皇室の名宝-日本美の華

[ 御即位20年記念 特別展 「皇室の名宝-日本美の華」 ]

新聞を読んでいたら、今上野で 若 冲 がかかっていると言うではないか!?
しかし、もう会期終わりじゃん。
どうせ載せるならもっと早く載せてくれよお。
とぶーたれながら、自転車飛ばしてひとっ走り、最終日1日前に滑り込んだわよ。

@東京国立博物館 平成館


1期(江戸時代から明治時代まで)と、2期(古代から江戸時代まで)に分かれて展示されます。

1期:2009年10月6日(火)~11月3日(火・祝)
2期:2009年11月12日(木)~11月29日(日)

hana01.jpg



天皇陛下御即位20年を記念して開かれるこの展覧会は、宮内庁所蔵の皇室に伝わる名品が展示されています。
さすが皇室、歴史の重みを感じてしまいました。

最終日前日なのに、入場はすんなりだし、思ったより混んでないわよ。
昨年8月の <対決-巨匠たちの日本美術> の大フィーバーを覚悟していたので拍子抜け。

と思っていたら甘かった・・・。

チロお目当ての若冲に黒山のひとだかり。

この展覧会の目玉、

 動植綵絵 (どうしょくさいえ)

30幅にも及ぶ大作は、圧巻 のイチゴ  、一語に尽きまする。
この30幅が一度に公開されたのは、'07年 京都相国寺、東京では1926年以来という。
これらは若冲が相国寺に寄進した作品 (現在は宮内庁 三の丸尚蔵館所蔵)

もともとそのお寺に飾られていたもので、ありとあらゆる生き物が描かれ、それら全てが釈迦を敬い、説法に耳を傾ける、ということだそうです。
若冲の作品を見た高僧が、「これは神と通じている」 と言ったそうな。


目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
(2000/07)
狩野 博幸

商品詳細を見る



その 「ありとあらゆる生き物」 が楽しいんだよね。
チロがおもしろいなあ、と思ったのは、<池辺群虫図> です。
へび、カエル、クワガタ、イモリ、トカゲ・・・などが描かれてます。
ちょっとキモいような生き物も、若冲が描くと愛らしいです。
おたまじゃくしの軍団など、とっても ポップ!


生きてる―伊藤若冲「池辺群虫図」より生きてる―伊藤若冲「池辺群虫図」より
(2009/10)
小泉 吉宏太田 彩

商品詳細を見る


伊藤若冲 動植綵絵 ArT RANDOM CLASSICS伊藤若冲 動植綵絵 ArT RANDOM CLASSICS
(2004/05/01)
伊藤 若冲

商品詳細を見る


でもやっぱり好きなのは、ニワトリを描いた図。
<群鶏図> が一番好き。 ニワトリひとつひとつが個性的でステキなの。
(TOP画像左端のにわとりたちがそうです)

↓こういった表紙に使われている作品は、この <動植綵絵> 30幅の中のひとつ、というのがわかった。

もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (ABCアート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (ABCアート・ビギナーズ・コレクション)
(2006/02)
佐藤 康宏

商品詳細を見る


若冲って、その精密な筆致ゆえに引き込まれてしまうんだけど、美しく、そして何より見ていて楽しいんだよね。全然飽きないの。いつまでも見ていたいと思っちゃう。
だから列が進まなくて混雑するのも已むなし。

===
実は、この日あわてて出て来た為、小銭しか持って来なかった!
今回のイヤホンガイドは、元NHKアナ 加賀美幸子さん。いいな。
イヤホンガイドっていくらだっけ?
500円? ぽっきりでだいじょぶ? ドキドキ
歌舞伎座とかだと保証金とか必要だよね。ここはいらないんだ。ほっ

今回、ガイドに雅楽のチャンネルあり。
雅楽を聞きながら鑑賞も出来る次第。おつな趣向。


鑑賞し終わって・・・、一階の鶴屋吉信であんみつでも食べたいわね。
いかん、いかん、ぜいたくは敵だ!

===
平成館を後にし、裏道を帰ろうとしたところ――

あら、なんて素敵な裏口かしら。
この建物は何だろう。

と、今回初めて入ったのが <表慶館> です。

明治33年皇太子(のちの大正天皇)のご成婚を記念し、明治42年に開館。
設計はジョサイア・コンドルの弟子で東宮御所(現在の迎賓館)なども手掛けた片山東熊。


hana08.jpg


入口を入りますと、吹き抜けのエントランスが見事であります。
展示物以前に、建物自体がすばらしいです。
(フラッシュをたかなければ撮影OK)

hana05.jpg


ここは現在、アジア・ギャラリーとなっています。
混雑もなく (あの・・・すいてるというか) ゆっくり見て回れます。


hana03.jpg
問題の裏口 (中から撮った図) ね、すてきでしょ

===
次に向かうのは、本日のもうひとつのメインイベント、上野公園 大ふんすい前広場の「佐賀うまいもの&陶器市」。
ここに出店している、岩永屋のゆず胡椒 がお目当てです。
以前この 「うまいもの市」 でこれを買ったところ、目からうろこ。
岩永屋のゆず胡椒は、香りが良く辛味もまろやかで、他のところと全然違うのです。
量産出来ないということで、お取り寄せかこういったイベントで買うのみ。
取り寄せもしたけれど、買える時に買っとこ!

岩永屋さんのゆず胡椒のファンですよ~と、ご主人におばちゃんトークしてたら、おまけしてくれました。ラッキー! つーか、小銭しか持ってなかったから同情してくれたのね・・・。
佐賀のみかんもいただきましたら、これまたうまかったです。
尚、ご主人のアドバイス通り、ゆず胡椒はいつも冷凍保存してます。(これで香りもキープ)

hana07.jpg


若冲を見て、岩永屋のゆず胡椒も買って、充実した午後なのでした~ 今日のわんこ。


 

きのう何食べた? 3PageTopショーン・オブ・ザ・デッド

Comment

若沖素敵!

筆のタッチがエロいよね~(またソレだよ)
一連の本、図書館で鑑賞しみよう♪

ところで柚子小姓、胡椒、大好きだよ。

これとクリームチーズあえるだけで
赤一本は空けられる。ダメ!絶対ダメ!!!
いくら西友PBがおいしくたって。

Re: ■白みるくさん

> 筆のタッチがエロいよね~
おっ、これまた目からウロコ!
そうなんだよ~~~、エロティック!!
特に、ニワトリ。
やっぱりさー、優れた芸術にはエロスがあるよな。

> ところで柚子小姓、胡椒、大好きだよ。
あはは!! オレも好きだよ、柚子小姓。
どっかにいないかね。どんな小姓だよ!?

> これとクリームチーズあえるだけで
> 赤一本は空けられる。ダメ!絶対ダメ!!!

そか、クリームチーズね。今度やってみよう。
クリームチーズだけならいいけどね、ついいろいろ食べちゃうからな。

> いくら西友PBがおいしくたって。
ぎゃはぎゃは!!
やっと体重が元に戻ったので、また西友に行ってきます。
今度は赤ワイン、試してみるね。報告するです。

佐賀の

県民センター(物産もあるような)ってどこにあるのかな。
広島と宮崎は新宿、新潟は原宿、沖縄、鹿児島は銀座にあるのは知っている・・・絶対に一等地にあるはずだから今度探していってこよっと♪ でも、その柚子小姓はないんだろうね、残念。

ところで、若沖って小姓名みたいで萌えるねぇ。単なる変換ミスの発想なんだけどさ(w

■白みるくさん

> 県民センター(物産もあるような)

私も探しましたよ~(当時)
答えは「ない」んです。
みつからないはずだべ。
でも、そこがたとえあったとしても供給がおいつかない少量生産って・・・じゃあ他のところはどんだけ作ってるんだって話だよね。

>びりりと美男味(←ちょいと拝借
うまい! 白みるくさんに座布団一枚。

> ところで、若沖って小姓名みたいで萌えるねぇ。
あはは!
こんな文字で萌えられるって、日本人ならではの美意識かも(?)
最後は80のじーさんだったけどね(笑)

■Kさん

拍手コメントありがとうございます。
若冲、いいですよね。
いつか京都に行って、ゆっくり見てみたいです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

ナンシー☆チロ

Author:ナンシー☆チロ
映画と本のつれづれ日記。
マイナー路線でごめんなさい。
サッカーも好き☆
過去記事へのコメントも歓迎です。
尚、宣伝目的や記事に関連のないリンク・コメント・トラックバックなどはこちらで削除させて頂きますので、ご了承下さい。

追記・その他

  (2015/8/24) 「怒り」に追記あり。

リンク
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ(タブ)

最近のトラックバック
カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード

QRコード

RSSフィード