赤れんがまつり IN 法務省

5月31日 「赤れんがまつり」に行ってキタ!

「赤れんが」というと、日活アクションファンとしては、横浜赤れんが倉庫の方が馴染み深いのですが、これは年に一度、法務省でのイベントです。

霞が関界隈では、この法務省の赤れんが棟が文句なしNo.1。
建物フェチの皆さまにもご賛同いただけると思います。
いつも外から眺めるだけだった法務省に、この日は入ることが出来るのです。
 ヤッタ!


mj01.jpg


10:00開始のところ、着いたのが 10:15ごろ。すでに人々がとぐろ巻いてます。
私たちが門を入ろうとした時、「すいません」 と横入りする男が・・・。
ふと見ると、警察手帳を職員に提示してます。
 ヤッタ!
 初めて見たよ~警察手帳!(って、今は手帳じゃないけど)

入場して最初にやることは、検察庁証拠品庫見学ツアーと800食限定の刑務所メニュー体験の整理券をGETすること。
残念ながら見学ツアーの方はすでに終了、「ダメでモトモト並んでみて!」と言われ、刑務所メニューの方はGETできました!

その後目指すのは、「矯正局コーナー」です。
ここでは、刑務官の制服を着て写真撮影が出来るのです。
その他、刑務所の居室や受刑者の衣類展示もあります。

mj04.jpg
パジャマ(男) 縞柄ですね
女子用部屋着は花柄でラブリーでした


mj07.jpg
独居房の一部 ふとんも縞柄ですね


また、全国刑務所の食事パネルの展示もありました。
各地方によって、ご当地ならではのメニューもあり、どれもヘルシーでおいしそう。
しかし、どこもコストの面で苦労しているとの話も聞きました。

次に、「法務局コーナー」へ。
ここは入国管理などの管轄部局です。
偽造パスポートの見破り方など職員が親切に話してくれます。
実際の偽造パスポートも見せてくれます。
日本のパスポートは、やはり精巧で美しいと思いました。

***

お昼になり、刑務所メニュー 「のっぺい汁」の試食タイムです。
合同庁舎20階 談話室へ。
こりゃ、みごとな眺め! 目の前に皇居の緑が広がっています。

さて、「のっぺい汁」です。
にんじん・ちくわ・ねぎの具に、塩・醤油で味付けしたとろみのある汁ものです。

mj10.jpg

一口、口をつけてみます。 「味がうすい!」
私は好きですが、若い人には不満でしょう。
小どんぶりに一杯、けっこーなボリュームで、のっぺー汁、腹いっぺー。
刑務所気分で腹をすかして行きましたが、食事を済ませた人にはけっこヘビーかと思ったッス。

***

食事後は12:45からの 「赤れんが棟ツアー」 へダッシュ! 

赤れんが棟は、ドイツの建築家 ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンにより明治28年(1895年)に完成した建築物です。
やたら写真を撮りまくりです。

mj06.jpg
もはや、日本の景色ではない!


mj08.jpg
北門の玄関扉 木製
建物フェチのツボを突いてくるアイテムであります



mj03.jpg
赤れんが棟のトイレ 天井が高いのです


無題

れんが棟裏手にひっそりと、大岡越前邸に置かれていた
庭石と石灯籠もあるのでした


***

どこに行っても職員のみなさんがたくさんいて、親切でした。
法務省のイメージアップの為にいっしょーけんめーなところがうかがえました。
クリアファイルやひまわりの種などのおみやげももらいました。
なぜ「ひまわりの種」?と思ったら、あれだ、弁護士バッチのひまわりとかと掛けてる?
(弁護士モノ<金のひまわり>という小説もありましたね・・・)
庁内には、ローソン(広くて新しく内容充実)や三省堂書店もありました。

どこかへ旅行したような気分の一日でした。

その昔、夏の金曜、会社帰りに逗子に車で向かうところ、モーレツに腹が痛くなって、この辺りのどこかの省庁でトイレを借りたことを思い出した。
今だったら貸してくれないよな、セキュリティの問題で。 夏の日のおもひで です・・・。

漫画 刑務所の中PageTopザナドゥ

Comment

へぇ~

こんなすばらしい特別なイベントがあるのね♪
さすがチロちゃん★うらやまぴぃ~★★★

写真も自由に撮れるってことにも感動したよ。

建物フェチじゃないけど、昔の建造物は
好きだ。天井が高い・・・うちの天井見て
哀しくなってきた(w

大岡越前の庭石とか、何もかもがツボを突きまくります!!!。
画面を見て、うお~羨ましい~と叫んでいます。

こんな素敵な休日を私も過ごしたいわ!

■白みるくさん

少し前にこのイベントを知りました。
遠足の前の日のようにわくわくしちゃいました。

>写真も自由に撮れるってことにも感動したよ。
「法務史資料博物館」とかいうところがあって(赤れんが4F)ここは平日でも閲覧可能らしいけど、平日はその辺を撮影したりうろうろしたりはダメらしいよ。
ここもじっくり見たらおもしろそうなとこだった。

昔のこういう建物はケチくさくなくていいよな。

■スカージョ☆

>大岡越前の庭石とか、何もかもがツボを突きまくります!!!。
だしょ!だしょ! 私もツボにキタ!
そこに大岡越前まで!? おいしい~~

入国管理局のパトカー(通称 青パト)にも試乗したよん。(なんでもやる人)
後部座席に乗り、なんだ、ただの車じゃん、と思ったら、ドアを閉められた。中からはドアが開けられない仕組みになっていて、悪いことしてないのにコワかったッス。こどもは運転席でサイレンを鳴らしてました。ワタシもちょっとやりたかった。

「入国管理局のパトカー」のフレーズを見て、銀魂の「まだお」も乗ったのかしらん!?と、勢いがついてしまいました。。
(銀魂は、今いちばんハマっているアニメなんです~。ワケのわからん話を、冒頭に持ってきてしまい、失礼しました。。)

それにしても、法務省の建物が、いいっすね!!
某・●衛庁とは、趣が違いすぎ~。
でも、この中では、あのポッポ弟も仕事をしていたワケで~。
ポッポ弟の前の大臣(♀)は、ある意味、もっと「ワケワカメ」だった人物なワケで~

霞ヶ関界隈って、自分が歩いているだけでも、賢く偉くなったような気がします。
…気のせいです、ただ単に。。(失笑)

■どじちゃん

>でも、この中では、あのポッポ弟も仕事をしていたワケで~。
どじちゃんが、んなことを言っている間に辞任しちまったじゃないすか!?

>「入国管理局のパトカー」のフレーズを見て、銀魂の「まだお」も乗ったのかしらん!?
るりちゃんに解説してもらってわかりますた。
まだおは入国管理局の人だったんすね。
アニメって見てないなあ、そういえば。

法務省の人ってこんな素敵な建物の
中で仕事しているんだ。うらやまちい。
庭石に腰かけて昼の弁当食べたい。。。

少し前、ぽっぽ大臣(元)が、
東京駅前の旧郵便局の本局でしたっけ?
取り壊しを猛烈に憤っておりましたが、
そこんとこはぽっぽを支持。
効率一辺倒の街並みになったら
街として終わってるなあと思いますわ。

「銀魂のまだお」に反応します。
堕ちたエリート官僚なのよね(哀れ)

■みんちい嬢

>法務省の人ってこんな素敵な建物の中で仕事しているんだ。
実務は、裏にある合同庁舎つうでかい建物でやってるみたいだよ。そこにローソンとか三省堂とかあるの。
でも一般ではなかなか入れないれんが棟に入り放題だからなあ、うらやまだよ。

>東京駅前の旧郵便局の本局でしたっけ?
取り壊しを猛烈に憤っておりましたが、
ちょうど先週末ここの裏のビルでランチしたんだよ。
もう裏の部分はほとんど壊されて無残な状態だったよ。
あの状態で大丈夫なのかな?
効率も分かるけど、欧米では維持してるんだからやればできるんじゃないの?!と言いたい。

>「銀魂のまだお」に反応します。
ギンタマ 根強い人気だなあ~~

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード