというコね。
http://www.parkercroft.com/
↑があるけど、残念ながらあんまし写真はなかったなー。  

監督さん

そういえば、インタビューでも監督さん、高校生のころはツラかったって言ってました。今はプロデューサーさんとよいパートナーみたいでよかったよねぇ。
ラブラブでした。

>イモにーちゃんたちがダンスシーンで脱ぐと
ホント、いがいだったのでちょっとびっくり。
これってはじめ、ティモシーの妄想シーンだったよね。
もう、ティモシーってば……

踊る○○御殿

お世話になりました。
事実上これが私のゲイ映画デビューとなりました。
ハッピーな学園ミュージカルだったのはちょうどいい入門編だったかもしれません。
ゲイを扱った映画=シリアスっていう先入観があったけど、なんでもアリなんだなって。
でも歌って踊って肉体美をさらすのは男性のみ、女性はオバサンばっか、フランキーもそんなに女っぽい子じゃなくて・・・こういうところがきっと「ゲイ好み」なんだろうなと。
監督さんのコメントを読んで、アメリカの映画界にゲイが多い理由がなんとなくわかりました。

今年の入場者が過去最高だったそうで、そのうちかなりの数が確実にチロりんのプロモーション活動の結果であります!

■ツボ子ちゃん
>おお、デイブ♪ さすがだ!
って、デイヴが言ってるわけじゃないって(笑)

>サントラなら欲しい!ってファンが必ずいると思う。
公式サイトを見ていたら、これってブロードウェイにかかっていたのかな?
映画は、first-rate member って、きっと初演のメンバーってことだよね。
だったら、サントラつうか LIVE version とかありそう。

■たみきさん
>Parker Croft
おおっ、きゃわゆ~~い! メルシーでごんす。
このコ、人が良さそうで、全然いじめっこに見えないんだよね。

■アンソニーちん
>今はプロデューサーさんとよいパートナーみたいでよかったよねぇ
ええっ! そうなんだあ。
producer さん、どんな人なのかな?
やっぱり、Q&Aはいいなあ。興味深い話が聞けるよね。
しかも、ラブラブ?!(笑)
あ、TB送りま~す! よろしく☆

■ゆっきー
>ハッピーな学園ミュージカルだったのはちょうどいい入門編だったかもしれません。
そっか、いきなりハードゲイ物とかじゃなくて良かったね(って、いえ、それでもいいです! か?)
公式サイトの監督のメッセージを読むと、
「典型的なカミングアウトやヌードに焦点を当てたゲイキャラクターにならないような物語にしよう」
「ゲイ作品のジャンルを超えて多くの観客に楽しんでもらう」
という狙いがあったようで、その点は成功した作品だったと思います。なによりpositive なとこが良かったよね。

>チロりんのプロモーション活動の結果であります!
んな、おーげさなー!!(笑)
でも、今年の映画祭、大成功のようで喜んでます。
このところ、映画祭に行って、空席の目立つ回があると、映画祭のの存続を心配してしまうことがありました。今年はどの回もよく入ってた(喜)
ぽしゃることなく、毎年続くよう、これからも布教活動に務める所存でございます。
来年も行こうね☆
(今度はもちっといろっぽいのも見たいよね)

ごっめ~ん!

アンソニーちんとこに、監督とproducer の画像があった!
真ん中のちょっと肉付きのいい人が監督だよね、きっと。
producer すてきじゃな~い?!

そうです!!

左がプロデューサーさん、真ん中が監督さんです。
しゃべるのはほとんど監督さんだったかな。でもよくしゃべる人じゃなかったです。


映画祭のスタッフに「泊まる部屋はベッド、ツイン?ダブル?どっちにします?」と聞かれ、ひとつでいいよって、言ったんだって。
(Q&Aの最後に言ってました。)

うちもTBお願いします。


ぎゃはは!!!!

>ツイン?ダブル?どっちにします?
いいなあ、それ!
そりゃ、ラブラブだわ! うらやましい~

>でもよくしゃべる人じゃなかったです。
おしゃべり過ぎないとこも好感が持てるにゃ。
TB どもでした~

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード