それでも恋するバルセロナ

「それでも恋するバルセロナ」
(2008/USA+SPAIN/VICKY CRISTINA BARCELONA)


Vicky Cristina Barcelona [DVD] [Import]Vicky Cristina Barcelona [DVD] [Import]
(2009/01/27)
不明

商品詳細を見る


婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家フアン・アントニオに出会い、それぞれ彼に惹かれていく。しかし、そこへ画家の美しい元妻が現れ……。
ウッディ・アレン監督が、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデムを主演にスペインで撮影したロマンス・コメディで、ペネロペ・クルスが第81回アカデミー助演女優賞を受賞。



映画祭から一般路線へ軌道を戻しての一発目。

先の映画祭でのスペイン映画、ハイテンションにすっかり腰が引けてしまった。
この映画は、いや、ウデイ・アレンだし、スペインの人がみなハイテンションってわけじゃないしい・・・と思ったら、やっぱりスーパー・ハイテンションだった。

ペネロペ オスカー受賞作(助演女優賞)なので、見たいと思っていた。

12:45 @丸の内ピカデリー

ヴィッキーとクリステチーナは親友同士。バカンスでバルセロナにやって来た。
ヴィッキーは、保守的で慎重派、婚約者がいる。
クリスチーナは、恋愛体質で情熱家。

ウデイ・アレンらしく、セリフは気が利いている。

――望むものはわかるけど、望まないものはわからないの

ヴィキーの望むものとは、安定した生活、堅実な家庭。要するに現実主義なのね。

一方、クリスチーナの方は、
――望まないものはわかるけど、望むものはわからないの

「クリスチーナの望まないもの」 = 「ヴィキーの望むもの」 なのだ。
で、彼女は、自分の望むもの=自分探しの旅の途中。

ある日、二人はセクシーな画家 ファン・アントニオと出会う。
登場シーンから絵に描いたようなラテンのナンパ師。
いきなり、「これからステキなところに行って、ワインを飲んで、ヤろう!」

出会い頭から直球ッス! 日本男子も見習ってくれ!(いや、殴られるか!?)

クリスチーナは彼に一目惚れ。お話にならないと呆れてたヴィキーも彼の魔力に魅かれて行く・・・。

vicky07.jpg


ところで、 「バカンスで恋に落ちる三カ条」 :
1・開放的な空気
2・おいしいワイン
3・偶然の出会い


なるほどねえ

ハビエル・バルデムって、絶対 ”変顔” だよね。間違ってもハンサムじゃないのに魅力的。
変顔ゆえに魅力的とも言える。
ファン・アントニオが女たちを惹きつけるのは、人生を楽しんでいるから。
同時に相手を楽しませる術も知っている。
婚活中の男子、美男塾の生徒さん、とりあえず人生において自分が楽しめる 「何か」 を ”いっぱい” みつけてはどうでしょう?

vicky01.jpg


さて、お目当てのペネロペがなかなか出て来ない。物語も半ば過ぎたところでやっと登場。
ファン・アントニオとは、カミソリだのナイフで刺したのと血みどろ離婚(「妻が夫を」です。そこんとこ重要) した元妻 マリア・エレーナ。
よくいえば、気性の激しい女、はっきり言って クレイジー!!
彼女も交えて不思議な四角関係が――


ええ~~~、これウデイ・アレン作品?! つうかんじ。
本人が出て来ない方がいいやね。もう73歳だって。
アレンらしいスタイリッシュでシニカルな味とバルセロナが融合して、楽しい作品となった。

クリスチーナ役 スカーレット・ヨハンソンが魅力的。豊満なボデイがいい。
役にはまってた。
ヴィキー役 レベッカ・ホール。どこかで見たよな、と思ったら、<フロスト×ニクソン> フロストの美しい恋人役。

vicky05.jpg フロストの恋人時代


さて、ペネロペのインタビューを見ると :

――私はマリア・エレーナをクレイジーな女としては演じてないの

ええええええ~~~~~!! どう考えてもクレイジーでしょう!

――彼女は、アーティストでいる為に自分を追い詰めなければいけないの。
彼女にとってはけして非現実的でクレイジーなことでもないの。
彼女の現実と他の人の現実にズレがあるだけってことね。
それが伝わるようにマリアを演じたつもりなんだけど


・・・そ、そうですか。 とにかくキョーレツなインパクトだったべ。

vicky03.jpg


「女の幸せとは何なのか?」  ちょっと考えさせられました。

最後にウデイ・アレンのインタビューから :

――なぜバルセロナだったのか?
――呼ばれたから。 でも、スーダンに呼ばれても行かないよ


うん、この作品の主役は、バルセロナだったのかも! 


vicky08.jpg 73歳ですけど、なにか?

【 追 記 】
 8/09

ベネロぺ・クルスが現在、妊娠4カ月であることが明らかになった。
先のインタビューでも、「結婚願望はないがこどもは欲しいの」 と言っていたが、すでに妊娠していたのかも。
尚、こどもの父親は、ご想像の通り、ハビエル・バルデムと言われている。

vicky09.jpg
2007年ロマンスが噂された頃のぺネロべとハビエル


GANDY of 紳士の最新王道スタイルPageTop世界報道写真展2009

Comment

こんばんは~♪

最後の画像、決まりすぎだわ~!(笑)さすが、ラテン系!

ウデイ・アレン、年老いて軽やかにピンク色に染まっていってますね~(笑)
うんうん、この作品の主役はバルセロナだったのかも!

■あんさん

> 最後の画像、決まりすぎだわ~!(笑)さすが、ラテン系!
どんなこどもが生まれるか、ある意味楽しみです(笑)

> ウデイ・アレン、年老いて軽やかにピンク色に染まっていってますね~(笑)
うまい! あんさんに座布団一枚!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード