ケレル

「ケレル」
(1982/西ドイツ・フランス/Querelle)


Querelle [DVD] [Import]Querelle [DVD] [Import]
(2002/01/21)
Brad DavisFranco Nero

商品詳細を見る


ジャン・ジュネの「ブレストの乱暴者」を原作に、第二次世界大戦直前の男たちのホモセクシュアル、殺人、裏切り、死の願望を描く。
監督・脚本はライナー・ヴェルナー・ファスビンダー、本作品が彼の遺作となった。
駆逐艦「復讐号」がブレスト港に入港する頃、波止場の城壁の上にある淫売宿「ラ・フェリア」の女主人リジアヌ(ジャンヌ・モロー)は情夫ロベール(ハンノ・ペッシュル)に、あなたそっくりの弟が訪れると予言する。...


その昔・・・'70年代ごろ 「ニュー・ジャーマン・シネマ」 というウエイヴがあった。
その 「ニュー・ジャーマン・シネマ」 の一人、ファスビンダーは<マリア・ブラウンの結婚>(’78)などで人気監督になった。 今作は彼の遺作である。

思えば公開時に見逃してから、四半世紀が過ぎたのね。
これが先日 TSUTAYA渋谷店で借りた <my未見のゲイ映画秘密リスト> の残りの一本。
今回、邦題が <ファスビンダーのケレル> になっていることを初めて知った。
公開時はただの <ケレル> だったと思うけど。



殺人という言葉は、海と水兵を連想させる。
そして、海と殺人に続いて口に上る言葉は、
当然ながら 暴力とセックスだ


どんな内容か全く知らずに見た。ジャン・ジュネ <ブレストの乱暴者> が原作なのか。
冒頭の語りで、なるほど そういうことかと得心がいった。
つまり、ジャン・ジュネの世界 -おそらくファスビンダーが愛してやまない- をファスビンダー風味に映像化した作品。
なのでトーゼン フランス語。 
ニュー・ジャーマン・シネマ だけど、全編 フランス語。 
そりゃそうでしょ、ジュネの世界だもの。

この映画、ひとことで言って・・・
ヤバい・・・。

ブラッド・デイヴィスの水兵姿だけで、十分ヤバいよなあ。
もうこの人、存在自体がヤバいってかんじしませんか。
とにかく エロい。
こんな映画作っていいんかい?! つうくらい エロい。

querelle05.jpg



ストーリーはあってなきが如き。 ほら、ジュネだからさ。
つーか、ストーリーはどうでもいいってかんじ。
要するに、水兵と殺人、暴力とセックス の話。

querelle01.jpg


全編夕陽のような色調。こうなると夕陽でさえヤバい。(なにを言ってんだか)

querelle04.jpg
後ろのゴリラ男がヤバい!


ヨーロッパ映画にしか出せない ”退 廃” をみごとに描いた作品。
悪徳という名の美徳、猥雑なのに高貴、相反するものが共存するジュネの世界そのもの。



さて、さっぱり要領を得ない本編については (すいません) ここまでにして――

この作品、アンダーグラウンド映画の鬼才 わがケネス・アンガーの <花火> を想起させる箇所がいくつかあり。
水兵、殺人、暴力、セックス というモチーフが同じなのだから、似かよるのも已む無しなのだが。
たとえば第一の殺人で、ナイフが ”体内のもの” (要するに ”内臓” でっす)を抉り出すような描写などまさに同じ。
フェティシズム匂う映像も。
アンガーファンなら、びんびん感じるはず。

Fireworks.jpg
ケネス・アンガー <花火>


n34479465560_1202296_9292.jpg
ケネス・アンガー <スコルピオ・ライジング>
このショットそっくりの男も登場する



ファスビンダーって、ゲイだと思っていたら、昨年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭上映作品 <ヒストリー・オブ・ゲイシネマ> で、元妻(女優)が登場して来た。
バイだったのか・・・。
ファスビンダーは、今作の編集中にコカインの過剰摂取で死亡。36歳。

主役の ブラッド・デイヴィス。このヤバさでエイズで死亡と聞いたら、ゲイと思うが、コカイン中毒で器具から感染したと言ってマス。
妻もいるし。もっとも公にそういうことなだけで、真相はどうなのかは知りません。
Imdbによると、'79年ごろ感染し病気であることを隠して仕事を続けていたらしい。
'91年死亡。41歳。

ミッドナイト・エクスプレス 製作30周年アニバーサリー・エディション [DVD]ミッドナイト・エクスプレス 製作30周年アニバーサリー・エディション [DVD]
(2008/01/23)
マイク・ケリンブラッド・デイビス

商品詳細を見る
そういえば、ブラッド・デイヴィスはこれにも出演していたんだわね ヤバいわ~


ケレル(ブラッド・デイヴィス)の上官 セビオン、彼はこのマッチョでチャーミングな部下ケレルに実は恋い焦がれている。
彼の観察&妄想日記をボイスレコーダーに日夜吹き込んでいる。
そして休みの日には上陸して、公衆便所にいかがわしい落書きをするのが楽しみ。
このヘンタイな上官 セビオンを演じているのが、なんと、フランコ・ネロ。
マカロニ・ウエスタンのスター。この人は常々ハンサムだと思っていたが、齢を重ねて尚よく、ステキおやじになった。

querelle03.jpg


ところでフランコ・ネロを調べていたら、なんと、ヴァネッサ・レッドグレイヴと再婚していた!
どっひゃあ~~!! 知らなかった。

nero01_20090518144705.jpg

2006年 フランコ 65歳、ヴァネッサ 69歳の時のこと。
まあ、「老いらくの恋」ね、と思いきや、二人には カルロ・ガブリエル・ネロ という40歳の息子('69年生まれ)がいるではないか!?
どゆこと・・・??
野次馬根性でさらにしつこく調べると、二人は<CAMELOT>(’67)の共演で知り合った。
ヴァネッサが前夫 監督トニー・リチャードソンと離婚したのが'67年。辻褄は合う。
つまり二人の関係は40年間続いていて、どういう理由か、60歳過ぎて入籍することにしたらしい。

ついでにImdbの「トリビア」に、 「フランコ・ネロの好きな色は黒」 というのを発見。
くっだらねえ~~!と大ウケしたチロであった。(今さらだが、nero=イタリア語で ”黒”のこと)
さすが トリビア! 

マリア・ブラウンの結婚 [DVD]マリア・ブラウンの結婚 [DVD]
(2007/12/22)
ハンナ・シグラクラウス・レーヴィチュ

商品詳細を見る

ハンナ・シグラは、この作品でベルリン国際映画祭女優賞を受賞した



ミルク その3PageTopメーキング・ラブ

Comment

さすがチロさん…!

この映画、私もめちゃめちゃ観てみたかったんです~~~!!!
チロさんのレビュー読めて嬉しいです!!
これレビューしてくれるの、チロさんくらいしか…かもですね。
ありがとうございます!

ファズビンダ―の遺作!

>ブラッド・デイヴィスの水兵姿だけで、十分ヤバいよなあ。
>こんな映画作っていいんかい?! つうくらい エロい

エロいです~写真がすでに~~。凄い映画だ……
観てみたいです。
コクトーとか、あの辺のゲイの作家が描く絵みたいというか、ある意味どこにもいない男たちって感じですね。
作家から見るとこう見えているんでしょうか。

ヘンタイ上官のフランコ・ネロ可愛いです。西田東風味なオヤジ可愛さ…(違)。

あと、やっぱ、暴力→セックスって通じるんですね。
男女だとどうでもいいのに、ゲイだと色っぽく感じるのは…男のなかでしか通じないから?

すみません、うれしさのあまり興奮したコメントで……。

■かなかさん

いつもコメントありがとう☆
>エロいです~写真がすでに~~。
だしょ、だしょ! だよね~~
>西田東風味なオヤジ可愛さ…
ぎゃはは!! そりゃ言い得て妙かも。
>あと、やっぱ、暴力→セックスって通じるんですね。
男女だとどうでもいいのに、
うん、なんだろうね、それって。
やっぱり、♂×♂ 獣性のぶつかり合いみたいのがあるのかしらね。
その辺が深くて惹かれる部分なんだろうな。

>ある意味どこにもいない男たちって感じですね。
ああ、なんかすっごくうまいこと言うなあ。
妄想、いや創造の具現化・・・って、それもしかしてこの話のキモかも、ヤバい、ヤバい。
かなかさん、ピンポイントかも。多くをしゃべらないようにしないと・・・。見てちょ!

見まふ!

しかし探さないとないんですよね~。
見つけたら、メーキング・ラブもぜひ見ます。

LGFFいいですね~~~!!関西だから羨ましいっす!!都合つけば行こうかなあ……。
昨年、関西でもこうゆうのあったけど、きっと違うイベントなんですよね~?

■かなかさん

>昨年、関西でもこうゆうのあったけど
LGFFは東京が終わった後、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 in 関西として毎年、京都・大阪で開催しているはずですよ。
日程をチェックして是非行ってみて!
(上映プログラムも同じだったと思う)

やっぱ同じでしたか

昨年のは知ってるんですが、「東京」と書かれると、違うのかな~?と思いまして。
なんとなく、出品作が東京のほうが多かった気がしたので、ちょっとうらやましい気がしてたのですが、同じでしたか!
ありがとうございますv
ぜひ行きますv

■かなかさん

私も詳しくはわからないので、無責任なことを言ってたらごめんね。
関西クイア映画祭というのもあるみたいですね。
http://kansai-qff.org/2009/index.html
プログラムを見たら、昨年のLGFFの上映作品が入ってるね。
これ今年は1月開催にしたと言っているから、流動的なのかしら?

昨年のは、同じ場所でやってるからコレだったんだろうか。時期が流動的なんですかねえ…。
また別ならうれしいのですが…。

チロさんレポートを読んでるせいか、やっぱり東京のが一番おもしろそうな気がしますね!
新情報ありがとうございます<(_ _)>

チロさんの“ヤバイ”連呼に爆笑しました。
写真から確かにヤバそうな感じがムンムン伝わってきます。
こんなランニングシャツはありなのか!?

そしてバネッサの結婚話に私もびっくり!!!

■かなかさん
>やっぱり東京のが一番おもしろそうな気がしますね!
そりゃ、かなかさん、今年は東京に来て観るしかないっしょ!

■スカージョ
>チロさんの“ヤバイ”連呼に爆笑しました。
ヤバイっていってるだけじゃ、何がなんだかわかんねーだろっ!という皆さんのツッコミが聞こえて来る・・・と思いながらUPした記事でした・・・。
>写真から確かにヤバそうな感じがムンムン伝わってきます。
私も画像をUPしながら、こいつもこいつもヤバいじゃん!(またか!)と思ったべ。
観ていない人にも伝わったんですね。そりゃすげー。
(上官セビオンが便所に落書きしている画像もあったんですが、自粛しました)
>こんなランニングシャツはありなのか!?
ほんとだ! ナイッスツッコミ!このシャツ自体がヤバいよな。っつうかエロ! 
>そしてバネッサの結婚話に私もびっくり!!!
だよね~ こういう発見が、ブログをやっていて楽しいところであります。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード