プラネット・テラー in グラインドハウス

◆ <フェティッシュ> から、タランティーノつながりで過去記事2件復元。


[プラネット・テラー in グラインドハウス]
(2007/Robert Rodriguez's Planet Terror)


プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]プラネット・テラー プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/21)
ジェフ・フェイヒーステイシー・ファーガソン

商品詳細を見る


軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら撒いたことで、テキサス州オースティンにある町の住民はゾンビ化してしまう。ゾンビたちが次々と人々を襲う中、片足がM16マシンガンになっている人気ストリッパーのチェリー(ローズ・マツゴーワン)が立ち上がる。軍隊やゾンビ、頭のおかしい兵士(クエンティン・タランティーノ)など、さまざまな敵がチェリーに襲いかかってくる。
“グラインドハウス”と呼ばれる、センセーショナルなB級映画にオマージュを捧げたアクション・ホラー。
映像のブレや傷といった、“グラインドハウス”の特性が忠実に再現されていて味わい深い。


すっげー くだらなくて、超 おもろかった!


12:10 @池袋シネマサンシャイン

071010


先に公開された、クエンティン・タランティーノ(以下 QT) <デスプルーフ in グラインドハウス> とテーマは同じ、<B級映画> <グラインドハウス> へのオマージュなのだが、ロドリゲス版を見ると、タラちゃんの方は、やっぱり、メジャー感があって、コぎれいだったなあ、と感じる。
ロドリゲスのは、ロドリゲスらしく、ひたすら泥臭い。

大体、ゾンビ ってのが、くだらなくていいじゃん! (ゾンビ萌え!)

QT版と同様、主人公は、「戦う女」 だ。
片足を食いちぎられて、そこにマシンガンを装着するって・・・。
別に、足に付けなくても、手に持って撃てばいいんじゃね?! と ツッコミたいが、そこが B級!

planet2.jpg

とはいえ、主人公のゴーゴーダンサー チェリー・ダーリン (こういうネーミングセンスがいいよなあ。先の ”ジャングル・ジュリア” も、グ~!) の陰には、男の存在があり、この男がめっぽう強い!
これが、フレデイ・ロドリゲス。
この人はまさに、「ちんこい萌え」 のアイドルと言えましょう。 → 168 cm

planet22.jpg


最初は、ただのチビザル としか思えないんだけど、すごくキレてて、強くて、とっても魅力的・・・。
この人が、180cm超の長身だったら、この魅力は出ないのではないか?
「え~、背が高い方がいいに決まってるじゃないのよぉ~!」 
とおっしゃるそこのアナタ、是非、これを見てみてちょ。
「ちんこい萌え」 の魅力がわかるから。

コぎれいだった QT版と違い、こちらはけっこヤバいネタやセリフが出て来る。
一番笑えたセリフは、

―― あいつは、法王の○ンポコより 役立たずだ。

と、ローマ・カトリックを揶揄したかと思えば、アメリカのタブー、イラク問題、 なんと、ビン・ラ○ィンが話に絡んできたり。
「おいおい、ウソだろ~、それ!」 と、ツッコミました。


ちょこちょこと出る俳優陣がなかなか豪華で、B・ウイリスはもちろん、マイケル・ビーン(<ターミネーター>)とか、ファーギー(モチノロン、BLACK EYED PEAS) もカメオ出演してる。
女のドクターに謎の浮気相手がいて、それが実は、ファーギーだったという、使い方も気が利いているよな。
「ええ~っ!! ♀×♀?」 と、チロちゃん、大喜びしちゃったもん。

planet45.jpg ファーギーちゃん、大熱演!


QT版とリンクしているので、是非、2本連続鑑賞をおススメするッス。

本編が始まる前に、架空の映画の予告編が上映されるという ”遊びゴコロ” で、これが又、思い切り B級 で、いいんだわ。

主役は、ダニー・トレホ : 敵に回したくない、キケンな男 (キャッ!)

planet46.jpg

真ん中がトレホね☆  存在自体がヤバい!ってかんじ
この人の役はいつもヤバいよね
ついでに 左:QT 右:ロドリゲス監督


[ 追 記 ]  

この ”架空の映画の予告編”が、2010年に なんと、
<マチェーテ> として製作・公開された!!
超おもろい一作!!


[ 追 記 ]  2009/11/01

10月から始まった、<アグリー・ベテイ> の新シーズンを見ていたら、ふと・・・。
ホット・ドッグ屋の ジオ って、ちんこい萌えの フレデイ・ロドリゲス だったんだあ~~~!!!!
当時より肥えてるし(顔なんかぽっちゃり)、役が全然違うからまった~~く分からなかった!
不覚!!

frod01.jpg

今週の <ベテイ> には、編集長の弁護士役で、<ロッキーホラー> のブラッド役、バリー・ボウストウィックが出ていた!! しかし、30年の歳月を思ふ・・・(遠い目)

frod02.jpg やっぱりステキ・・・


frod03.jpg おじさま・・・193cm



CHERRYPageTopデス・プルーフ in グラインドハウス

Comment

デカいマッチョが好きですけど、こういうイキのいい小さな人も格好いいですね。

 >法王の○○○○より 役立たずだ

確かに。(苦笑)役立てちゃいけないよね。

■スカージョ☆

> デカいマッチョが好きですけど、こういうイキのいい小さな人も格好いいですね。

そうなんだよ~~!! さすが、スカージョ
個人的には、中肉中背も好きだったりするんだよね。
って、それって、誰でもいいって話かい!
チロの前には捨てるゴミなし だよ。

> 確かに。(苦笑)役立てちゃいけないよね。
がはは! そうそう!
こういうギャグってシビれちゃうよ
タランティーノとロドリゲスっていいコンビだべ。
この2作、それぞれ持ち味出していて、それぞれおもしろかった。

今タラちゃんが撮ってる新作って戦争モノなんだよな。
どうなのかなあ。(ちょっと苦手・・・)

><ち○こい萌え> の魅力がわかるから。

この方小さかったんですか!
すごいカッコよすぎて存在感があるので、小さいって気付かなかったです。
>この人が、180cm超の長身だったら、この魅力は出ないのではないか?
納得!

>女のドクターに謎の浮気相手がいて、それが実は、ファーギーだったという、使い方も気が利いているよな。

そうだったんですか!
私、この映画すんごいおもしろかったんですが、集中して観れる環境で観なくて、気付いてなかったです;
もっかい観たくなってきました。

全然関係ないですが、『ヒストリー・ボーイズ』という映画がオススメです。
チロさん絶対お好きだと思います!!(断言)

■フロリーさん

コメントありがとうございます。
> この方小さかったんですか!
> すごいカッコよすぎて存在感があるので、小さいって気付かなかったです。

そう! すっげーカッコよかったよね!! シビれるってこういうことを言うんだな。

> >この人が、180cm超の長身だったら、この魅力は出ないのではないか?
> 納得!
ご賛同ありがとうございます(笑)

> >女のドクターに謎の浮気相手がいて、それが実は、ファーギーだったという、使い方も気が利いているよな。
> 私、この映画すんごいおもしろかったんですが、集中して観れる環境で観なくて、気付いてなかったです;
うん、ちょっとわかりづらかったかも。

> もっかい観たくなってきました。
ゼヒ、それをお勧めします。また新鮮な気持ちで見られると思ふ。

> 『ヒストリー・ボーイズ』という映画がオススメです。
> チロさん絶対お好きだと思います!!(断言)

おお、断言ッスか?! さそく 探してきます! 多謝

ロドリゲスバージョンのグラインドハウスもなかなか

 これも デスプルーフ同様、DVDでみました。2枚組みでDVD発売されないのかな~?

>男の存在があり、この男がめっぽう強い!
これが、フレデイ・ロドリゲス。
DVDでの日本語吹き替えが とある声優さんなんですが これが マジ MATCHしてて シブい声でした。

>―― あいつは、法王の○ンポコより 役立たずだ。
>なんと、ビン・ラ○ィンが話に絡んできたり。
 ハハハ(^▽^) これにも まいった!確かに タブーな内容っすね。  

>女のドクターに謎の浮気相手がいて、それが実は、ファーギーだったという、使い方も気が利いているよな。
「ええ~っ!! ♀×♀?」 と、チロちゃん、大喜びしちゃったもん。
 ふたりの関係は どうでもいいんですが ファーギー、とんでもない最期を迎えましたので そっちが印象ありました 生き残り組に入れてほしかったですね。

 ああ~そうだ!タランティーノも出演してましたが・・・彼もまた とんでもないことなりましたね~ タラちゃんの”ご冥福”をお祈りしますって思っちゃいました\(゜□゜;)/

 片足マシンガン女チェリー役のローズマッゴーワンは 唯一グラインドハウス2作とも出演してましたね。デスプルーフでは無残な殺され役でしたが 今作では 屈強な女でした。 同じ女優が演じてても デスプルーフのクラッシュ殺人鬼のマイクと対面してたら 殺され役と違ってむざむざ殺されることは無く逆に始末してたでしょうね。

>[ 追 記 ]  
この ”架空の映画の予告編”が、2010年に なんと、
<マチェーテ> として製作・公開された!!
超おもろい一作!!
 もちろん見ました。 おっしゃるように敵にまわしたくないですし マジやばそう~

◆zebraさん

私もこっち、けっこー好きですよ。

> DVDでの日本語吹き替えが とある声優さんなんですが これが マジ MATCHしてて シブい声でした。
こういうB級仕上げの映画は、日本語吹替えで見るのもみょーにはまるかも知れませんね。

>  ハハハ(^▽^) これにも まいった!確かに タブーな内容っすね。  
こういうお下劣なギャグが持ち味!!

>  ふたりの関係は どうでもいいんですが ファーギー、とんでもない最期を迎えましたので そっちが印象ありました 生き残り組に入れてほしかったですね。
まさかの”最期”でありました。
先日【マチェーテキルズ】を見たのですが、カメオ出演の人はあくまで「カメオ」なので、
呆気なくフェイドアウトして行くようです。

>  片足マシンガン女チェリー役のローズマッゴーワンは 唯一グラインドハウス2作とも出演してましたね。
こういう使い方もおもしろいと思いました。

ということで、【マチェーテキルズ】は近日中にUP予定です。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2017/07/15) 「FATHERS」に追記あり。 プーン役のAsda Panichkulは元MTVアジアの人気VJで東南アジアでは有名人。 ユク役のNat Sakdatornはタイのタレント発掘番組で優勝した実力派シンガーソングライター。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード