映画 重力ピエロ

「重力ピエロ」 (2009)

重力ピエロ 特別版 [DVD]重力ピエロ 特別版 [DVD]
(2009/10/23)
加瀬亮岡田将生

商品詳細を見る



この映画が見たくて、その前に原作(小説「重力ピエロ」)をと読んだところ、思いのほか時間がかかった。(相変わらずの遅読)
読み終わった~!と上映館を調べたら、なんとその日がロードショウ最終日であった。ああ
以来二番館にかかるのを待っていた。

1600 @飯田橋ギンレイホール

なんとひそかなmyブーム 岡田将生(おかだまさき)クン 2本立てでっす 
いいぞ、ギンレイ!

監督:森淳一
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そして、時を同じくして不審な連続放火事件が発生する。その現場には謎めいたグラフィックアートが残されていた…。
伊坂幸太郎原作の、70万部を超える大ベストセラー「重力ピエロ」を映画化。


原作をどう料理しているか、が映画化作品を見る楽しみ。
なんといっても キャスティング! でありましょう。

主役の兄弟、加瀬亮と岡田クン! いいですねえ~~
特に春役の岡田クン ぴったし!!
しかし・・・
原作では2歳違いの兄弟のはず・・・加瀬亮、老けてないか?
加瀬亮 '74年生まれ 岡田クン '89年生まれ なんと15歳差!
だけど、加瀬亮 今年35歳(11月生まれ)には見えな~い!
その辺のところはインタビューにもありました。

――加瀬さんは泉水を演じることに対して何か思うところはありましたか?

――自分の実年齢(34)と役設定(20代半ば)に開きがあるな、と(笑)


春役に関して岡田クンは、
――元々原作のファンだったので、俺なんかが春でいいのかなって

いやいやいや いいわよ~~ 岡田クン

加瀬亮をして、
――実は最初、春が実写で成立するキャラクターかどうかという不安があった
と言わしめた春役。見事でした。うふふ。


gp02_20091014141547.jpg


その他、重要な役どころ:
父親役 小日向文世 これまたピタシ!
実は原作を読んでいた時、漠然と小日向みたいな人、イメージしていたんだよね。
元モデルの美しい母 鈴木京香 これもいい!
「馬でも見に行っちゃおうっか」と突然言い出しそう。
(但し、このエピソードは映画では割愛されてます)

gp03.jpg


一方、脚本はずいぶん大胆に脚色されている。
いろんな要素を詰め込んだ複雑な原作をシンプルにアレンジしてある。
特に放火事件と関連付けられるコむずかしい遺伝子の法則が、映画では明快に(ちゃっちゃと) 説明されていたのでほっとしました(笑)
 
しかし、ストーリー自体が、連続暴行事件の話であり、その犯人がウジ虫のようなヤツなので、やっぱり重い・・・。

gp04.jpg ワルいヤツ


原作ではさらっと流した母が襲われる件を、映像でつまびらかにしなくても (いや抑えてはあるんですが)。

が、その一方、原作ではもやもや感が残った結末、映画ではなぜかもやもや感がなかった。
結末自体は同じなのに、なぜかしら? 岡田クン効果?
かわいい春クン、おにいちゃんと二人ずっと仲良くね、ってかんじ。

ツッコミどころといえば、
おとうさんの若い頃のシーン、小日向文世にしらじらしいカツラをかぶすのやめて欲しいぜよ。
ひょっとしてギャグ?

gp01_20091014141547.jpg


兄弟のこども時代、春役の子役が岡田クンそっくりの美少年でナイッスキャスティングだった。

尚、原作のmyツボキャラ 探偵の黒澤は映画には出て来なかった。
(うれしーような、さみしーような)

関連記事:

小説「重力ピエロ




ホノカアボーイPageTop小説 重力ピエロ

Comment

こんばんは
わたしも今、岡田君ブームです。
重力ピエロを試写会で見て印象的な男の子だなあと。
ホノカアボーイはまだですが。
天然コケコッコーもマンガとイメージ違う気がしてましたが見たくなりました。
テレビの「乙男」もユニークです。
いつも多方面の情報、楽しいです。

「ムウ」映画はみてません。
公開直前のテレビドラマと映画原作小説はみましたが
あまりに原作マンガとちがったので・・・。

■たらちゃん


> わたしも今、岡田君ブームです。
お、同志! うれしー

> テレビの「乙男」もユニークです。
もしかして、正宗飛鳥ではまってる?
私、原作マムガのファンだったけど、原作の”王子様” あすかちゃんを
少女マムガの原作以上に体現した岡田クンに脱帽!ッスよ。
前から ビ、美少年☆と 思っていたけど、ますますファンに・・・。
都塚さんもいいよね。なんて微笑ましいカプル!

> 重力ピエロを試写会で見て印象的な男の子だなあと。
試写で見たんですね。彼が春をやってくれて良かった~と思った。
コ汚い恰好してても、きらめいているんだよね☆☆

> 「ムウ」映画
> 公開直前のテレビドラマと映画原作小説はみましたが

私もそのテレビドラマ見た。その時は、たけるクンブームだったもんで(笑)

> あまりに原作マンガとちがったので・・・。
ハゲ同です!!!

> いつも多方面の情報、楽しいです。
いつもありがとう☆


Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード