FC2ブログ

この愛の果てに

「この愛の果てに」
(2009/香港/愛到盡/ End of Love)

end01.jpg


実家を出て友人のサイラスと一緒に住み始めたミン。パーティーや麻薬を気軽に楽しむサイラスに次第に影響を受け、いつしかミンも麻薬に手を出し逮捕される。その後ミンは、そのままキリスト教系の更正施設へ。そこでミンの指導役となったのが、ヘロイン中毒だったコン。教官からの信頼が厚い優等生で、優しく親切なコンに、ミンは心を許し二人は親友となる。やがて麻薬依存を克服し、施設から出たミンは、先にアパートを借りていたコンのもとに身を寄せる。ミン、コン、コンの恋人ヴィッキー。3人の奇妙な共同生活が始まった…。
香港に生きる孤独な若者たちを、繊細なタッチで描いた話題作。



【第18回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭(2009)上映作品】


一本くらいはアジア作品が見たいと思ってました。
アジア専の白みるくさん (違!) を誘って行ってキタ!

この作品は、私の今年の〆作品。
この前にドキュメント2本見たのだが、それはこの後にUP予定。




ミンはブティック店員、店に来た客 ヤンにアプローチ。
閉店後に待ち合わせることに――


冒頭からテンポよく始まる。話がまとまるのがやけに早いので、この店はハッテン系として知られているのかもと思ったり。
今日は家族が留守だから、とその日の内に自宅に誘うミン。
二段ベッドの下段で、いきなりコトにおよんでいると、母帰宅。
ヤンを逃がして、母と言い合い。母にひどい言葉を投げつけヤンを追う。
追いついたその時、ドサッと大きな音が。
母が部屋から飛び降りたのだった――

あまりにドラマチックな展開にすっかり引き込まれちまいました。

主役 ミンのコがイモカワ系。(TOP画像 ご参照)
ゲイ映画の名作 <藍宇> のリウ・イエに似てる。男好きするタイプ。
その上ヤンがまた、「ザ・ふつーの30代男性・メガネ」ってかんじ(私、けっこ好きかも)
この作品のいいところは、スター不在のキャスティングで、それがみょーなリアリテイを呼ぶ。
二段ベッド下段なんていうシチュエーションも貧乏くさくていいです(→貧乏萌えなもんで)


情熱の嵐 ~LAN YU~ [DVD]情熱の嵐 ~LAN YU~ [DVD]
(2004/09/24)
フー・ジュンリィウ・イエ

商品詳細を見る
あ、やっぱり リウ・イエ いい男だわね☆

天涯孤独の身となったミンは、友人サイラス(ゲイ)宅に引っ越し。
その後もミンとヤンの付き合いは続く。
海に行ったり、ラブラブモード。

end02.jpg
人工呼吸中 (違うって!?)

さて、今年の映画祭もカゲキ描写の作品がなかったなあと思っておりましたら、この作品が一番カゲキでした。(あくまで内輪で一番というレベル)
昨年も同じパターンで、最後に見た韓国映画 <後悔なんてしない> が一番カゲキだった。
ヤンが、「ふつーの30代・メガネ」 だけど、ベッドではけっこハゲしいのだ。

サイラス宅では夜な夜なドラッグパーテイが開かれている。
最初は抵抗があったミンであったが、客の一人 セレブおやじに食事に誘われる。
時計なんかプレゼントされちゃって、ほいほいと寝てしまう。
このオヤジのコマし方がけっこ興味深かった。さりげな~く 「金持ってんどー」 オーラを出したり、やっぱ ”ヤング” はこういうのにコロッといっちゃうのかしらね。

――金をもらってヤるのってどんなかと思ったら、いつものセックスと同じだった

こうしてミンは、ドラッグとウリの世界にはまって行く。
しかし、ヤンとの関係も両立させていた。
がある日、全てがヤンの知るところに。説得するヤンに、もはや聞く耳持たぬミン。
為す術なくヤンは警察に通報する――

と、ここまでが前半。
早い段階でミンは自分で 「これはマズい」 と感じていたのよね。だから、ヤンに 「一緒に暮らしたい」 と持ちかけるのだが、ヤンは年老いた父がいる為、すぐには無理だという。
これがミンの 「ヘルプサイン」 だったのだが、ヤンはサインに気づかなかった。
後に覚悟を決めたヤンはミンの為にアパートを借りるのだが、時すでに遅し。
あの時一緒に暮らしていたら・・・運命の皮肉を思わずにはいられない。でも人生ってこういうちょっとしたすれ違いやタイミングで出来ているんだよね。
ヤンと父の関係は、儒教的家父長制が根強く残る香港らしい光景と言えましょう。

薬物更生施設に入り、先輩格のコンと知り合うのが後半。
強く優しいコンに魅かれるミンだが、コンはスーパーストレートの為、一方通行のラブ。
愛欲にまみれた前半から一転、後半は清いプラトニックラブ。この対比が鮮やか。

end05.jpg



――阿片は待つことを知っている

というのは、ジャン・コクトオのことばだったか。阿片は何もせずとも人間の方から再び近づいて来るのだった・・・。

Opium: The Illustrated Diary of His CureOpium: The Illustrated Diary of His Cure
(1990/01/01)
Jean Cocteau

商品詳細を見る



なんか救いようのない話だった。
思うにドラッグよりウリの方がよっぽど中毒性の強いドラッグなのではないか。
なんせ、お金がもらえるんだから、オールマイテイのカードのようなもの。
お金があれば、家賃が払えて、クスリも買える。
ウリから抜け出るのは、自力では無理だ。

終盤、金を借りる為ヤンの元を訪れるミン。ヤンの家は漢方薬屋だったとわかる。

観終わって、白みるくさんと、
どうせクスリにはまるなら、漢方にはまってれば良かったのにねえ、
と意見が一致したのだった。

監督 サイモン・チュンは、これが2作目。一作目<愛しのスタンレー>は、1999年の映画祭で上映されたと映画祭HPにあり、1999年のデータサイトに行ったがなぜかデータがなく、どういう作品か確認できなかった。
この監督はおそらくゲイなんだろうと思わせる。次回作も見てみたい。


[ 追 記 ] 2009/09/25

<愛しのスタンレー> は、16分の短編。
1999年東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 短編集 <サマーボーイズ> にありました。 (TOPページから 「Programs 99」 → 「the films」 → 「短編作品集」 → 「サマーボーイズ」 に飛んでね)


参考記事 :
<僕は小さく恋をする>

安らぎの家を探してPageTopイングリッシュマン・イン・ニューヨーク

Comment

ヤンの家

そうか!!
漢方薬屋だったんだね!!
何屋さんだか思いつかず、ずっとモヤモヤしてたので、これですっきりした。アリガト。

「愛しのスタンレー」ってたぶんこれ??
http://www.artic.edu/webspaces/lgbtsu/program1.html
TBよろしく。

漢方治療薬

>あ、やっぱり リウ・イエ いい男だわね☆

北京故事、久々に見たくなりました。
下の写真のミンは、リウにもっとも近い写真だね。

祝結婚。早く別れろ(w

>どうせクスリにはまるなら、漢方にはまってれば良かったのにねえ、

字面にすると情けない感想だけどね。
漢方だって治せない病気があるってことかい。
夏に身体冷やすと冬が越せないんで、漢方の祖、
生姜のドライフーズをせっせと口に運んでいます。
チロちゃんに、チロっと見せたよね。
いいんだけど、身体が熱くなって、暑さが増す。困るなあ。

アンソニー様、また来年★

■アンソニーちん


> 何屋さんだか思いつかず、ずっとモヤモヤしてたので、これですっきりした。アリガト。
すっきり? よかった、よかった!
漢方薬屋つうのが、みょーに香港っぽいなあ、と思った。
それがわかって、腑に落ちたところもある。
仕事でも家に帰っても父親といっしょ、おまけにゲイだし、ヤンは日常生活にかなり煮詰まってたんじゃないのかな。
それで、ミンの存在が救いになっていたんだと思う。
「通報したのはミンのためだった」というヤンに、「ほんとは俺の為じゃない」って言ったのは、そういうことだったのかと。

> 「愛しのスタンレー」ってたぶんこれ??
あ、ほんとだ。これだ! メルシーでごんす。
romantic story about 2 boys in the context of mixed culture of Hong Kong.
2 boys つうことは、爽やか系なのかな? でもこの監督で「爽やか」ってあんまりピンとこない(笑)
mixed culture of Hong Kong. って、そそるなあ。

■白みるくさん


> 北京故事、久々に見たくなりました。
それって、<藍宇>のこと? 白みるくさん、DVD持ってたもんね。
ああいう、濃ゆくてエロくて良く出来た作品、なかなかないよね。

> 祝結婚。早く別れろ(w
あはは!! 

> チロちゃんに、チロっと見せたよね。
脱力

> いいんだけど、身体が熱くなって、暑さが増す。困るなあ。
やっぱり暑くなるんだ。 しょうがってすごいね。さすが「祖」。
お湯に入れて飲むのもいいんだよね。
レフィーネも快調ッス! 今日3回目をやりました。

あ、そうだ

この映画を見た人のブログをあちこちのぞいたら、皆さん、主役がイエに似ている、と言ってたよ。
やっぱりそう思うよね。
つーか、ゲイ受けする顔っていうとイエ系になるのかも。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

リンク
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索

月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード